新しい働き方「フリーランス」増加中◆経済規模と平均年収UPの理由

投稿日:2019-08-02 更新日:

新しい働き方フリーランス増加経済規模平均年収アップ理由

ここ数年でよく耳にするようになったフリーランスという働き方。

今では、フリーランス人口も増え、経済規模も大きくなってきているといいます。

また、フリーランスとして働く人の平均年収も増えているそうです。

そんな話を聞けば、「フリーランスの働き方に興味が出てきた」なんて考える人もいるのではないでしょうか?

フリーランスに見られる4つのタイプ

新しい働き方フリーランス4タイプ

フリーランスには以下のように様々なタイプがあります。

  • すき間ワーカー:会社勤めをしながら、すき間時間で副業をする人
  • パラレルワーカー:複数の会社から仕事を受ける働き方をする人
  • 独立系ワーカー:個人で会社・店舗を経営している人
  • 自由業系ワーカー:雇用先を持たず、個人で仕事をもらう人

この中でも、最近ではパラレルワーカーとして働く人が急増しています。

収入を増やすために複数の会社と取引するのは合理的ですし、どこか一社との取引がなくなっても収入がゼロになることがない、安心な働き方です。

フリーランス人口はなんと1,119万人!

新しい働き方フリーランス人口1119マン人

ここで、クラウドソーシングのプラットフォームであるLancersを運営している株式会社ランサーズが2018年4月4日に発表した『フリーランス実態調査』結果を紹介しましょう。

日本においてフリーランスとして働く人は1,119万人(2018年2月13日~15日に調査。有効回答数3,096人)。4年前は913万人だったというのですから、驚異的な伸び率です。

経済効果も20兆円超え。2017年度に比べて約8%増加しています。

日本に比べ、働き方が比較的自由なアメリカの調査では、2027年には、会社に属する働き方よりもフリーランスとして働く人のほうが増えるという結果も出ているとか。

フリーランスという働き方に魅力を感じる人が増えているのでしょう。

フリーランスの魅力とは?

新しい働き方フリーランス魅力

真っ先に思い浮かぶのは自由であるということでしょうか。

それも確かに魅力的な部分ですが、多くのフリーランスの人が口にするのは、「自分の能力を活かせる喜び」です。

会社に雇用されて働くよりもダイレクトに感じられる喜びに、満足感を味わえるようです。

ただ、フリーランスって稼げるのでしょうか? 収入は不安定ではないのでしょうか?

フリーランスの平均報酬は186万円

新しい働き方フリーランス平均報酬少ない伸び率収入不安定

こちらの数字も、株式会社ランサーズが2018年4月4日に発表した『フリーランス実態調査』結果によって明らかになったものです。

年収186万円と聞くと「少ない」と感じるかもしれませんね。

ですが、注目は伸び率。実は、2017年の調査時に比べると12%ほど増加しているのです。

これは、社会の中でフリーランスとして働く人が評価され始め、必要とされるようになってきたということではないでしょうか。

フリーランスは、会社勤めに比べると収入は低くなりがち。また、必ず仕事があるかといえばそうとはいえないので、不安定です。

ですが一方で、最近ではネット上で、仕事を依頼したり受注したりするような場所(クラウドソージング)もあり、フリーランスとして働きやすい環境が整い始めています。

働き方は「これ」と決まっているわけではありません。

フリーランスとして働くことも考えてみるのもいいかもしれませんね。

黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。


無料占い達川

関連記事

【よその家のお金事情】「家計資産」の平均は◯千万円超!?

他人の懐事情や生活レベルを気にしても仕方がないとはわかっていても、やはり気になるもの。 とはいえ、どんなに仲が良くても、友人や同僚とお金の話はなかなかできませんよね? 「聞きたいけど聞けない…」そんな …

【老後が不安すぎる】40代独身女性の貯金切り崩し生活

【老後が不安すぎる】40代独身女性の貯金切り崩し生活

今回の相談者:未婚40歳おひとりさま女子さん わたしは未婚で40歳。おひとりさま女子です。 このまま結婚せず、定年(65歳)まで働いたとして、女性の平均寿命とされる約85歳まで年金で足りるでしょうか? …

「つみたてNISA」と一緒にiDeCo(個人型確定拠出年金)の活用を!

前回まで「つみたてNISA」の解説をしてきました。 つみたてNISAが持つ利点はご理解いただけたかと思います。 今回からiDeCo(個人型確定拠出年金)について説明していきます。つみたてNISAと一緒 …

密かな人気!個人向け国債の魅力

超低金利時代が長く続き、銀行の普通預金は年利約0.01%、定期預金でも約0.1%です。100万円を1年間預けたとしても普通預金では100円、定期預金でも1000円しか利息がつきません(いずれも税引前) …

投資先を分散させると、どうしてリスクは低くなるのか

分散投資はリスクを低減するための有効な手段の一つだ、と前回書きました。 今回はその理由について少し説明していきます。基本の考え方がわかれば、その後自分なりに応用していくことも可能になってくると思います …