みんなのお金事情 教育資金

【人生100年時代の教育資金】第2回:これから直面する、こどもの教育資金対策とは

投稿日:2018-09-02 更新日:

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

住居費や老後費と並んで「人生の3大支出」に数えられる子どもの教育費。
人生100年時代には、教育資金はどのように備えていけばいいか考えてみましょう。

【人生100年時代の教育資金】1人あたりの教育費っていくらかかる?

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

文部科学省「学習費調査(平成28年度)」によると、幼稚園から高校までの学習費は下の表1の通りです。
ちなみに「学習費」には、授業料のほか、修学旅行、学校納付金等、学校給食費、学習塾費や家庭教師費、習い事やスポーツ等も含まれます。

当然ですが、公立よりも私立の方が費用はかかります。

[表1]幼稚園から高校までにかかる学費(万円)

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

文部科学省「子どもの学習費調査(平成28年度)」をもとに作成

大学の学費は、日本政策金融公庫「平成29年度 教育費負担の実態調査」のデータから作成したものです。
国公立か私立か、自宅通学か自宅外か、文系か理系かなどで学費は異なります(表2)。

こどもチャレンジ

4年間の学費では、国公立・自宅の合計503万円から私立・理系の807万円仕送り93万円をプラスした900万円まで幅があります。

美大や音大その他の私立の学部によってはもっとかかる場合もあります。
また、中には、大学在学中に資格を取るため専門学校とのダブルスクールになったり、留学を希望するなどでさらに学費がかかることもあります。

[表2]大学でかかる費用の目安(万円)

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

※1 受験費用、学校納付金、入学しなかった学校への納付金
※2 授業料、通学費、教科書費、施設設備費、学習塾、参考書、習い事等
日本政策金融公庫「平成28年度 教育費負担の実態調査結果」をもとに作成

【人生100年時代の教育資金】これからは親子で協力し合う!子どもにも少し負担してもらおう

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

子どもの教育資金として実際にいくら貯めればいいでしょう?

基本の考え方としては、一般的に最も学費がかかる大学時代に向けて「家計でまかなえない分」を蓄えておくことになります。
その他の分は原則として家計でまかなうイメージです。

「どんな教育を受けさせたいか」にも関わりますので、夫婦で話し合うことも大事ですが、目標額は次のように整理しています。

漠然と「子ども自身が希望したら大学や専門学校に行かせてあげたい」と考えるのであれば300万円を目安に貯めておきましょう。たくさん貯められるならもっと貯めておけば、使わなかった分は老後資金に回せます。

<大学・専門学校へ行かせたい(自宅通学)>
300万円以上
<大学・専門学校へ行かせたい(下宿の見込み)>
500万円以上

表2と見比べても、この金額だけで大学の学費がまかなえるわけではありません。家計から出せる分と、学生自身のアルバイト、奨学金などを組み合わせれば、選択肢が広がるラインだと考えましょう。

人生100年時代は親自身の老後に余力を残さなくてはなりません。教育資金は親子で協力し合う時代といえます。

親が借金してまで青天井で教育費を捻出するのではなく、一部は奨学金を利用してもらうなど、子ども自身にも負担してもらうのです。

どんなに家計が厳しくても、児童手当だけは生活費に入れずキープしておきましょう。

現行制度の場合、児童手当をそのまま貯めれば15年間で200万円弱になります。親自身がほかに月5000円でも1万円でも貯め、さらにお年玉・お盆玉、お祝いなどの一部を貯めておけば、300万~500万円は決してきつい数字ではありません。

【人生100年時代の教育資金】末子が中学卒業するまでに貯め終える!

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

教育資金は、子供が産まれたら積立をスタートし、細く長く貯蓄することが最もラクな貯め方です。「あとで貯める」はむしろ苦しくなる原因となります。

貯める時期としては、中学を卒業するまでに貯め終えるようにしましょう。
中3までは児童手当もあって貯めやすく、高校以降は本格的に塾代などもかかってくるためです。

また、中3で貯め終えるということには、もう1つ意味があります。自分たちの老後資金の準備に切替えるよいタイミングでもあるためです。「末子が中学を卒業したら老後資金を貯める」と思えば覚悟もできます。

【人生100年時代の教育資金】何でどう貯める?

