ライフスタイル

【実態調査】子どもの発育や発達で気になることはありますか?

投稿日:2019-01-10 更新日:

子どもの発育や発達で気になることはありますか?
最近TVやネットでも取り上げられることが多くなった「発達障害」について。

日本の行政上では、発達障害者支援法が定める

自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するもの。(wikipediaより)

と定義されていますが、わかりにくい障害特性のため「自分勝手」「わがまま」などと決めつけられ、他人からは理解されないことも多いようです。

周囲から「親の育て方が悪い」「躾がなってない」などと批判され、悲しい思いをすることもあるんだとか。

姉妹サイトママニティでは「子どもの発育や発達で気になることはありますか?」というアンケートを実施しました。
それでは結果を見ていきましょう。

子どもの発育や発達が気になっている親御さんは半数以上!


アンケートの結果を見てみると、子どもの発育や発達で「気になることがある」と答えた方は半数以上、また判断が出来ずに様子を見ているという方も14%いらっしゃいました。

アンケートにお答え頂いた方の中からご意見をピックアップしてご紹介します。

発達相談は早い方がよい?

はっきりとした発達障害ではないようですが、言葉の理解力が弱い息子。4月から年長になるので、小学校を見据えて療育(言語指導)に行っています。療育と言っても、療育手帳が必要な発達療育ではなく、言語指導だけなので、手続きも早く申し込みからすぐに行くことができました。
3歳児検診で相談してみました。早い方がいいと思います。
このごろは、実に、子ども一人一人のケアが手厚いなぁ~と、感じさせられます。その上、個人にあまり負担にならないようなケアだとも…。大切なのは、“自分の可能性を最大限に引き出す教育”かな?
発達障害とは違うのかもしれませんが、5歳の息子は吃音、いわゆる”どもり”があります。小学校に入る前には直って欲しいので、先日発達相談を受けました。すごく親身になって相談にものってくれるので、少しでも気になることがあれば相談してみても良いと思います。

いかがでしたか。お子さんの発育や発達で悩んでいる方はたくさんいらっしゃることがわかりました。

悩みを一人で抱えずに、気になることがあれば自治体の保健センターなどでご相談してみてはいかがでしょうか。

【参考】ママニティ世論調査より
【編集】35style

-ライフスタイル
-,

関連記事

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

ご近所さんとは上手におつきあいしていますか? おうち時間が増えた今、近隣住民の騒音やマナーなどが原因でトラブルが増加していると聞きます。 私自身も都内の借家に住んでいますが、ご近所さんとは顔を合わせれ …

子どもに無理して理由を聞かない育児

子どもが泣いて、その場から動かなくなりフリーズ・・・。 こういった光景は子育て家族ではあるあるですよね。 子どもに理由を聞いても話してくれない。 そんな時、どうしていますか? 無理やり理由を聞きますか …

冷え対策服装

冷えをほおっておくと危険!?30代からの温活とは?

「冷えは万病のもと」よくいわれますが、女性が抱えがちな体の悩みの原因のほとんどは“冷え”にあるそうです。 頭痛も肩こりも生理痛も、うつ病までもが“冷え”からくるもの。 しかも、年齢とともに冷えやすい体 …

子どももママも楽しい♪困った時は●●選手権で切りぬける!

子どもと一緒にいると困ることってありませんか? 例えば、掃除。 掃除をしているそばからおもちゃを出したり、部屋を汚したり。。 お母さんにとっては結構ストレスだったりしますよね。 「片づけているんだから …

この決断に至ったとき、次はなにをしなきゃいけない?(photo by Africa Studio/fotolia)

子供には悪いがそれでも離婚したい、というあなたへ

厚労省が出している人口動態統計によると2014年における国内の離婚件数は約22万件強、そのうち20歳未満の子がいる離婚件数は約13万件にのぼります(参考:e-Stat上の人口動態統計)。 離婚は子供に …