みんなのお金事情 貯金・財テク・投資

定期預金は絶対に安全なのか? 安全第一に潜むリスクとは

投稿日:2018-05-18 更新日:

定期預金は絶対に安全なのか? 安全第一に潜むリスクとは

定期預金は本当にノーリスク?

「お金は安全確実な定期預金で貯めている」
そんな方も多いのではないでしょうか。確かに株は、定期預金のように元本保証されてはいません。新聞で「日経平均急落」などの文字が躍るのを見ると、株は危ないという気持ちになってしまうのもわかります。

しかし、だからといって定期預金だけでお金を貯めていくのにリスクはないのでしょうか。

定期預金にリスクはない?

アベノミクスでは、インフレを起こすために年2%の物価上昇を目標にしています。
これが実現した場合、今年100万円で買えたものが来年は102万円払わないと買えないことになります。

一方で定期預金はどうでしょうか。メガバンクの定期預金の金利(1年もの)は約0.01%です。
100万円を預けて、来年は100万100円にしかなりません。つまり今年買えたものが来年は買えなくなってしまいます。

実質的な価値は低下

見た目の金額は増えていますが、実質的な価値は下がっているのです。

日本はこれからインフレになる?!

日本はこれからインフレになる?
「そうはいっても掛け声だけで、2%の物価上昇なんて起きていないだろう」
確かにアベノミクスが始まって、一度も2%の物価上昇は達成されていません。だからこれからもインフレは起きないと考える人は多いのでしょう。

しかし、これからも達成されないとは言い切れず、逆にインフレ傾向に向かうのは、ほぼ間違いないと考えられています。

人手不足

大きな要因は「人手不足」です。いままでは、働きたいけれど仕事が見つからない人が多かったので、企業は安い賃金で人を集められました。

しかし、少子化の影響などで、働ける人が減ってきています。企業はいままでより高い賃金を払わないと人が集められなくなりつつあります。賃金が上がれば、売値も上げざるを得ません。ヤマト運輸が値上げしましたが、同様のことがこれからも起こるでしょう。

インフレリスク

インフレになった場合、定期預金「だけ」で資産を持っているのは、リスクになり得ます。実質的にはお金が減ってしまうからです。ではどうすればいいのでしょうか。

次回はその点について考えていきます。


中郡久雄
中小企業診断士、ライター。
転職を繰り返していたため、他人より退職金が少ないことに不安を覚え、2008年ころより資産形成のために投資信託を活用した金融投資を開始。当初はインデックス投資を中心に運用していたが、徐々に投資哲学に共感できるアクティブファンドに軸足を移す。ただし、積立を基軸とする「コツコツ投資」のスタイルは維持している。
中小企業診断士兼ライターとして多くの経営者にインタビューさせてもらう中で、成長する経営者の「お金に対する哲学」を学ぶことができた。
現在は、経営者の資産形成のアドバイスもできるようになることを目指している。
主な執筆先は、クーリエジャポン、企業診断(同友館)、道経塾(モラロジー研究所)、など


金運占い燕京無料

-みんなのお金事情, 貯金・財テク・投資
-

関連記事

【老後が不安すぎる】40代独身女性の貯金切り崩し生活

【老後が不安すぎる】40代独身女性の貯金切り崩し生活

今回の相談者:未婚40歳おひとりさま女子さん わたしは未婚で40歳。おひとりさま女子です。 このまま結婚せず、定年(65歳)まで働いたとして、女性の平均寿命とされる約85歳まで年金で足りるでしょうか? …

:貧乏を引き寄せる思考特徴

収入は問題ないはずなのに……貧しさを引き寄せてしまう思考とは?

豊かな国といわれている日本。 ですが、そんな日本の中でも、貧困に苦しむ人はいます。 その多くは、働く場所がないなど、やむ負えない事情によって収入を確保できないことが理由です。 ですが、じつは、平均的な …

身体も財布もホクホクに!冬の電気代を簡単に節約できるコツ8選

寒い季節、あなたはどんな暖房器具を使っていますか? 暖房機器にはさまざまな種類がありますが、それぞれ暖め方に特長があります。 温風や赤外線で部屋全体を暖めるタイプは消費電力は高いものの、家族で暖をとる …

今年はいくら?気になる2017年冬のボーナス事情

待望の冬のボーナス! なかなか景気が回復しないなか、いったいどれくらい支給されるのか? 夫のボーナスも気になるけど、ご近所さんのボーナスも気になる…。 そんな方が多いのではないでしょうか? そこで今回 …

【その保険は本当に必要?】 保険の見直しで投資の原資を生み出せる

前回まで、住宅購入に関わるリスクについて書いてきました。 今回はもう少し身近な、しかし、日本人の多くが必要以上に支払ってしまっているといわれる保険について考えてみたいと思います。 過去のコラムはこちら …