マネー

【世帯収入を増やすコツ】節約もいいけれど収入だって増やしたい!

投稿日:2019-01-13 更新日:

世帯収入を増やすコツ

貯金することや、より余裕ある生活をすることを考えると、お金の使い方には神経を使います。

「もっと収入があったらなあ」と、世の中のほとんどの人が思うのではないでしょうか。

節約生活もアリだけれど、手にするお金、いわゆる収入を増やすことができたらいいと思いませんか?

節約は実行しやすい

世帯収入を増やすコツ節約

お金を貯めることを意識すると、大半の人がまず取り組むのが「節約」です。

今ある収入の支出を抑えることで、余裕を作り出すというものです。

通信費や保険などのプランの見直しや、生活の見直しなどは、思い立ったらできること。

そうです。節約という行動自体はとても手軽ですから、とっつきやすいのです。

ですが、もうひとつ、お金を貯める方法があることを、みなさん忘れがち。

それが、「収入を増やす」という方法です。

収入を増やすのは難しい?

世帯収入を増やすコツ収入増

簡単に収入を増やすことはできない。だから、節約をしている。

そういう人は多いでしょう。

ですが、収入を増やすのは難しいといって、取り組もうとしない人が多いのも現実です。

いろいろ理由はあると思いますが、そのうちのひとつは、収入を増やすことが節約よりも時間がかかったり、労力・精神力を必要としたりするからでしょう。

とはいえ、少し頑張れば「やってみたら意外とするっと収入を上げられた」という事例はいくつもあります。

収入を増やす方法1:夫婦共働き

世帯収入を増やすコツ共働き

結婚している人であれば、どちらか一方が働き、どちらかが専業主婦(夫)になっているというパターンもあるかもしれません。

ですが、二人ともが働いてみたらどうでしょうか?

当然、世帯収入は増えますよね。

昨今、夫婦共働きが当たり前の世の中になってきていますし、考えてみるのもいいでしょう。

収入を増やす方法2:転職

世帯収入を増やすコツ転職

現在の給料よりも高い給料を得られる仕事への転職も、ひとつの方法です。

夫婦であれば、パートナーの転職を手伝ったり、自分自身が転職をしたりすることを考えてみましょう。

面接など、転職活動をしながら現職の仕事をするのは大変でしょうが、それは一時のこと。

それで今後の収入が増えるのならプラスマイナスゼロどころか、プラスでしょう。

収入を増やす方法3:副業

世帯収入を増やすコツ副業

仕事は一人ひとつと決まっているわけではありません。

副業が禁止されていない場合に限りますが、二つの仕事を掛け持ちすることで収入を増やすことができます。

※無理して体を壊さないようにしましょう!

収入を増やす方法4:実家での生活

世帯収入を増やすコツ実家生活

お金を貯めるために実家暮らしをするという人もいますね。

一時的な方法ではありますが、「目標貯金額に達するまで」など期限を決めて実家生活をするのも、親の許可が下りればアリでしょう。

世帯収入を増やすコツ実践

節約にこだわるのは、もちろんOK。

でも、節約に加えて、思いきった行動で収入を増やすことも、この機会に考えてみませんか?


無料占い達川


黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。

-マネー
-, ,

関連記事

つみたてNISAはどこで買う? 金融機関の選び方

「つみたてNISA」を利用するには、どこかの金融機関でNISA専用口座を開設する必要があります。 口座を開設できる金融機関は、証券会社(ネット証券を含む)、銀行、信用金庫、投資信託を直売している運用会 …

産後ダイエット食事制限

市販薬でも控除になる!? レシートを捨てずにお得生活!

2017年1月から始まった「セルフメディケーション(自主服薬)税制」。 活用している人、いますか? 従来の医療費控除は、年間の医療費が10万円を超えた場合、または総所得額が200万未満の場合、総所得額 …

知らなきゃ損!サラリーマンでも確定申告で税金が戻る!

サラリーマンの所得税は、会社が毎月の給与から源泉徴収しておき、年末調整によって納税額が確定し払い過ぎた分があれば戻ってきます。そのため、サラリーマンは基本的に確定申告をする必要はありません。 しかし、 …

住宅ローンに生命保険がついているってホント?

住宅ローンを借り入れるとき、ほとんどの金融機関では「団体信用生命保険」への加入が融資の条件となっています。 ただし、住宅金融支援機構のフラット35と一部の金融機関では任意加入となります。 団体信用生命 …

ママ仕事復帰

【人生100年時代の働き方】第5回: 専業主婦はもう古い!?これからの時代、主婦は働くべき?

最終回は働き方についてです。女性は家事・育児・介護など「家庭責任」を負うことが多く、働くこと、収入を得ることがサブ的になりがちです。 人生100年時代を乗り切れるよう、働き方も変えていく必要があるかも …