今年はいくら?気になる2017年冬のボーナス事情

投稿日:2017-12-18 更新日:

待望の冬のボーナス!
なかなか景気が回復しないなか、いったいどれくらい支給されるのか?
夫のボーナスも気になるけど、ご近所さんのボーナスも気になる…。

そんな方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、各種団体の発表や調査結果から、冬のボーナス支給額についてまとめてみました!

大手企業は夏に続いて減額…

日本経済団体連合会「2017年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)第1回集計」によれば、東証一部上場、従業員500人以上の大手企業251社の平均は91万6396円となりました。過去3年連続でアップしてきましたが、今年は前年比1.19%減となってしまいました。


出典:日本経済団体連合会「2017年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)第1回集計」

それでも、さすが大手企業。平均で91万円なんてうらやましい限りですね。

今年の夏のボーナスは、同調査によると前年比2.98%減の87万8172円でしたので、2回連続で減額となっています。あの手この手の景気回復策が打ち出されるなか、うまくいっていない現実が浮き彫りになった形です。

そんななか、食品が前年比4.40%増の91万6256円、非鉄・金属が3.72%増の76万3468円と好調です。この業界にお勤めの方は、大手企業ではなくても増額に期待できるかもしれません。

東証一部上場企業は微減

今度は、東証一部上場企業の動向を見てみましょう。労務行政研究所「東証第1部上場企業の2017年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」によれば、全体の平均は71万2898円、前年比0.1%減の微減になりました。


出典:労務行政研究所「東証第1部上場企業の2017年年末賞与・一時金(ボーナス)の妥結水準調査」

製造業が74万1591円で前年比0.5%減となったのに対し、非製造業は61万6444円で前年比1.6%増となりました。

業種別で見ると、建設業が前年比7.1%増の70万828円、非鉄・金属が前年比5.7%増の74万9844円と大幅アップしています。そのほか、情報・通信、倉庫・運搬関連、価額も前年比3%以上アップしています。

反対に落ち込みが激しいのが繊維と輸送用機器(造船)で、繊維は前年比11.7%減の49万3011円、輸送用機器(造船)は前年比9.3%減の64万4376円となってしまいました。約1割の減少は家計に少なからず影響がありそうです…。

中小企業は微増傾向

最後に、中小企業を含めた民間企業のボーナス支給額を見てみましょう。三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社の発表した「2017年冬のボーナス見通し」によると、民間企業の平均は前年比0.6%増の37万2235円、業種別に見ると製造業が前年比0.5%増の49万4872円、非製造業が前年比0.8%アップの34万6978円でした。


出典:三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2017年冬のボーナス見通し」

大多数を占める中小企業の支給額が増加した点は、ポジティブに捉えられるのではないでしょうか。

なお、国家公務員は前年比2.4%増の72万1841円と非製造業の大手並の水準となっています。増加率といい金額といい、思わず嫌味のひとつも言いたくなってしまいますよね(笑)。

いかがでしたか?

実際の支給額は会社や年齡によって変わってきますが、この冬のボーナスは中小企業にお勤めの方に、増額という嬉しい結果が待っているようです。

なお、こうした調査で発表される金額はすべて税引前の金額です。
実際の支給額は、この金額から各種税金などを引いた金額になります。また、発表される支給額の平均は、おおよそ38歳前後のものと考えてください。
※詳しい算出条件は各調査結果で確認をお願いします。

【ライター】
小日向 淳(フリー編集・ライター)
家計の節約術から資産運用、老後資金、相続対策などを中心に構成から執筆までを手がける。『法改正対応 バッチリ相続まるわかり 2015-16年版』(学研マーケティング)/『これで安心! 月5000円からはじめる老後資金の作り方』(宝島社)/『親の入院・介護で困らない!)』(宝島社)ほか、書籍、雑誌、ムック、Web記事など多数。

【参考】
日本経済団体連合会、労務行政研究所、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、ママニティ


金運占い燕京無料


関連記事

裕福お金持ち意識改革

【裕福への道】お金持ちになりたいなら意識改革から始めよう

お金持ちになりたい! 誰だって、お金はないよりあったほうがいいし、多ければ多いほどいいと思いますよね。 世の中にはお金持ちといわれる人もいますが、実は、誰にもお金持ちになるチャンスはあるのです。 お金 …

年収給料所得アップ増加職業転職企業起業

驚愕! 手取りが減っている今だからこそ始める【お金を増やす方法】

突然ですが質問です。 今の給料・年収に満足していますか? 毎日コツコツ働いて給料を得て、節約して、貯金して……。 「一応、年収300万円台で生きていけている」 「年収400万円台だから大丈夫」 前向き …

専業主婦と共働き、貯蓄が多いのはどっち?

専業主婦世帯と共働き世帯、どちらの貯蓄が多いと思いますか? 「ふたり分の収入がある共働き世帯の方が貯蓄は多いにきまっている」 そう思っている方が多いのではないでしょうか? ところが、金融広報委員会の『 …

初心者にインデックスファンドをお奨めする理由とは

「インデックスファンドは万能ではありません」前回の最後に、そう書きました。 インデックスファンドが必ず儲かるわけではありません。 長期にわたってインデックスファンドを上回るリターンを生み出しているアク …

【必見】消費・浪費・投資の違いを知れば節約できる!

マイホーム購入のため、将来の子供の学費など、家計のやりくりをしてがんばって節約し、貯蓄をしている方がほとんどだと思います。 しかし、思ったように貯まらない、これ以上節約できないと嘆いている方もいるので …