ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

投稿日:2021-02-14 更新日:


男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。

一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。

さあ、実際のところどうなのでしょうか?
我が家の娘と息子の話をしてみたいと思います。

やんちゃな長男に、聞き分けの良い長女


我が家の息子はやんちゃです。

その片鱗を見せる行動は、寝返りの頃から始まっていました。

寝返る→寝返る→寝返る。

ゴロゴロゴロゴロ。

寝返っては好きな場所に行き、気付けば離れた場所で泣いていたことも(笑)。

それがつかまり立ちになり、歩き始め、量販店では迷子になり、公園では元気に常に動きまわり(たまにお友だちと揉め事)…。

それはそれは元気でやんちゃな息子でした。

反対に、娘はおとなしく本当に手がかからない。

息子は毎日、追いかけては注意。

返事は良いが、スグに同じ事の繰り返し。

たまに公園でママに怒られている男の子を見かけると、「どこの家も同じなんだな」と安心しました。

男の子は宇宙人だと思え!


そんなときに、ある人から「男の子は宇宙人だから、こっちの言っている言葉もわからないし、イライラしても無駄だよ。」と言われました。

それを聞いてなんだかスッキリしました!
確かに!だから何回注意しても通じないんだ!

納得したら、なんだか笑えてきました。
私は宇宙人に対して、何をキーキーと叱っていたんだろうと。

詳しく話を聞けば、「男の子は母親にとって違う世界に育った宇宙人みたいな存在で、性別の溝は簡単に埋める事は出来ない」という事でした。

女の子であったママにとっては男の子の行動は未経験であるが故に、予測不可能なんでしょうね。
まずは、男の子に「ママの言葉は通じない」と思ったほうが良いかもしれませんね。
そして、わからない事はパパに相談してみると解決策が見つかるかもしれません。
案外、子どもだった頃に同じような行動をとっている事が多いんです。

ママとしては「元気=周りに迷惑を掛けてしまうかも」と思いがちですが、その予測不可能な行動を「やっぱ宇宙人だなー」と受け入れる事で、楽な気持ちで男の子を見守る事が出来ますよ♪

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

0歳でも1歳でも大丈夫! 赤ちゃんが夜早く、長く眠る かんたん☆ねんねトレーニングBOOK

春からの保育園入園&復職のカギ! 「ねんねトレーニング」がママを救う

新年度が始まり、保育園にお子さまがご入園されたパパ・ママ、おめでとうございます! 子どもの入園を機に復職し、自分自身も新生活が始まったというママも多いでしょう。久しぶりの会社での仕事の準備、病気のとき …

月満ち欠けアロマ

月の満ち欠けリズムに合わせたメンタルケアとアロマの選び方

毎晩見ている月は、太陽との位置関係によって姿を変え、約1ヶ月の周期で満ち欠けを行います。月の形にはそれぞれ呼び名がついていますが、その中でも満月→下弦の月→新月の3つのサイクルを活用して心身のバランス …

雨の日に頭痛がする……それって気象病かも? 頭痛ーるアプリで体調の不調を予報!

あきこ:あれ、恵どうしたの?なんか体調悪そうだね。風邪でもひいた?生理痛? 恵:えー違うの。今日雨だからかなぁ…。なんか体がだる重~い感じ。頭もズギズギ痛いんだよね。 あきこ:大丈夫?それ …

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

虐待回避のカギは「夫婦が1+1=1」であること?

2017年、警察が児童相談所に通告した虐待や虐待疑いの子供の数は65,000人超で、過去最悪。 社会的に認知されて通報が増えているとはいえ、子育ての悩みは昔からあったはずなのに、なぜ今これほど増加して …

子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …