【第6回】コロナ禍でみつけた幸せの種

投稿日:2020-06-26 更新日:

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。

やっと自粛は解除されたもののコロナ渦で少し暗い世の中に傾いていますが、ちょっと心温まる出来事がありましたので“幸せの種”と称して紹介させて頂きたいと思います。

病院内は日々変化する対応に追われ、本当に大変。

私は看護師なので自粛といってもテレワークはできず、現場に行かざるを得ない勤務形態です。
小学校4年と5年の子どもを2人、朝から夕方まで自宅て留守番させることの不安は少しありました。

病院では、コロナの感染拡大に備えて新たに外来が設置され、通常の検査や手術を一部制限したり、電話やタブレットでの診察で接触を防ぐなど、日々変化する状況に現場は対応に追われていました。

そんな状況の中でも治療の為に通院しなくてはいけない患者さんもたくさん居ます。

特に化学療法や輸血などを必要とする患者さんは免疫力が低下している方が多く感染に怯えながらも通院をやめることはできません。

普段からマスクや消毒が手放せない患者さんばかりです。
コロナの影響マスクや消毒液を求めて朝から長い行列ができていたり、とんでもない高額で販売されたり、在庫がなくいつ配送されるか未定となっていたりとても心配だったと思います。
 

院内でも防護服やゴーグル、マスク、消毒液は不足し、数を制限して使用していました。

テレビで医療崩壊が囁かれ危機的状況が続く中、いつものように外来にいらしたある患者さんから、「これ皆さんで使ってください」と差し入れを頂きました。

マスクと消毒液、それに心のこもった温かいお手紙が入っていました。こんな大事なもの頂いていいんですか?と聞くと、「はい!いつもお世話になっていますから」と笑顔で返してくれました。

こんな大変な時に、わたしたち医療関係者を気遣ってくれる優しい気持ちに思わず胸が熱くなりました。

毎日、自分の無力さや未熟さに砕けそうになる事もありますが、いつも力をくれるのは患者さんや支えてくれる方々の優しさや励ましです。

どんな事があっても立ち向かう勇気と思いやる心で未来に幸せの花を咲かせられたらいいですね。

-ライフスタイル, 仕事
-, ,

この記事を書いたライター
minamama
都内で働く看護師ママ。
影の薄い夫とやんちゃな小学生2人の4人家族。
家事と育児の合間に絵を描くのが唯一の楽しみ。夢は世界に羽ばたく絵本作家。座右の銘は「何とかなるさ」。

関連記事

こんな会社は危ない! 知っておきたい倒産の危険度チェックリスト!!

勤めていた会社がある日突然倒産… 業績悪化を理由にリストラされた… サラリーマンにとって、これほど怖い話はないでしょう。 しかし、業績が悪化している会社からは、倒産やリストラの予兆、前兆ともいえるサイ …

子どもは4人目からは楽?子育てするなら何人がいい?

「子育てにおいて、兄弟は2人より3人が楽。そして3人より4人はもっと楽。」と言う筆者の知人がいます。 わたしは娘1人を育てるのも精一杯なのに、2人目を産んで育てるなど、とても無理だと思っているので、4 …

眠り効果アロマ

質の高い眠りのためにおすすめのアロマ3選

「質の良い睡眠」とはその人の体質や生活環境によって様々なパターンがありますが、共通するものは「その人それぞれのQOLに対してしっかりと心身を休めることができるか」であると言えます。「眠る」という行為は …

「PTA・保護者会」参加するなら、これだけは気をつけて!

幼稚園・保育園・小中学校には保護者会やPTAというものが存在します。 簡単に言うと、保護者会とは、「保護者が中心になって、子ども達のために活動する集まり」であり、PTAは「保護者・学校・地域が一緒にな …

娘2人がてんかんを発症して5年。母親の牧ひとみさんが壮絶な過去を激白。

わたしはてんかんの持病をもった子どもの母親です 突然ですが皆さんは「てんかん」という病気をご存じでしょうか。 突然けいれんを起こし、道ばたで倒れるようなイメージを持たれている方が多いと思います。 わた …