赤ちゃんの寝返りに潜む窒息死の危険はコレで解決!

投稿日:2021-05-10 更新日:

以前、うつぶせ寝をしていた4か月の娘さんが窒息死したというニュースを見ました。

やっと寝返りが出来るようになった頃の窒息死だったようです。

お母さんが発見した時、娘さんの肌は紫黒くなり、手は万歳の状態で、強く拳を握りしめていたそうです。

娘さんが寝ていたのはリビングに置かれたベビーベッド。

娘さんがひとりでリビングで寝るのは可哀想だと、両親どちらかが近くで眠るようにしていたそうです。

娘さんの異変に気付いたのは、早朝、娘さんにミクルをあげようとした時。

その日、そばに寝ていたお父さんは「同じ部屋に一緒にいたのに気づかなかった」とコメントしていました。

言葉に出来ない気持ちだったことでしょう。

私も自分の身に同じようなことが起きたら…と思うと、言葉には出来ない悲しみが襲ってきます。

赤ちゃんの寝返りに潜む3つの危険性

1:窒息の可能性

布団が柔らかすぎたり顔の近くにクッションなどがあったりすると、寝返りをした時に、そこに顔が埋まってしまって窒息する可能性があります。

2:吐き戻しの可能性

大人でも食後にすぐ運動をすると気持ち悪くなりますが、赤ちゃんにとっての寝返りは激しい運動と一緒<です。 そのため、ミルクや母乳を与えてすぐに寝返りをすると吐き戻してしまう可能性があります。 また、吐いたものが喉に詰まり窒息にいたる可能性もあるので、授乳後すぐに寝返りをしないように見守ってあげることも大切です。

3:落下する可能性

うちの息子はベッドから何度か落下したことがあります。

大人のベッドだしスペースが広いので落ちることはないだろうと思っていたのですが、寝返りを繰り返した結果、落下したのです。

下が柔らかければ大事には至らないかもしれませんが、地面が固かったり物が置かれていたりすると怪我をする可能性があります。

高いところに寝かせない、あるいは必ず柵をつけるなどの対策が必要です。

我が子を危険から守る方法とは?

せっかくの赤ちゃんの成長を「危険!危険!」と言っているだけでは子育てが始まりません。

我が子が安全に成長できるよう、寝返りに潜む3つの危険性を防止する策を講じましょう。

対策1:バスタオルの活用

寝返り防止グッズを買うのも良いですが、身近にあるバスタオルが防止策として役立ちます。

使い方も簡単。

バスタオルを敷き、中央に赤ちゃんを寝かせ、そのバスタオルの両端を内側にくるくる丸めていくだけです。

赤ちゃんの両脇にタオルの丸太ができ、即席の寝返り防止クッションになります。

しっかりと巻き込んでいれば赤ちゃんが動けませんし、タオルに顔が埋まるようなこともありません。

対策2:赤ちゃんの近くに物を置かない

赤ちゃんの顔の周りには、寝返りをしたときに顔をふさぐようなものを置かないようにしましょう。

特に

  • 布団

といった、やわらかいものです。

赤ちゃんは顔が埋まってしまうと自分で払いのけることができません。

就寝前には危険性のあるものが近くにないか確認する癖をつけましょう。

赤ちゃんは寝返り・お座り・ずりばい・ハイハイと、できることが増えていきます。

寝返りに限らず、新しくできることが増えたら可能な限り、リスクを抑えましょう。

そして、我が子の成長を楽しんでくださいね。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

私が体験したご近所トラブル~騒音・境界線・ゴミ出し・ペット~

ご近所さんとは上手におつきあいしていますか? おうち時間が増えた今、近隣住民の騒音やマナーなどが原因でトラブルが増加していると聞きます。 私自身も都内の借家に住んでいますが、ご近所さんとは顔を合わせれ …

真弓定夫 映画 現在 小児科医

クスリも注射も使わない小児科医・真弓定夫先生から学ぶ !~自然治癒力をあげる子どもの育て方とは?~

菌を殺す抗生物質を、なんでもすぐに処方する医者が多い日本。 そんな中、「医者が病気を治すのではない。自然治癒力を高めるのが医者の役目」という真弓定夫先生のドキュ メンタリー映画「蘇れ生命(いのち)の力 …

骨盤ベルトと骨盤矯正、どっちが良いのか試してみた!

産後は骨盤の開きとゆがみが発生し、腰痛や尿漏れの原因になるという話を聞いた事ある方は多いと思います。 また、骨盤がゆるんでいると痩せづらいとか、いろんな噂がママたちの間で話題になっていますよね。 私も …

生きる力が低下している!?ちょうちょ結びが出来ない子供たち

私の知り合いに、社会人になるまで「ちょうちょ結び」ができなかったという人がいます。 会社で資料をひもでとじるように言われて初めて、練習したそうです。 それを聞いた時は思わず目が点になってしまいましたが …

高齢出産リスク体験談

【実態調査】先輩ママが教える!高齢出産メリット・デメリット<アンケート結果発表>

「高齢出産」と呼ばれるのは何歳からかご存知でしょうか。 日本産科婦人科学会によると高齢出産とは、35歳以上の初産婦(高齢出産(高年初産))と定義されています。 近年、芸能人でも高齢出産での妊娠を公表す …