みんなのお金事情 貯金・財テク・投資

身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!

投稿日:

身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
「結局、何をすれば儲かりますか?」

投資の話をしていると、こうした質問を受けることがよくあります。

そんな方法がわかれば苦労しないと思いますし、ですからそう答えることにしています。

しかし、質問したくなる気持ちもわからなくはありません。世の中には「儲かりそうな話」があふれているからです。

銀行や証券会社でお勧めされる商品には気をつけろ!

身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
銀行や証券会に行くと、さまざまな商品のパンフレットが並べられています。窓口に相談に行くと、特定の商品をお勧めされることもあるでしょう。

しかし、勧められたものがあなたにとって良い選択である可能性は少ないと考えたほうがいいと思います。

大々的に宣伝をしている商品は売り手にとって有利になる商品です。

買い手であるあなたにとって絶対に損になるとはいいませんが、得をする可能性は限りなく低いです。
身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
その人にとって「良い商品」を選ぼうと思えば、職業や年齢、家族構成や今後の人生設計など、さまざまな要因を加味して考えなければ選べるはずはないのです。

そうしたことを確認することなく、「これが売れ筋です」「お得ですよ」と言ってくるのは、販売目標のノルマを与えられていて、その商品を何とか売りたいと考えているからだと思ったほうが無難です。

銀行や証券会社の販売員は、あなたのアドバイザーではありません。もちろん本当に親身になって、相談にのってくれる販売員もいるでしょう。

長く売れ続けるセールスパーソンとはそういう人だからです。
身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
しかしそのためには、あなたについての情報を十分に知ったうえでないと的確なアドバイスはできません。

その日初めて会う販売員の方が、的確なアドバイスをしてくれるセールスパーソンである可能性はほとんどありません。そこは勘違いせず、冷静に判断する必要があります。

「絶対に儲かる」と言われる話には気をつけろ!

身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
さらに、「絶対に儲かります」とか「あなただけにこの儲け話を教えます」などと言葉巧みに近づいてきて、出資を募るようなケースも見かけます。

先日も、加工食品のオーナーになれば半年後に出資額の10%程度を加算し払い戻す、との触れ込みで出資を募っていた会社が破綻しました。出資金は返還されることはなく、多くの方が財産を失うことになる可能性が高いでしょう。

こうしたケースは、過去にも繰り返し起こっています。
身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
ちょっと考えれば怪しい話だとわかるはずなのですが、渦中にいると「自分がだまされるはずがない」と考えてしまうのが人間の性なのかもしれません。

しかし、絶対に儲かる話を、わざわざ親切で教える人はいません。本当に儲かるなら誰にも教えずに自分一人でやればいいのです。

お金が足りないので出資を募る、と説明する場合もあるようですが、それもかなり怪しいです。「確実」に儲かるなら、不特定多数から出資を募るような手間をかけるより、銀行から借りるなり、投資ファンドに話を持ち込むなりすればいい話だからです。
身近に溢れるお得な「投資話」。おいしい話には裏がある!
おいしい話には裏がある。そう考えて間違いありません。こうした話を持ち掛けられたら、「ちょっと待て」と自分に言い聞かせて、冷静になって考え直しましょう。


中郡久雄
中小企業診断士、ライター。転職を繰り返していたため、他人より退職金が少ないことに不安を覚え、2008年ころより資産形成のために投資信託を活用した金融投資を開始。当初はインデックス投資を中心に運用していたが、徐々に投資哲学に共感できるアクティブファンドに軸足を移す。ただし、積立を基軸とする「コツコツ投資」のスタイルは維持している。

中小企業診断士兼ライターとして多くの経営者にインタビューさせてもらう中で、成長する経営者の「お金に対する哲学」を学ぶことができた。

現在は、経営者の資産形成のアドバイスもできるようになることを目指している。
主な執筆先は、クーリエジャポン、企業診断(同友館)、道経塾(モラロジー研究所)、など


金運占い燕京無料

-みんなのお金事情, 貯金・財テク・投資
-

関連記事

【実態調査】「今後は働きたい」と考えている専業主婦ママは80%!その理由10選。

国が「働き方改革」を掲げ、女性の働き方についてなにかと話題になる昨今。 みなさんは子どもを育てながら働くことについてどう思いますか? 姉妹サイトのママニティの読者に「子育てしながらの働き方」についての …

【貯蓄額は?】旦那に先立たれることを考えて、老後資金はどのくらい必要?

【貯蓄額は?】旦那に先立たれることを考えて、老後資金はどのくらい必要?

今回の相談者:子なし共働き夫婦、将来の老後資金が不安な主婦さん 夫婦共働きの子どもなしの主婦です。将来の経済的なことが不安です。 旦那と二人で老後過ごしていくのわけですが女性の方が長生きするので世の中 …

【投資するお金どう捻出する?】お金の使い方を見直してみよう

「投資を始める重要性はわかりましたが、投資に回す資金がありません」 投資について話をすると、よくこんな答えをいただきます。 いままで習慣的に使っていた支出の一部を削るのは難しく感じるのかもしれません。 …

世帯収入を増やすコツ

生活レベル調査:あなたの家の貯蓄額&お小遣いはいくらですか?<アンケート結果発表>

「いつかマイホームのために」「子どもの教育資金のために」「老後のために」などなど、貯蓄は大事とわかっていても、日々の暮らしで精いっぱいでなかなかお金が貯まらない。。。 他の家庭ははどれくらい貯蓄がある …

お金の貯め方 節約 習慣 簡単

無理な節約はやめませんか?自然とお金が貯まる人の5つの習慣

派手な暮らしをしているわけではないのに、お金が貯まらないという経験はありませんか? 何かを節約してないといけないのかな?と思いつつも、毎日、節約のことを考えて暮らしていたら、心も貧しい日々を送ってしま …