子育て 教育・制度

【実態調査】PTA・保護者会ってどう思いますか?

投稿日:2019-02-20 更新日:

PTA役員決め人間関係悩み
新年度を迎えると毎年やってくるのが保護者会、PTAなどの役員・係決めですよね。

じゃんけん、くじ引き、お子さんに1人につき必ず回、ポイント制など各園や学校ごとに独自のルールがあり、選出にも親の苦労があります…。

共働き世帯も増えてきて、役員や係になっても活動する時間が全くとれないことから、保護者会を設けないなんてところもあるようです。

以前、タレントの菊池桃子さんが、

「PTAは任意参加なのに全員参加することが暗黙の了解となっているケースが多い」

と発言されたように、PTAに半ば強制的に加入させられることに疑問を持つ声もあがっていますよね。

毎回、このPTA・保護者会を決める時期はモヤモヤするという声も…。

姉妹サイト「ママニティ」の読者のみなさんにアンケートを実施しました。

Q,PTA・保護者会ってどう思いますか?

PTA役員決め人間関係悩み
めんどくさい・なくしほしい 169人
できればやりたくない 171人
子と親の交流のために必要 58人

「PTA活動はめんどくさい・なくしてほしい!できればやりたくない!」

と答えたママは約85%!やはりそれだけ負担は大きいのでしょうか。ご意見もご紹介します。

PTAは負担が大きすぎる!

PTA役員決め人間関係悩み

私は子供が三人います。毎年役員が回ってきます。集まりが平日昼間が多いので正直きついですね。
役員を強制でやらされるのが嫌。仕事をしているので、せっかくの休みを潰されて辛い。
親のストレスの種。無くして欲しい。
正直めんどくさいです。PTAも入らなくて気まずい思いをしないなら、入りたくないです。

PTAは悪いものではないが内容が問題

PTA役員決め人間関係悩み

PTAは悪いものではないと思います。活動内容が昔のままなのが悪いのだと思います。共働きが増えた今は、働いている人も無理なく参加できる内容にするべきだと思います。
本当に子供のためになっているのなら協力したいと思う。でも、ほとんどの行事は一部の人達の自己満足、そして無駄話等の時間の無駄、研修会と言う名の飲み会による無駄遣い…。 やるならば、体験行事の少ない学年のときに、その学年の親たちで持ち物を決めて精算ナシでやればいいのでは?ベルマークだって回収方法を工夫すれば子供にある程度任せられると思うのです。中身の薄い広報誌に上質の紙を使うくらいなら、そのお金で、いつもわら半紙でうつりの悪い写真を載せるしかない学校便りへまわしてほしい。 お金も時間も有意義に使って、子供たちのお手本になるような活動をするのならば、文句もそこまででないのでは? 改善できないのなら、やはりなくしたほうがいいと思います。
四柱推命

たくさんご意見がありましたが、PTAの問題は活動の内容とその負担が大きいことのようですね。

働くママが増えた現代、わざわざ学校で集まらなくてもgoogleドキュメントなどWEB上で情報を共有したり、LINEでやりとりするなど、今後は負担を少なくしていく工夫が必要なのかもしれません。

しかし、PTA活動を通して学校や子どもたちと密に関わることで、家では見えない子どもの様子を見ることが出来るのもメリットだと思います。

子どもはアッと言う間に大きくなって、親から離れて行ってしまいます。

この貴重な時間を一緒に共有できるのも今だけ…と思うと、心の負担も少しは軽くなるのかもしれません。


編集:35style
出典:ママニティ


無料占い達川

-子育て, 教育・制度
-

関連記事

9歳女児が卵巣摘出⇒冷凍保存。15年後、無事出産!

突然、「子供が産めないかもしれない」と言われたら… 女性であれば、『いつか』妊娠できると思っている方がほとんではないでしょうか。 しかし、重い病気にかかったことで医師から「将来子どもが産め …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

子供の癇癪(かんしゃく)に意外な理由が?

泣いたり、足をバタバタさせたり、叫び声を上げたり…。 2歳~4歳の子どもによくあることとはいえ、癇癪(かんしゃく)が治まらずに困ってしまうママも多いのではないでしょうか。 子供の癇癪(かんしゃく)はな …

子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?

子どもに頼るママ。 何事も完璧なママ。 私はそんな2人に出会ったことがあります。みなさんは、どちらのママですか? まゆみさんの過去の記事はこちら ママが子どもの先回りをして完璧にこなした結果 数年前、 …

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」 「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」 子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。 家族が一番。 子ども …