みんなのお金事情 貯金・財テク・投資

人には聞きにくいお金事情【教えて!】30代・40代の貯金額の真実

投稿日:2019-01-01 更新日:

30代・40代の貯金額の真実

「私の貯金額って多い? それとも少ない?」

お金のことって、なかなか人には聞けませんよね。

でも、気になる……。

そこで今回は、総務省から2018年5月に発表された、2017年の家計調査の結果をもとに、30代・40代の貯金額について考えていきましょう。

30代・40代の2人以上世帯の平均貯蓄額は?

30代・40代の平均貯蓄額

2017年、二人以上の世帯における貯蓄額(平均値)は1812万円でした。

前年、2016年は1820万円でしたから、8万円(約0.4%)減少しています。

実は、減少するのは5年ぶりのことなのです

2018年発表家計調査貯蓄現在高の推移
引用:総務省統計局 URL:http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/h29_gai2.pdf

これは平均値ですから、一部の裕福な人たちによって引き上げられた値です。

よりリアルな貯蓄額を表すのは、「中央値」と呼ばれる値です。

2017年の中央値は1074万円で、前年の1064万円を上回りました。

2018年発表家計調査貯蓄現在高階級別世帯分布
引用:総務省統計局 URL:http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/h29_gai2.pdf

30代・40代の貯蓄額(平均値)は?

30代・40代の貯蓄額平均値

では、気になる30代・40代の貯蓄額(平均値)について見てみましょう。

調査によると、40歳未満の世帯の貯蓄額が602万円、40歳~49歳の貯蓄額が1074万円となっています。

どちらの結果も、2017年の結果よりも増加傾向にありました。

過去10年の結果を遡って見てみると、30代が含まれる40歳未満の貯蓄高は10年前よりも増加しているのに対し、40代の貯蓄高は10年前よりも減少していました。

30代の人たちよりも、40代の人たちのほうが「貯金ができない」という感覚を味わっているかもしれませんね。

2018年発表家計調査世帯主年齢別貯蓄負債現在高推移
引用:総務省統計局 一部抜粋 URL:http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/h29_gai4.pdf

30代・40代の負債額はどうなっている?

30代・40代の負債額

先に述べた貯蓄額は、負債を考慮していない額です。

調査によると、40歳未満の負債額は1123万円、40歳~49歳の負債額は1055万円。

30代も40代も、前年より増えています。

2018年発表家計調査貯蓄負債現在高
引用:総務省統計局 URL:http://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/pdf/h29_gai4.pdf

30代にいたっては、貯蓄額よりも負債額の方が高くなってしまっていますから、実際の純貯蓄額はマイナスです。

厳しい家計事情はみんな同じ?

30代・40代厳しい家計事情

30代・40代は、マイホームの購入などローンを組んだ買い物をする人が多くなります。

その分、負債が増えていくことになるでしょう。

一方、収入のアップという面では劇的な増加は難しい昨今。

貯蓄をするには厳しい世の中といえるでしょう。

「なかなかお金が貯まらない……」という感覚は、決してあなただけのものではなく、世の中全般の30代・40代の人が感じていることでもあるのです。

30代・40代貯蓄額を増やす

もしあなたの貯金額が、今回の調査の平均値を下回っていたとしたら、貯蓄額を増やすという意識を持ったほうがいいかも。

いざというときや、緊急事態が起こったときなどに、貯金はあなたの支えになります。

生活を見直すなどの意識を持つことから始めてみませんか?


無料占い達川


黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。

-みんなのお金事情, 貯金・財テク・投資

関連記事

“主婦のおこづかい”みんなどれくらいもらってるの?

主婦のみなさん、自分の“おこづかい”はありますか? ほとんどの方はもらっているようですが、なかには専業主婦なのでもらっていないという方も…。 そして、やっぱり気になるのは、「みんなどれくらいもらってい …

「従業員持株会」への投資で資産形成するのは止めよう

あなたが働いている会社には「従業員持株制度」はありますか? 従業員持株制度と は、従業員が毎月一定の金額を拠出し、共同で自社株を買い付けていく仕組みのことです。 上場企業のほとんどで導入されていますし …

【住宅ローンの変動金利】実は損する!?

マイホームを手に入れるために必須の住宅ローン。日銀のゼロ金利政策、続くマイナス金利政策のおかげで、住宅ローンの金利は史上最低ラインに位置しています。 「金利が低い今こそマイホーム購入のチャンス!」と、 …

【実態調査】「今後は働きたい」と考えている専業主婦ママは80%!その理由10選。

国が「働き方改革」を掲げ、女性の働き方についてなにかと話題になる昨今。 みなさんは子どもを育てながら働くことについてどう思いますか? 姉妹サイトのママニティの読者に「子育てしながらの働き方」についての …

専業主婦と共働き、貯蓄が多いのはどっち?

専業主婦世帯と共働き世帯、どちらの貯蓄が多いと思いますか? 「ふたり分の収入がある共働き世帯の方が貯蓄は多いにきまっている」 そう思っている方が多いのではないでしょうか? ところが、金融広報委員会の『 …