マネー

“貯金大成功タイプ”と“貯金失敗タイプ”の違い~あなたはどっち?

投稿日:2019-01-18 更新日:

貯金成功失敗タイプ違い

同じくらいの収入なのに、貯金ができる人もいれば、できない人もいます。

「貯金したい」という気持ちや「貯金は大切」という意識は同じように持っているのに、差ができてしまうのです。

それってどうして?

貯金ができる人とできない人の間にある“違い”を、徹底解説します!

貯金成否の理由その1:貯金に関する知識量の差

貯金成功失敗タイプ違い貯蓄知識量

貯金ができないと嘆く人の多くは、貯金について「なんとなく」考えている人が多いです。

「とにかく、使わなければいいんでしょう?」とか……。

ですが、貯金に成功している人は、銀行などの積み立てサービスについて調べていたり、格安スマホなど節約につながりそうな話題について詳しかったりします。

貯金の役に立ちそうな知識を積極的に得る姿勢、大事なんです!

貯金成否の理由その2:貯金の目的の明確さ具合

貯金成功失敗タイプ違い貯蓄目的

「何のために貯金をするの?」という質問に、「将来のため」とざっくりとした答えを出してしまう人は、貯金が失敗しやすい人です。

人は、達成したい目標・夢など、明確な目的がなければ、我慢や忍耐を必要とする貯金を継続することは難しいです。

楽な道に流れていきたくなるのが、人の性ですから……。

自分の未来設計がしっかりしているかどうかが、貯金成功・失敗の分かれ道です。

貯金成否の理由その3:記録のマメさ

貯金成功失敗タイプ違い記録マメ

お金が貯まらない人の多くは、通帳の記帳や家計簿の管理などを面倒だと感じるようです。

ですが、貯金が上手な人ほど、お金の管理はしっかりしています。

家計簿ノートや家計簿アプリを使っているというよりも、自分に合った記録方法やお金の管理術を見つけ出しているわけです。

毎月末に、1ヶ月でいくらの支出があったのかを、ざっくりとでも把握しておくことや、自分の支出のクセを理解しておくことは、貯金をする上でも大切なこと。

そういった記録をするという習慣があるかないかで、貯金の成功率はずいぶん変わるのです。

貯金成否の理由その4:心の強さ

貯金成功失敗タイプ違い心の強さ

精神論的なことをいえば、貯金ができない人の多くは、優柔不断であったり、押しに弱かったりします。

貯金がしたいけれど、交際費がかさんで……という言い訳は、貯金ができない人に多く見られます。

友だち付き合いも大切ですが、流されるままにお金を使ってしまうようでは、貯金はできません。

「毎月、交際費に使えるお金は○万円まで」というルールを決め、その範囲内でうまくやりくりしましょう。

時には、誘いを断る勇気も必要です。
貯金成功失敗タイプ違いポイント

あなたは、貯金大成功タイプでしたか? それとも、失敗タイプでしたか?


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔


黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。

-マネー
-,

関連記事

コロナショック、こんな時こそやってはいけない「お金の使い方・増やし方」

Photo by Farknot Architect/Adobe Stock 好評発売中の『会計の神さまが教えてくれたお金のルール』の著者・天野敦之さんに、コロナショックのような経済状況で、「お金の使 …

no image

増加し続けるタンス預金に潜む大きなリスクとは?

現在、国内のタンス預金の残高はおよそ40兆円といわれています。2006年のタンス預金残高が約27兆円と試算されていたので、10年で13兆円も増えた計算になります。 これは、長引く不況と超低金利時代の到 …

年間16万も!? 思わず禁煙を考えたくなる「タバコの年間コスト」

家族やあなた自身、タバコを吸っていますか? タバコの健康被害だけでなくタバコ代がいくらかかっているか考えたことはあるでしょうか。 年間のタバコ代はなんと16万円!! JT(日本たばこ産業株式会社)が毎 …

子供のお小遣いっていくらあげればいい?

子供が成長し、小学生になるころにはお友だちとの付き合いも始まり、お小遣いが必要になってきます。 お小遣いは、子供にお金の使い方を学ばせる絶好の機会です。 しかし、 「いつからあげるのか?」 「どれくら …

大学進学が当たり前の今、教育費は最低でも●●万円必要!

今の時代、高校卒業後に大学に進学をする人は6割近くにのぼります。 戦後と呼ばれる1954年(昭和29年)以降、短大を含めた大学進学率は右肩上がりで上昇しています。 大学進学が当たり前になったということ …