【第9回】家庭を持ってからの悩みをどう発散していくかということ

投稿日:2020-09-13 更新日:

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。
ステップファミリー再婚離婚経験結婚相談所世田谷

わたしは仲人であり家族を作るお手伝いをする仕事をしていますが、そこからの延長で、家族を作ってからの夫婦の悩みや家庭の中の悩みの相談役もできたらいいなと思っています。

結局はそこからが人生とても長く、色んな事が起きます。結婚生活は婚活期間より100倍大変だと思っています(笑)

結婚してから長く続く夫婦生活。結婚生活は婚活期間より100倍大変!?


カフェでもいろんな方から日々お悩みを聞く事が多く、大したアドバイスができなくても、聞いて共感するという時間を大切にしています。

私自身も勉強になるし、参考にしたいなというお話も沢山。

人は話を聞いてもらう事でストレスはだいぶ緩和されるそうで、あるデータでは9割解決されるとの記載もありました。

話すことで、自分の気持ちを自分自身が理解し、解決策が自分の中で見えてくるそうです。

結局は人からの意見より自分の気持ちで解決できることが多いそうですが、それにまず大事なのは「声に出して話す」ということだそうです。

海外ではとっても身近に「カウンセラー」という存在があります。
カウンセリングに言って話し、そして考える時間を持つ。

夫婦で行く方もとても多いですが、日本ではまだ身近ではないし、気持ちをオープンにするというのが日本人は苦手だったりもするのでなかなか浸透しにくいかもしれません。

気楽に話してすっきりできる友人にちょこちょこ会って話せれば、あまり溜め込まずにどんどん消化していけるのかもしれません。

しかし話すのが苦手な人、もしくは話せないような内容だったりする事ばかりの人はどんどん溜まっていき、ストレスがそう簡単には発散できなくなります。

そうなると家庭でも常に笑顔がなくてむすっとしたり暗い表情になってしまったり、すぐに怒ってしまったり、食べる飲むに走って体調を崩したり、体系の変化が出てきてそれがまたどんどん余計ストレスになってしまったり。。。

もう悪循環が止まらなくなります。

そうなると余計に夫婦の関係もピリピリと・・・もはや笑顔で旦那さんとハグしたりキスしたりなんてお互いする気にならないし。。。。また新しい問題も発生しそうです。

夫婦の問題だけどもう万年化していて話し合うができない。相手を変える事もできない。期待もできない。

だからもうどうしようもないの!っていう気持ちで生活したら本当に現状のままだし、もしかしたら離婚というキーワードも頭に浮かぶようになってきます。

少し気持ちを誰かに話す。できなかったら書き出してみる。
もしよかったら実験してみてください。

こんな私でよかったらいつでもお話し聞けます。
カフェにきていただいても、インスタグラムからのDMでも、なんでも。

解決策は出せないかもしれないですが、聞くことはできるので。

自粛が解除され、元の生活に戻り始めたことによるストレスや疲れ、コロナ離婚といわれるほど「離婚」という言葉が今よく特集されていますが、せっかく家族になったし、なにか良い解決があればなと思うこの頃です。

もちろん場合によっては無理やり家族を続ける必要はないですが、解決できる場合もあるのではないかなと思っています。

いつも読んでくださってありがとうございます。
世田谷区役所の近くにカフェがあるので、お近くにお立ち寄りの際は、是非遊びに来てくださいね♪

-ライフスタイル, 恋愛
-, ,

この記事を書いたライター
戸村真琴
プロの歌手を目指して20歳で上京。夢破れ24歳で結婚し母になり、結婚の良さや家族のカタチもわからないままに28歳で離婚。シングルマザーに。

結婚って本当に最高!と心から思えたのは、今のパートナーに出会い子連れで結婚をして新しい家族になった瞬間。

血の繋がらないステップファミリーという家族のカタチ。

普通の結婚も普通じゃない結婚も、どちらも経験したからこそお伝えできる家族の豊かさやあたたかさがわたしにはあります。

世田谷でカフェも経営しています。
美味しいコーヒー を淹れますのでまずは気軽に会いに来てください。

関連記事

性生活アドバイザーが語る夫婦のセックスにまつわる“ここだけの話”

はじめまして。OLIVIA(オリビア)です。 私は、ラブライフ・アドバイザーという肩書で、20代の学生から50代のお孫さんのいる既婚者までの幅広い年代の男女のお悩みにアドバイスしています。 「ラブライ …

寝不足ママのために、短時間でも睡眠の質を上げる方法

あなたは十分な睡眠時間を確保できていますか?翌朝スッキリ目覚めていますか? 子育て中の家庭は、赤ちゃんの夜泣きや授乳でまとまった睡眠時間が確保できない、なんてこともありますよね。 睡眠時間が不足すると …

【子どもの視力】もしかして見えてない?長女の目の異変~斜視と近視~

現在10歳の長女は、3歳の時に「斜視」と「近視」があることがわかりました。「テレビの見方がおかしい」とはじめて感じたのは長女が2歳の頃。 その後、3歳児健診を受けて異常が発覚、そこから眼鏡を作るまでの …

ヤバい!住むだけでストレスが倍増する家の特徴3つとは?

毎日頑張る女性にとって、ホッと一息つくことができる場所といえば自宅です。 しかし…… 自宅にいても何だか落ち着かない そう思うなら要注意! 実はその家、自然とストレスが倍増する状況になっているのかもし …

夫婦生活マンネリ化で仮面夫婦に……仲良し夫婦の秘訣とは?

「好き」「いつも一緒にいたい」 そんな気持ちがあったらか結婚したはずなのに、今の夫婦生活は……。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から、マンネリ化した夫婦生活に関するお悩み&先輩 …