みんなのお金事情 貯金・財テク・投資

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

投稿日:

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

前回のコラム「定期預金だけで大丈夫? 安全第一に潜むリスク」では定期預金「だけ」で資産を持つのはリスクになり得ることをお伝えしまた。それではどんな形で資産を持つのがいいのでしょうか。

資産の形

上場している企業の株式を買うのも一つの方法です。

ただ、上場企業の数は多く、どの企業を買うか、絞り込むのは大変です。

また、昔より購入しやすくなったとはいえ、まだまだ購入に際してはある程度まとまったお金が必要になることも多いです。初めて投資をするときに、複数の企業の株を持つのは難しいでしょう。そう考えると、初級者には敷居が高そうです。

FXや仮想通貨ビットコインのリスク

まして、FX(外国為替証拠金取引)や最近話題の仮想通貨(ビットコインなど)は、リスクが高く、仕組みを十二分に理解せずに手を出すと、大きな損害を被る可能性があります。

それでは何があるかといえば、まず思い浮かぶものとして「国債」があげられます。

国債・個人型国債

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

国債とは、国が発行する債券(借金)のことです。日本国が発行しているものが日本国債です。

“国”が発行しているものですから、世の中で流通している債券の中で『一番リスクが低い投資先』と言われています。証券会社や銀行を通して個人でも購入できます。

満期は、2年・5年・10年の3つの期間から選べます。(現在2年ものは金利低下のため募集中止)金利は銀行の預金よりも高くなっていますが、満期前に解約をした場合は元本割れを起こす場合もあり、その点は注意が必要です。購入にはまとまったお金が必要だと思われるかもしれませんが、5万円から購入が可能になっています。

国債

また「個人型国債」というものもあります。基本は国債と同じですが、1万円から購入できること、途中解約しても原本割れをしないことなど、より個人でも購入しやすい仕組みになっています。ただし金利は、通常の国債よりも低く設定されます。

投資信託

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

もう一つお薦めできるのは、投資信託(投信)です。毎月定額を購入していく積立投資が可能な投信が数多くあり、定期預金のような感覚で始めることができます。

むろん、投信には多くの種類があり、中にはリスクの高いものあります。

その中で初心者の方にお薦めできるのは、さまざまな指数―日経平均や東証株価指数(TOPIX)など―に連動している「インデックスファンド」です。市場全体に投資をするのと同じ意味になりますから、リスクを低減できます。

投資信託のリスク低減

国債の価格に連動するインデックスファンドもあるので、毎回自分で購入手続きを取らなくても、国債と同じ低リスクで積立をしていくことも可能です。

以前は、毎月の積立金額は1万円からでしたが、現在では千円からという投信も出てきており、より始めやすくなっています。

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

以上見たように、低リスクで、しかも少額から投資を始める環境は整い始めています。

すべてをこうした投資に充てる必要はありませんが、貯金の一部を振り向けることからスタートしてみることを検討してみてはいかがでしょうか。


中郡久雄
中小企業診断士、ライター。
転職を繰り返していたため、他人より退職金が少ないことに不安を覚え、2008年ころより資産形成のために投資信託を活用した金融投資を開始。当初はインデックス投資を中心に運用していたが、徐々に投資哲学に共感できるアクティブファンドに軸足を移す。ただし、積立を基軸とする「コツコツ投資」のスタイルは維持している。
中小企業診断士兼ライターとして多くの経営者にインタビューさせてもらう中で、成長する経営者の「お金に対する哲学」を学ぶことができた。
現在は、経営者の資産形成のアドバイスもできるようになることを目指している。
主な執筆先は、クーリエジャポン、企業診断(同友館)、道経塾(モラロジー研究所)、など


金運占い燕京無料

-みんなのお金事情, 貯金・財テク・投資
-

関連記事

【2018年~2019年版】今年こそ始める!ふるさと納税をわかりやすく解説します!

「納税」と聞くとチョット難しそうですが、いざやってみると「すごくお得」な“ふるさと納税”を皆さんはご存知ですか? 一見難しそうに聞こえますが、実はとっても簡単に始めることができるふるさと納税。 確定申 …

【貯蓄額は?】旦那に先立たれることを考えて、老後資金はどのくらい必要?

【貯蓄額は?】旦那に先立たれることを考えて、老後資金はどのくらい必要?

今回の相談者:子なし共働き夫婦、将来の老後資金が不安な主婦さん 夫婦共働きの子どもなしの主婦です。将来の経済的なことが不安です。 旦那と二人で老後過ごしていくのわけですが女性の方が長生きするので世の中 …

書く仕事で一生稼ぐ!人生100年時代を生き抜く”ライター”という職業

以前、私たちの手取り(所得)は笑ってしまうくらい右肩下がりだとお伝えしました。 参照:驚愕! 手取りが減っている今だからこそ始める【お金を増やす方法】 2019年10月に、消費税が10%に上がり、これ …

つみたてNISAはどこで買う? 金融機関の選び方

「つみたてNISA」を利用するには、どこかの金融機関でNISA専用口座を開設する必要があります。 口座を開設できる金融機関は、証券会社(ネット証券を含む)、銀行、信用金庫、投資信託を直売している運用会 …

増加し続けるタンス預金に潜む大きなリスクとは?

現在、国内のタンス預金の残高はおよそ40兆円といわれています。2006年のタンス預金残高が約27兆円と試算されていたので、10年で13兆円も増えた計算になります。 これは、長引く不況と超低金利時代の到 …