みんなのお金事情 貯金・財テク・投資

収入は問題ないはずなのに……貧しさを引き寄せてしまう思考とは?

投稿日:2019-02-02 更新日:

貧乏を引き寄せる思考

豊かな国といわれている日本。

ですが、そんな日本の中でも、貧困に苦しむ人はいます。

その多くは、働く場所がないなど、やむ負えない事情によって収入を確保できないことが理由です。

ですが、じつは、平均的な収入を得ているにも関わらず貧しさを感じている人もいます。

そういった人は、自ら貧しさを引き寄せてしまっているのかも……。

収入があっても貧乏?

:貧乏を引き寄せる思考特徴

毎月まとまった収入があっても、月末になるといつもカツカツ。

お金が足りなくて、人から借金をすることもある……。

そういった人は、意外に多くいるようです。

働くことができなくて収入がないというのならわかりますが、「収入はあるのにどうして?」と思いますよね。

じつは、そうした人には、ある特徴的な思考が存在しています。

貧乏を引き寄せる思考1:中古品・型落ち商品は価値ナシ!

貧乏を引き寄せる思考中古品型落ちNG

自ら貧しさを引き寄せてしまう人の多くは、中古品や型落ち商品を嫌う傾向が見られます。

機能・性能・見た目など、たいして違いがない商品であっても、それが新品のものでなかったり最新のものでなかったりすると、「これはナシ!」と考えるのです。

小さな買い物であれば、さほど家計を圧迫することはないかもしれませんが、これが大きな買い物であったら、どうでしょう?

「リノベーションの家」は新築じゃないからナシ。
この車は新型じゃないからあり得ない。

貧乏を引き寄せる思考新品好き

「新しさ・最新さ」を持った商品は、そうではないものに比べて価格は高めです。

中古品や型落ち品などでうまくやりくりしながら生活している人と比べて、出費は大きくなります。

新しさ・最新さを積み重ねていった結果、最終的には貧しさを引き寄せることにつながってしまうのです。

貧乏を引き寄せる思考2:人によく見られたい! 注目されたい!

貧乏を引き寄せる思考注目されたい

収入があっても、収入以上の出費をしていれば、もちろん貧しさがやってきます。

身の丈に合ったお金の使い方をするのは基本です。

ですが、「人に羨ましがられたい」といったような思考が強い人は、出費が増える傾向にあります。

人からの評価を気にするあまり、借金をしてでも自分の生活を着飾りたくなってしまうと、将来恐ろしい地獄が待っているかもしれません。

貧乏を引き寄せる思考借金地獄

マイホームを持つことや、高級車に乗ることは、一種のステータス。

そこで幸福を味わう人もいるでしょう。

ですが、借金をしたり、月末に毎回お金の工面に困ったりするのは本当の幸福とはいいがたいです。

見栄っ張りな思考は要注意です。

貧乏を引き寄せる思考パターン

少しのガマンによって、避けることのできる貧困があります。

あなたも、普段の生活・思考をふり返ってみてはいかがでしょうか?


無料占い達川


黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。

-みんなのお金事情, 貯金・財テク・投資

関連記事

年収給料所得アップ増加職業転職企業起業

驚愕! 手取りが減っている今だからこそ始める【お金を増やす方法】

突然ですが質問です。 今の給料・年収に満足していますか? 毎日コツコツ働いて給料を得て、節約して、貯金して……。 「一応、年収300万円台で生きていけている」 「年収400万円台だから大丈夫」 前向き …

【老後が不安すぎる】40代独身女性の貯金切り崩し生活

【老後が不安すぎる】40代独身女性の貯金切り崩し生活

今回の相談者:未婚40歳おひとりさま女子さん わたしは未婚で40歳。おひとりさま女子です。 このまま結婚せず、定年(65歳)まで働いたとして、女性の平均寿命とされる約85歳まで年金で足りるでしょうか? …

【第2回】国債とは?投資信託とは?~投資女子・投資ママのための超初心者向け投資入門~

こんにちは!ファイナンシャルプランナー兼投資家のミサトです。 第1回では投資初心者のマーヤさんに株式について説明しましたが、今回は債券と投資信託についてです。 バックナンバー ~投資女子・投資ママのた …

2018年貯金事情

みんなの“貯金事情”気になる! 2018年はお金貯まった? 使った?

お金のことって、人にはなかなか聞けないことですよね? 「貯金いくらある?」なんて言葉が出たら、その場が凍りつくかも……。 でも、正直気になる、みんなの貯金事情。 そんな中、2018年11月に、金融広報 …

今年はいくら?気になる2017年冬のボーナス事情

待望の冬のボーナス! なかなか景気が回復しないなか、いったいどれくらい支給されるのか? 夫のボーナスも気になるけど、ご近所さんのボーナスも気になる…。 そんな方が多いのではないでしょうか? そこで今回 …