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

天引きや振替などで、確実に貯まる仕組みを利用することが大事です。

ちなみに、教育資金の積立商品としては、職場の「財形貯蓄」や銀行の「自動積立定期」、あるいは生命保険会社の「学資保険」などが挙げられます。

教育資金は安全性が高い商品で運用するのが基本ですが、インフレリスクに備えるためにも投資信託などミドルリスクの商品を取り入れるのは1つの方法です。

親の「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」口座で投資信託の積立をするのが、投資ビギナーに向きます。
ただし、投資は1/3以下に抑えましょう。

例えば、月1.5万円を教育資金として貯める場合は、投資信託は5000円までにして、残りは安全度の高い商品を利用しましょう。

NISAは運用で増えた分は非課税といううれしいメリットがあり、しかも、つみたてNISAには、基準をクリアしたローコストで運用実績のある投資信託が並んでいます。

【人生100年時代の教育資金】これから直面する、こどもの教育資金対策とは

人生100年時代は、教育費と住居費、老後資金のバランスが大事です。
教育は大切な財産ですが、老後にツケが回ると、結果的に子どもたちに負担を負わせることにもなりかねません。

中長期の視点を持って考える必要がありますね。

豊田眞弓(とよだまゆみ)
執筆:豊田眞弓(とよだまゆみ)

ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、相続診断士。FPラウンジ代表。
経済誌・女性誌等のライターを経て94年より独立系FP。「家計の永続性」をテーマに、個人相談や講演会、雑誌や新聞、サイトへの寄稿や記事の監修などを行っている。6カ月かけて家計を見直す「家計ブートキャンプ」も好評。
40代からの生き方をマネー面から考える「親の介護・相続と自分の老後に備える会」事務局。
座右の銘は「笑う門には福もお金もやってくる」。
◆著書紹介◆
「マイホーム」賢い人はこうして買う!―夢をかなえる資金計画マル秘テクニック(PHP研究所)
50代・家計見直し術(実務教育出版社)
住宅ローンは55歳までに返しなさい!(アニモ出版)
など。


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

「人の役に立ちたい」人。「書くことが好き」な人。
PR
アイムパーソナルカレッジ

-みんなのお金事情, 教育資金
-,

関連記事

【主婦でも簡単】1万円から可能!初心者にお薦めできる投資先は?

前回のコラム「定期預金だけで大丈夫? 安全第一に潜むリスク」では定期預金「だけ」で資産を持つのはリスクになり得ることをお伝えしまた。それではどんな形で資産を持つのがいいのでしょうか。 上場している企業 …

大学進学が当たり前の今、教育費は最低でも●●万円必要!

今の時代、高校卒業後に大学に進学をする人は6割近くにのぼります。 戦後と呼ばれる1954年(昭和29年)以降、短大を含めた大学進学率は右肩上がりで上昇しています。 大学進学が当たり前になったということ …

他の家庭はどのくらい?気になる!30代・40代のリアルな貯金額は!?

聞きたくても聞けない!それでも気になる他人の懐事情…。 というわけで、2016年5月に発表された、総務省『家計調査』の結果から、30代・40代のリアルな懐事情を見ていきましょう。 2015 …

ママ仕事復帰

【人生100年時代の働き方】第5回: 専業主婦はもう古い!?これからの時代、主婦は働くべき?

最終回は働き方についてです。女性は家事・育児・介護など「家庭責任」を負うことが多く、働くこと、収入を得ることがサブ的になりがちです。 人生100年時代を乗り切れるよう、働き方も変えていく必要があるかも …

【人生100年時代のマネー戦略】第1回:もっと「人生いろいろ」。マネー戦略が重要に!

こんにちは、FPの豊田眞弓です。 突然ですが、これから人生は「100年」を想定して生きることになります。 それで何がどう変わるのか、特に女性の生き方にどんな変化をもたらすのか、について考えていきたいと …