【人生100年時代の住まい対策】第4回: 賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

投稿日:2018-09-14 更新日:

【人生100年時代の住まい対策】賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

人生が長くなれば、「住まい方」についても考え方を変えていく必要があります。

長期的な住まい方、そして終の棲家をどうするかなどについても考えてみましょう。

【人生100年時代の住まい対策】買換え・建替えを想定したプランを

時代の住まい対策】賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

人生が長くなると、住プランも長期を想定して考えていく必要があります。人間の寿命の前に、住宅の寿命が来てしまい、「生涯住み続ける」ことが難しいケースもありうるためです。

人生90年時代→100年時代へと長くなる中、住プランはどう考えればいいのでしょう?

まずは、住宅の寿命についてですが、日本では「木造27年、マンション37年」などと言われます。
これは、日本で実際に取り壊された建物の築年数の平均ではあるものの、区画整理などで取り壊された分も含むため、「寿命」とは異なることが指摘されています。

私が日ごろ、お客様のライフプランを立てる際には、目安として「戸建て35年、マンション50年」などと長めに設定しています。

時代の住まい対策】賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

仮にマンションで50年を前提とした場合、30歳で新築を購入すると80歳時点で建て替えのタイミングがやってきます。
戸建てであれば、65歳です。中古で購入した場合はもっと早くに建物の寿命がやってきます。

もしも購入・建築を前提に住プランを考えるのであれば、人生で2回は家を買う、または建てる可能性があることを頭に置く必要があるといえそうです。

そのため、老後資金を貯めるだけではなく、マンション・戸建てともに建て替え資金も用意しておく必要があるといえそうです。

実は、住宅の寿命に関してはさまざまな研究が行われており、中には、「木造で65年、コンクリートは120年持つ」とするデータも出ていて、メンテナンスなどをしっかり行えば、物理的には生涯住み続けることが可能なようです。

そのつもりで、メンテナンスに気を配るのも一法かもしれません。

【人生100年時代の住まい対策】物件選びは厳しめにチェック!

「長く住める」街かどうかなど、立地選びにも気を遣う必要があります。
災害に強いか(参照:わがまちハザードマップ、子どもを持つなら子育てしやすいかどうか(待機児童数は多くない?学校は近い?など)、自治体内の人口は増えているかどうかなど、ある程度、調べた上で選択しましょう。

生涯住む予定なら、後述するように高齢期も過ごしやすいかどうかのチェックも大事ですね。

家を買う際には、そうした点を販売業者に質問してみるのも手です。
可能なら、20年後、30年後の資産価値の予想なども聞いてみるのもいいでしょう。住宅に資産性を求めないならできるだけコストを抑えることも大事ですね。

時代の住まい対策】賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

条件を調べれば調べるほど、完璧なものはないことがわかると思います。立地がよければ価額が高くなり、手が届かなくなる可能性もあるからです。トータルで納得できる家探しが大事ですね。

住まい探しの難しさを知ると、「賃貸でいいや」と思う人もいるかもしれません。
それも1つの方法ですが、その場合は、老後資金に生涯の家賃を上乗せして残す必要があります。セカンドライフが長い分、それも大変なことですね…。

【人生100年時代の住まい対策】高齢期の住まいのことも考える

時代の住まい対策】賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

若い時期には子育てしやすいかどうかなどが大事ですが、アラフィフになると、親の介護問題なども浮上してきて、実家へのアクセスなども重要になります。
個人的にはそれもあって住み替えました。

また、自分自身のその後の住まい方を考えることも必要です。

在宅介護中心だとするなら、住んでいる地域包括支援センターが近くにあるかどうか、病院に行きやすいかどうかなどはとても重要です。
住替えをする際には、こうした点もポイントになります。

時代の住まい対策】賃貸or持ち家?住宅ローンはいつまでに返済する?

人生100年時代の住プランは慎重に考える必要がありそうです。もはや戦略です。いろいろ考えることが大事ですね!

-マネー
-,

この記事を書いたライター
豊田眞弓(とよだまゆみ)
ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、相続診断士。FPラウンジ代表。
経済誌・女性誌等のライターを経て94年より独立系FP。「家計の永続性」をテーマに、個人相談や講演会、雑誌や新聞、サイトへの寄稿や記事の監修などを行っている。6カ月かけて家計を見直す「家計ブートキャンプ」も好評。
40代からの生き方をマネー面から考える「親の介護・相続と自分の老後に備える会」事務局。
座右の銘は「笑う門には福もお金もやってくる」。
◆著書紹介◆
「マイホーム」賢い人はこうして買う!―夢をかなえる資金計画マル秘テクニック(PHP研究所)
50代・家計見直し術(実務教育出版社)
住宅ローンは55歳までに返しなさい!(アニモ出版)
など。

関連記事

老後資金お金

【FPが回答】旦那に先立たれるたら……私の老後資金はどのくらい必要?

人生100年時代と言われる、今。 「老後資金2,000万円問題」という言葉を聞いたことも多いと思います。 はたしてそこまで老後資金は必要なのでしょうか? 今回の相談者は「子なし共働き夫婦、将来の老後資 …

知って得する!安くても豪華な公共の宿を利用しよう

間もなく夏休みがやってきますが、もう夏の旅行の計画は立てていますか? ゴールデンウィークや夏休みなどの大型連休だと、予約を取るのも大変で価格も高いですよね。 しかも、近年、訪日外国人が急増していること …

冬暖房高熱電気節約

身体も財布もホクホクに!冬の電気代・暖房代を簡単に節約できるコツ

寒い季節、あなたはどんな暖房器具を使っていますか? 暖房機器にはさまざまな種類がありますが、それぞれ暖め方に特長があります。 温風や赤外線で部屋全体を暖めるタイプは消費電力は高いものの、家族で暖をとる …

お金の心配ゼロ節約術財テク方法

お金に困る心配ゼロ【節約術】生活が楽になる&一生安心の財テク方法

節約生活と聞いて、どんな印象を持ちますか? 「面倒くさそう」「我慢ばかりでストレスがたまりそう」と感じる人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、一生お金に困らない生活をするためにできる、気楽な節 …

子育て家計やりくり

【実態調査】あなたの家計の状況はどうですか?<アンケート結果発表>

子どもが生まれると家を買ったり、車を買ったり…なにかと出費が増えるもの。 しかし…私たちの手取りはどんどん減っている状況…。 参考 驚愕! 手取りが減っている今だからこそ始める【お金を増やす方法】 子 …