子育て 心のケア

【Part1】発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」

投稿日:2018-08-18 更新日:

発達障害有名人芸能人偉人
栗原類さん、勝間和代さん、ミッツマングローブさんなど自身が「発達障害」であることを告白する芸能人や著名人の方のおかけで、最近は「発達障害」という言葉の認知度も高まってきていますよね。

発達障害といっても、実は様々な特性があります。

今回は有名人・偉人たちを例に「発達障害」とはなにか?特性を解説していきます。

そもそも発達障害とは?

発達障害とは
発達障害は、『自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であってその症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの』と定義されています。

まずは障害の特性を知ることが、改善への道へとつながるのです。

発達障害のさまざまな特性

発達障害はいくつかのタイプに分類されています。どれかひとつのタイプの人もいれば、いくつかのタイプを持っている人もいます。

LD(学習障害)

発達障害LD学習障害
全般的な知的発達に遅れはないものの、「聞く」「話す」「読む」「書く」「計算する」など、特定の分野で困難を伴う障害。
そのため、これらを学習する小学校入学以降に障害と気づくことが多く、「努力が足りない」「勉強不足」と見られがちです。
また、軽度の知的障害と間違われるケースも。

ADHD(注意欠如・多動性障害)

発達障害ADHD注意欠如多動性障害
7歳までに、「不注意」「多動性」「衝動性」などの状態が現れる障害。注意力のみに問題を持つタイプ、注意力と多動の問題の両方を持つタイプ、多動や衝動性が前面に出るタイプなどがあるといわれています。
不注意の症状には、学校の勉強でうっかりミスが多い、課題や遊びなどの活動に集中し続けることができない、話しかけられていても聞いていないように見える、やるべきことを最後までやりとげない、課題や作業の段取りが下手、整理整頓が苦手、宿題のように集中力が必要なことを避ける、忘れ物や紛失が多い、気が散りやすい、などがあります。
多動と衝動性の症状には、座っていても手足をもじもじする、席を離れる、おとなしく遊ぶことが難しい、じっとしていられずいつも活動する、しゃべりすぎる、順番を待つのが難しい、他人の会話やゲームに割り込んでしまうということがあるようです。
ADHDと診断される子どもには知的な遅れが伴わないことが多く、通常学級に在籍することが多いようです。

高機能自閉症

発達障害PDD広汎性発達障害高機能自閉症自閉症スペクトラム障害
知的な遅れを伴わない自閉症。目を合わせない、ほかの子どもに興味がないといった「対人関係」に関連した行動や、オウム返しなどの「言葉の遅れ」、自分の好きなことや興味のあることには熱中し「こだわる」といった特徴があり、このうち「言葉の遅れ」が軽い状態だと「アスペルガー症候群」と診断されることがあります。
また、医師によっては「PDD(広汎性発達障害)」という用語を使うこともあり、「自閉症スペクトラム障害」もほぼ同等の概念。
1歳台から症状がみられ、集団行動が増えてくる保育園や幼稚園で気づかれることが多いが、就職し、社会に出てから気づくこともあります。
周囲の理解の中で成長した人のなかには、成長とともに症状が目立たなくなる人や、能力をうまく利用して社会で活躍する人もいます。

発達障害があるといわれている・公表している有名人

歴史の偉人、発達障害を公表している日本・海外の有名人を例に解説していきます。

アルベルト・アインシュタイン

アスペルガー症候群には学者肌タイプが多い

発達障害アスペルガー有名人偉人芸能人
相対性理論で有名な物理学者の父と呼ばれるアルベルト・アインシュタインは、アスペルガー症候群だったといわれています。
かんしゃく持ちでキレやすく、また、片付けや金銭管理ができなかったとか。
幼少期は、言葉を話すことも理解することもできず、失語症であったともいわれています。
ただ、数学と物理だけはずば抜けて優秀で、そのため、ほかの教科の勉強を怠けている、と誤解されていたそう。

ほかにも、スティーブ・ジョブズビル・ゲイツ、イギリスの数学者リチャード・ボーチャーズ、日本では「徒然草」の作者の吉田兼好がアスペルガー症候群とみられており、学者肌タイプに多い印象です。

長嶋茂雄

ADHDは天才気質になる可能性がある?

