マネー

定期預金は絶対に安全なのか? 安全第一に潜むリスクとは

投稿日:2018-05-18 更新日:

定期預金は絶対に安全なのか? 安全第一に潜むリスクとは

定期預金は本当にノーリスク?

「お金は安全確実な定期預金で貯めている」
そんな方も多いのではないでしょうか。確かに株は、定期預金のように元本保証されてはいません。新聞で「日経平均急落」などの文字が躍るのを見ると、株は危ないという気持ちになってしまうのもわかります。

しかし、だからといって定期預金だけでお金を貯めていくのにリスクはないのでしょうか。

定期預金にリスクはない?

アベノミクスでは、インフレを起こすために年2%の物価上昇を目標にしています。
これが実現した場合、今年100万円で買えたものが来年は102万円払わないと買えないことになります。

一方で定期預金はどうでしょうか。メガバンクの定期預金の金利(1年もの)は約0.01%です。
100万円を預けて、来年は100万100円にしかなりません。つまり今年買えたものが来年は買えなくなってしまいます。

実質的な価値は低下

見た目の金額は増えていますが、実質的な価値は下がっているのです。

日本はこれからインフレになる?!

日本はこれからインフレになる?
「そうはいっても掛け声だけで、2%の物価上昇なんて起きていないだろう」
確かにアベノミクスが始まって、一度も2%の物価上昇は達成されていません。だからこれからもインフレは起きないと考える人は多いのでしょう。

しかし、これからも達成されないとは言い切れず、逆にインフレ傾向に向かうのは、ほぼ間違いないと考えられています。

人手不足

大きな要因は「人手不足」です。いままでは、働きたいけれど仕事が見つからない人が多かったので、企業は安い賃金で人を集められました。

しかし、少子化の影響などで、働ける人が減ってきています。企業はいままでより高い賃金を払わないと人が集められなくなりつつあります。賃金が上がれば、売値も上げざるを得ません。ヤマト運輸が値上げしましたが、同様のことがこれからも起こるでしょう。

インフレリスク

インフレになった場合、定期預金「だけ」で資産を持っているのは、リスクになり得ます。実質的にはお金が減ってしまうからです。ではどうすればいいのでしょうか。

次回はその点について考えていきます。


中郡久雄
中小企業診断士、ライター。
転職を繰り返していたため、他人より退職金が少ないことに不安を覚え、2008年ころより資産形成のために投資信託を活用した金融投資を開始。当初はインデックス投資を中心に運用していたが、徐々に投資哲学に共感できるアクティブファンドに軸足を移す。ただし、積立を基軸とする「コツコツ投資」のスタイルは維持している。
中小企業診断士兼ライターとして多くの経営者にインタビューさせてもらう中で、成長する経営者の「お金に対する哲学」を学ぶことができた。
現在は、経営者の資産形成のアドバイスもできるようになることを目指している。
主な執筆先は、クーリエジャポン、企業診断(同友館)、道経塾(モラロジー研究所)、など


金運占い燕京無料

-マネー
-,

関連記事

【人生100年時代の教育資金】第2回:これから直面する、こどもの教育資金対策とは

住居費や老後費と並んで「人生の3大支出」に数えられる子どもの教育費。 人生100年時代には、教育資金はどのように備えていけばいいか考えてみましょう。 【人生100年時代の教育資金】1人あたりの教育費っ …

つみたて,NISA

つみたてNISAとは? まず特徴を知ろう

前回の最後に予告したとおり、今回から『「つみたてNISA」は、具体的にどのように活用すればいいのか』について説明していきます。 初回は、「つみたてNISA」とはどのような制度で、どんな商品があるのかを …

年間16万も!? 思わず禁煙を考えたくなる「タバコの年間コスト」

家族やあなた自身、タバコを吸っていますか? タバコの健康被害だけでなくタバコ代がいくらかかっているか考えたことはあるでしょうか。 年間のタバコ代はなんと16万円!! JT(日本たばこ産業株式会社)が毎 …

家計支出は子どもの成長と共にここまで激変する!

「子どもの成長とともに家計はどう変わっていく?」 「同世代の人たちの家計はどうなっている?」 このようなお金の話は、たとえ友達だったとしても聞きにくいものですよね。 そこで、今回は、総務省が実施した『 …

投資先を分散させると、どうしてリスクは低くなるのか

分散投資はリスクを低減するための有効な手段の一つだ、と前回書きました。 今回はその理由について少し説明していきます。基本の考え方がわかれば、その後自分なりに応用していくことも可能になってくると思います …