みんなのお金事情 貯金・財テク・投資

【人生で5回!】お金を貯めたい人が逃してはいけないタイミング

投稿日:2019-09-13 更新日:

お金の貯め時タイミング

「お金を貯めたい!」

そう思っても、なかなかお金が貯まらないことってありますよね。

でも、人生には5回、お金がどんどん貯まっていくタイミングがあるんです。

そのタイミングを逃さず、一気に貯金を増やしちゃいましょう!

1回目:学生時代にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング学生時代

子どもの頃は、親からお小遣いをもらったり、親せきからお年玉をたくさんもらったりできます。

大人になったら嫌でも支払わなければならない出費も、子どもや学生のうちは親が出してくれますよね。

高校生や大学生になれば、アルバイトだってできます。

貯まる貯まる!

「でも、学生なんてとうの昔に終えちゃったから!(怒」

だ、大丈夫! まだまだタイミングはありますから!

2回目:就職後の独身時代にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング就職後の独身時代

学生から社会人になり収入を得られるようになったタイミングも、お金が貯まりやすい時期です。

一人暮らしをしたりすれば出費も多くはなるでしょうが、それでも、毎月得られる収入は、学生時代のアルバイトとは異なるはず。

一人で、さほど贅沢しすぎることなく暮らし、毎月決まった額を自動積立すれば、どんどんお金が貯まります。

「独身時代? 私、もう結婚してます。どうしてくれるんですか?(怒」

ま、まだまだあります!

3回目:結婚後の共働き時代にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング結婚後の共働き時代

結婚して、夫婦二人の生活が落ち着きだしたら、お金が貯まり始める時期が始まります。

二人の収入を合わせれば、日々の生活費にも余裕が生まれるでしょう。

無駄遣いせずにコツコツ貯めるには最適のタイミングです!

「子どもが生まれて、共働きなんてできない(悲」

あきらめないで! お金の貯め時は、まだまだありますよ!

4回目:育休明け~子どもが中学生になるまでの間にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング育児明け中学生

育休の制度を使って子育てをし、共働きができない時期があるのは仕方がありません。

ですが、復職をすればまたお金を貯めることができますよ。

子どもが義務教育を受けることができる間に、その先の高校・大学受験も視野に、ガシガシ貯めましょう。

「子どもはもうとっくに中学を卒業しました……(撃沈」

ラスト1回が残っていますから、浮上して!

5回目:子どもの独り立ち~定年退職までの間にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング独立定年退職

子どもが大学などを卒業し、就職をすれば、最後の貯金のタイミングがやってきます。

子どもにかけていた教育費などを貯金に回すことができるでしょう。

職場でも、管理職など責任あるポストに就くことができ、収入も高くなっているはず。

老後の資金はここで貯めて!
お金の貯め時タイミング無駄遣いをしない

人生に5回も訪れる貯金のタイミング。

ただ、どのタイミングでも無駄遣いをしないという意識は必要不可欠です。

さあ、あなたの人生で、次に訪れる貯金のタイミングはいつ?

あわせてよみたい記事


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

-みんなのお金事情, 貯金・財テク・投資

関連記事

【実態調査】旦那に内緒!主婦のへそくり額はいくら!?

旦那に内緒でコツコツ蓄えをする「主婦のへそくり」。 とあるニュースの調査によると、主婦のへそくり平均額は約400万円という驚きのデータもあるほど!(すごい!) やりくり上手な主婦ほど家族に内緒でコツコ …

お金持ちも夢じゃない!年収をアップする方法

今より年収をアップさせたい。 とはいっても、今の会社では年功序列が慣習になっていて、そんなに簡単には今すぐ年収を上げることはできない。 諦めかけているそこの皆さん!実は、今からでもきちんと基礎を学びス …

共働きには思わぬ落とし穴も!専業主婦と共働きのメリット・デメリット

女性が結婚を契機に退職する「寿退社」。かつては一般的でしたが、現在は結婚後もそのまま働くか専業主婦になるか迷う方が多いようです。 そこで、今回は専業主婦と共働き、それぞれのメリット・デメリットについて …

つみたてNISAはどこで買う? 金融機関の選び方

「つみたてNISA」を利用するには、どこかの金融機関でNISA専用口座を開設する必要があります。 口座を開設できる金融機関は、証券会社(ネット証券を含む)、銀行、信用金庫、投資信託を直売している運用会 …

日本の消費税が10%へ!世界と比較してみる消費税事情は?

日本の消費税が10%へ!世界と比較してみる消費税事情は?

2019年10月から日本の消費税は8%から10%へと変わりました。 2014年に8%へと引き上げてから約5年ぶりの増税となります。日本の消費税は徐々に上がり続けているために、どことなく「高額」なイメー …