子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

投稿日:2021-03-24 更新日:


今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。

友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。

「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい!」

という親の思いからでしょうが、それは子どもにとって良いことなのでしょうか?

実は、うちの娘について考えさせられた事件があったので、今回は是非その時の話をさせて下さい。

「ピアノを弾きたくない!」娘が泣きながら訴えてきたこと


娘が歩けるようになり、日々出来る事が増えてくるようになると、欲が出てきました。

「次は何が出来るか」
「もっと何が出来るか」
「何か才能があるのではないか」

はっきり言って親バカです。

娘が2歳になるとスグにピアノに通わせました。

3歳になると英語にダンスと、娘の習い事は年齢とともに増えていきました。

私は毎日送り迎えに忙しくバタバタしながらも、子どもの成長を日々実感し、充実した毎日を過ごしていました。

ある日、ピアノのレッスン中、急に娘が弾くことを嫌がりました。

家での宿題も増えてきた時期でしたので疲れているのかなと思っていましたが、ピアノを嫌がる様子は数か月も続きました。

家でも練習しない。
だからレッスンに行っても楽しくない。
この繰り返し。

真面目にレッスンをしないなんて!
もう、私は限界でした。
そしてつい言ってしまいました。
「もうピアノ辞めて!」と…。

すると、娘は泣きながら言いました。

「私はピアノなんてやりたくなかったのに、ママが勝手に習わせただけでしょ!」

その時、思ったんです。

子どもに習い事をさせていたのは私の自己満足だったのでは、と。

もっと私が、ピアノを嫌だと言っている娘を受け入れるべきではなかったか、と。

嫌だと言っている娘としっかり向き合うべきではなかったか、と。

反省しました。

親子ともに向き合い根気よく!

子ども習い事行きたくない
出来る時もあれば、出来ない時もある。

やりたい時もあれば、やりたくない時もある。子どもも大人も同じです。

しかし、失敗を繰り返してこそ、上達へと近づくことも事実です。

失敗をした時に、失敗した子ども受け入れて、認めて。親も子どもと一緒に学んでいく。
根気よく。

そんな姿勢が大切だと、私は娘とピアノにまつわる事件から学びました。

そして、そんな姿勢が子どもに伝わり、習い事を通じて興味や好奇心を育むきっかけになるのではないか、と感じています。

執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

世帯収入を増やすコツ共働き

夫婦の会話がない!解決に向けての行動は1日3回のLINEから。

長年一緒にいると、いつのまにか夫婦の会話がない、また少なくなってきたと思うことはありませんか?夫婦の会話やコミュニケーションを取らずにいると、お互いに考えていることがわからなくなり、夫婦のすれ違いの原 …

夫婦マンネリの時期はいつから

愚痴を言うなら、〇〇をつけると愚痴を言う方も聞く方もスッキリできる!

コロナ禍により生活様式がずいぶん変わった昨今。 先の見えない不安、在宅ワークの夫への不満などがどんどん膨らんで、誰かに愚痴をこぼさずにはいられない人、多いと思います。 それなのに、ママ友や友人と、ちょ …

運動神経は遺伝しない!?子どもを運動音痴にさせない方法

「運動神経の良い子に育ってほしいな」 そう願うママも多いはずです。私自身、運動に関して良い思い出がないので、尚更そう思います。 その反面、「私に似て運動音痴になってしまうのではないか」と不安にもなりま …

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<0歳~1歳編>

自分の気持ちを言葉にして伝えるのは大人でもなかなか難しい。 今のこの気持ちをどう言葉にしたら良いのかわからずモヤモヤする事があります。 自分の気持ちを言葉にして、相手にきちんと伝えられるようになるには …

4月の誕生石はダイヤモンド意味キーワード

【第4回】シングルマザーにもおすすめ!結婚相談所のメリットとは

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 わたしが結婚相談所という存在を知ったのは、かれこれ10年前くらい。 友人が突然「結婚相談所をやろうと思うの」と話してくれたのがきっかけ …