【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

投稿日:2018-05-06 更新日:

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…
遠足、行楽シーズン、運動会…

「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。
子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。

親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情なのではないでしょうか。
今回は涙なしでは読むことが出来ない、

両手が不自由なお母さんが息子の為に作り続けたお弁当のお話」

をご紹介いたします。

母が無理して作った「見た目の悪い」お弁当

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
なので料理は基本的に父が作っていた。

ただ、遠足などで弁当がいる時は、母さんが頑張って作ってくれていた。
でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を見られるのが嫌で、とうとう

「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」

と言ってしまった。
母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった。”

段々と見た目も味も良くなってきたその時…

“時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。

しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。
それは遠足の時に作ってくれたものとは、見た目も味も段違いに良くなっていた。

不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。
と、思ったのもつかの間。 肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。”

母の死後、父から聞いた「真実」とは…

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

“弁当を作り始めてから3ヶ月しか経たない内に。

母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺の為に、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい

そして後日、その定食屋に行って見た。
定食屋の人と俺は直接、関わりは無いけれど、優しそうな人だった。

そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。
それの定食を頼んだ。

そして、それを口にしたとたん、涙がこぼれてきた。

たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。

形は悪いけど、ずっと忘れないハンバーグの味

腕がまともに動かせないのに、頑張って作ってくれた、あのハンバーグの味。
形は少し不細工だったけど、とても美味しかった、あの、ハンバーグの味。

母さんの弁当はもう食べられない。
でもこうしてそっくりな味のハンバーグを出してくれる定食屋があるのだ。

だから「あの味」を忘れずにすむ。
母さんが懐かしくなると俺はいまでもこの定食屋に来るのだ。”

お母さんは、自分の死期が近いことを感じていたのかもしれませんね。
いつも見た目の悪いお弁当に申し訳ないと思った母が、最後になんとか挽回して息子の記憶へと残してあげたかったのでしょう。

この「ハンバーグ」の味はまさにおふくろの味ですね。

出典:泣ける話 – 母さんのハンバーグ 【おふくろの味】


ゆーみん
結婚5年目のぐうたら主婦ライター。「面倒なことがとにかくキライ」をモットーに くらし・料理・美容にまつわる便利・時短ワザをご紹介。 一方で妊活・子育てに関する情報もじんわり発信していきます。


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

関連記事

【第4話】コロナで緊急事態宣言が出されても…

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 当たり前ですが365日を淡々と過ごすって簡単なようでとても大変なことだと思います。 特に今はコロナウイルスの影響で普通の生活 …

「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」 「妹にばかり甘い!」 弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。 一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃え …

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …

【朝の支度が遅い】ADHDやアスペルガー症候群の「過集中」が原因かも?

子どもの支度が遅い、と悩んだことはありませんか? 保育園や幼稚園、小学校の登校前やおでかけの時など、支度が遅くなかなか準備が進まない…。 遅刻しては困りますし、その様子を見ている親もだんだ …

男の子女の子育て方違い

秘密は脳の発達の順序の違い!男の子と女の子の育て方はこうも違う

一般的に、女の子のほうが育てやすく、男の子の育児は手こずる……と言われていますが、それは育児を担う母親目線での話なのかもしれません。 なぜなら、男性と女性とでは、脳の構造に大きな差異があるからです。 …