発達障害ADHD有名人偉人芸能人
ユニークなエピソードに事欠かない、読売ジャイアンツ終身名誉監督の長嶋茂雄さん。彼は、ADHD(注意欠如・多動性障害)だといいます。
確かにそのエピソードをみると

  • 片方の足に靴下を2つ履いてもう片方の靴下を探していた
  • 試合前の練習で満足し、試合を忘れて風呂に入っていた
  • ヒットを打ち、前の走者を追い抜いてしまった
  • ホームランを打ったのに一塁ベースを踏み忘れてしまった
  • 試合を観に息子を球場に連れて行ったが、試合後一人で帰ってしまった

など、注意力に関連するものが多いようです。
こういったエピソードはADHDによるものと考えられますが、「ユニークな人」「個性的」と捉えられるのは、長嶋さんの人柄もあるのだと思います。
つまり、障害を持つ人は付き合いにくい、とっつきにくいと考えるのは偏見であるといえます。

水泳で八冠を達成したマイケル・フェルプス、偉人ではトーマス・エジソンや米の元大統領ケネディ、そしてクリントンもADHDだそう。
日本では織田信長坂本龍馬もADHDとみられており、天才肌や企業家に多いイメージです。

黒柳徹子

エンターテイナーに多い学習障害

発達障害学習障害有名人偉人芸能人
タレントの黒柳徹子さんは、計算障害と読書障害を告白しています。
自伝の『窓際のトットちゃん』では、小学校一年生で「ほかの子の迷惑になるから」と退学になったと書かれています。

それでも、こうして社会に出ることができたのは転校先の教師による熱心な教えと温かい理解があったから。

映画界の巨匠スティーブン・スピルバーグ、ハリウッドスターのトム・クルーズ、イギリスの人気女優キーラ・ナイトレイらは、学習障害の一種「ディスレクシア」だそうです。
文字の読み書きが困難にも関わらず、第一線で活躍できるのは、並々ならぬ努力もさることながら、“映画”に対する熱い情熱があってこそ。
障害の特徴である「こだわり」は、翻して考えれば、才能を伸ばすうってつけの特性ではないでしょうか。

ミッキーマウスの生みの親、ウォルト・ディズニーも失読症といわれています。
レオナルド・ダ・ヴィンチピカソベートーヴェンモーツアルトにも発達障害があったと考えられています。

まとめ

発達障害有名人偉人芸能人
ご覧のとおり、発達障害を持ちながら、社会的に活躍している人たちはたくさんいますね。

発達障害持つ、有名人たちが彼らが成功した陰には、「自分の特性を理解する」「自分の障害を他で補う努力や情熱」を持っていたからでしょう。

また「親や周囲が本人たちの抱える問題に気づいて、対処している」ということも大きいはずです。

では発達障害をもつ子どもたちに対して、私たちはどのように接していけばいいのでしょうか?

Part2では「発達障害を持つ子どもとの接し方」について解説していきます。


編集:35style
出典:ママニティ

-子育て, 心のケア

関連記事

「ごめんね」「いいよ」のやりとりは子どもの心を押さえつける?

小さな子ども達の間で繰り返される「ごめんね」「いいよ」。 年少さんくらいまでは「ごめんね」「いいよ」と素直に繰り返されていくのですが、年中さんくらいになると自分の意志が芽生えてきます。 「私のせいじゃ …

【体験談】男の子を成長させる母親の叱り方とは?

子どもは母親が理解できない行動をします。 特に男の子。 我が家には息子と娘が1人ずついますが、息子は「なんでこんなことをするんだろう?」と思わず笑ってしまう行動が多いです。 まず、息子は枝や棒が大好き …

人の話が聞けない子どもの原因はテレビやyoutube!?

「なぜ人の話が聞けないの?」 「話を聞いているようで、全然聞いていない。」 自分の子どもに対して、こんな風に思ったことありませんか? もしかしたら子どもは話を「聞いていない」ではなく「聞けない」のかも …

男女の発達の違い男の子叱り方

子どもの遊びに潜む危険…安全に体験させる方法とは?

最近は、自由に遊びたいだけ遊ぶ子どもが減ったような気がします。 公園を出ればスグ道路。昔のように自由に遊べる田んぼや空き地は減少。 子ども達を見守る地域の人との繋がりも減少。 そして遊び方も変化してい …

家族問題カウンセラーが見た【時代とともに変わりゆく小学生のトラブル】

子供達のトラブルは、時代と共に変化しています。 昔は、トラブル内容も複雑ではなく、お友達同士のちょっとした喧嘩や、子供同士がぶつかってどちらかが怪我をしてしまった、など単純なものが多く、いじめや仲間外 …