マネー

【アンケート】お子さんのために、月にいくら貯金している?

投稿日:2018-01-12 更新日:


将来、進学するときに必要になってくるお金。

学費の総額は私立・公立どちらを選択するかによって大きく変わってきますが、幼稚園~大学までオール公立を選択しても1,000万円ほど、オール私立だと2,000万円以上かかると言われています。

まだ子どもが小さいうちから計画性をもって早めの準備をしておきたいですよね。

今回はママニティ読者のみなさんにどのくら貯蓄をしているのか聞いてみました!

お子さんのために、月にいくら貯金している?


(ママニティ世論調査より)

「10,000円~20,000円」が最多となりましたが、皆さん児童手当をそのまま貯蓄しているのかもしれませんね!
また「0円」の方が思いのほか多かったのは少し驚きました。

みんなのご意見ピックアップ

子どものための貯金額

生活レベル的に厳しい…

子どものための貯金額

決まった金額を毎月貯金するのが理想的なのはわかりますがなかなかそうもいかず、、、 ただ、自分は、預かるね!と言われそのまま消えたお年玉、、、子どものはしっかり貯金しております。 使い込みも、されて凄い腹がたったので自分は絶対にしません! あとは児童手当をできるだけ貯金に回すようにはしています。

夫婦間で温度差が…

子どものための貯金額

理想ですが、月1~2万というのは、高値な花ですね。第一子の時は、確かに私も、気合いと希望を持ち、それくらいの金額は貯金していました。しかし、夫婦間では温度差があり、夫の方は、子供の貯金を取り崩すことは考えても、預金や残すという考えは、そもそもないのじゃ無いのでしょうか?こちらの方が、男性の「こども預金」について教えて頂きたいくらいです。嘘や建て前無く。。


まとまったお金が貯まっていると、子どもの未来の選択肢も広がります。
子どもが生まれたら、学資保険に加入したり、子ども名義の預金通帳を作ったりなど、なんらかの形で、子どもの将来に備えて積み立てしていくのが理想ですね。

【参考】
ママニティ世論調査


金運占い燕京無料

-マネー
-,

関連記事

100万円貯金コツテクニック貯蓄額

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

前回のコラム「定期預金だけで大丈夫? 安全第一に潜むリスク」では定期預金「だけ」で資産を持つのはリスクになり得ることをお伝えしまた。それではどんな形で資産を持つのがいいのでしょうか。 上場している企業 …

【実態調査】「今後は働きたい」と考えている専業主婦ママは80%!その理由10選。

国が「働き方改革」を掲げ、女性の働き方についてなにかと話題になる昨今。 みなさんは子どもを育てながら働くことについてどう思いますか? 姉妹サイトのママニティの読者に「子育てしながらの働き方」についての …

【申請すればもらえるお金】病気やケガをしたら公的制度の確認を!

病気やケガの治療はなにかとお金がかかるもの。重い病気や大きなケガ、長期の入院となればなおさらです。 万が一の出費に備えて医療保険に入っている方も多いと思いますが、医療費に対しては税額控除や給付金がもら …

冬暖房高熱電気節約

身体も財布もホクホクに!冬の電気代・暖房代を簡単に節約できるコツ

寒い季節、あなたはどんな暖房器具を使っていますか? 暖房機器にはさまざまな種類がありますが、それぞれ暖め方に特長があります。 温風や赤外線で部屋全体を暖めるタイプは消費電力は高いものの、家族で暖をとる …

子供のお小遣いっていくらあげればいい?

子供が成長し、小学生になるころにはお友だちとの付き合いも始まり、お小遣いが必要になってきます。 お小遣いは、子供にお金の使い方を学ばせる絶好の機会です。 しかし、 「いつからあげるのか?」 「どれくら …