【人生で5回!】お金を貯めたい人が逃してはいけないタイミング

投稿日:2019-09-13 更新日:

お金の貯め時タイミング

「お金を貯めたい!」

そう思っても、なかなかお金が貯まらないことってありますよね。

でも、人生には5回、お金がどんどん貯まっていくタイミングがあるんです。

そのタイミングを逃さず、一気に貯金を増やしちゃいましょう!

1回目:学生時代にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング学生時代

子どもの頃は、親からお小遣いをもらったり、親せきからお年玉をたくさんもらったりできます。

大人になったら嫌でも支払わなければならない出費も、子どもや学生のうちは親が出してくれますよね。

高校生や大学生になれば、アルバイトだってできます。

貯まる貯まる!

「でも、学生なんてとうの昔に終えちゃったから!(怒」

だ、大丈夫! まだまだタイミングはありますから!

2回目:就職後の独身時代にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング就職後の独身時代

学生から社会人になり収入を得られるようになったタイミングも、お金が貯まりやすい時期です。

一人暮らしをしたりすれば出費も多くはなるでしょうが、それでも、毎月得られる収入は、学生時代のアルバイトとは異なるはず。

一人で、さほど贅沢しすぎることなく暮らし、毎月決まった額を自動積立すれば、どんどんお金が貯まります。

「独身時代? 私、もう結婚してます。どうしてくれるんですか?(怒」

ま、まだまだあります!

3回目:結婚後の共働き時代にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング結婚後の共働き時代

結婚して、夫婦二人の生活が落ち着きだしたら、お金が貯まり始める時期が始まります。

二人の収入を合わせれば、日々の生活費にも余裕が生まれるでしょう。

無駄遣いせずにコツコツ貯めるには最適のタイミングです!

「子どもが生まれて、共働きなんてできない(悲」

あきらめないで! お金の貯め時は、まだまだありますよ!

4回目:育休明け~子どもが中学生になるまでの間にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング育児明け中学生

育休の制度を使って子育てをし、共働きができない時期があるのは仕方がありません。

ですが、復職をすればまたお金を貯めることができますよ。

子どもが義務教育を受けることができる間に、その先の高校・大学受験も視野に、ガシガシ貯めましょう。

「子どもはもうとっくに中学を卒業しました……(撃沈」

ラスト1回が残っていますから、浮上して!

5回目:子どもの独り立ち~定年退職までの間にお金は貯まる

お金の貯め時タイミング独立定年退職

子どもが大学などを卒業し、就職をすれば、最後の貯金のタイミングがやってきます。

子どもにかけていた教育費などを貯金に回すことができるでしょう。

職場でも、管理職など責任あるポストに就くことができ、収入も高くなっているはず。

老後の資金はここで貯めて!
お金の貯め時タイミング無駄遣いをしない

人生に5回も訪れる貯金のタイミング。

ただ、どのタイミングでも無駄遣いをしないという意識は必要不可欠です。

さあ、あなたの人生で、次に訪れる貯金のタイミングはいつ?

あわせてよみたい記事


水晶玉子無料占いマンダリン占星術本当に必要なのは誰

関連記事

年収給料所得アップ増加職業転職企業起業

驚愕! 手取りが減っている今だからこそ始める【お金を増やす方法】

突然ですが質問です。 今の給料・年収に満足していますか? 毎日コツコツ働いて給料を得て、節約して、貯金して……。 「一応、年収300万円台で生きていけている」 「年収400万円台だから大丈夫」 前向き …

初心者にインデックスファンドをお奨めする理由とは

「インデックスファンドは万能ではありません」前回の最後に、そう書きました。 インデックスファンドが必ず儲かるわけではありません。 長期にわたってインデックスファンドを上回るリターンを生み出しているアク …

“夢のマイホーム” みんなはいつごろ買ってるの?

いつかは手に入れたい“夢のマイホーム” 漠然とでもそう考えている人は少なくないでしょう。 ですが、具体的に購入を考えていない人たちは、 マイホームってどのタイミングが買い時なのか? みんなはいつごろ買 …

【申請すればもらえるお金】病気やケガをしたら公的制度の確認を!

病気やケガの治療はなにかとお金がかかるもの。重い病気や大きなケガ、長期の入院となればなおさらです。 万が一の出費に備えて医療保険に入っている方も多いと思いますが、医療費に対しては税額控除や給付金がもら …

資産形成の基礎はインデックスファンドを活用しよう

なんのために投資信託を購入するのか。目的をきちんと考えているでしょうか。 実際に投資を始めると、つい「どんな投資スタイルが有利か」「どの投信が儲かるのか」などに興味が向きがちです。 それが一概に悪いと …