イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは

投稿日:2021-04-25 更新日:

イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは
待望の我が子が産まれ、夢のような毎日を想像していたけど……。
現実はそう上手くいかず、可愛いはずの我が子にストレスを感じてしまう。

そんなママが、ほとんどだと思います。

自分を責めなくても大丈夫です。
「ストレスを感じる=良くない母」ではありません。

ほぼ100%に近いママが何らかのストレスと毎日戦いながら育児をしていると思います。

パパに八つ当たりしたり過食になったりするママもいます。

一人で泣くママも少なくありません。

ママはなぜ、こんなにもストレスをため込んでしまうのでしょうか。

そこには5つの理由<があるのです。

産後うつや育児ストレスの原因5つとは

イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは

育児ストレスの原因1:思い通りにならない

赤ちゃんは大人の言ってることなど理解できず、自分のやりたいように過ごすのが日課です。

この時期のママは、一日中赤ちゃんのために時間を費やします。

ママの予定に合わせて、準備してくれると助かるのですが、そうではないのが赤ちゃん。
だって、赤ちゃんはひとりの人間。意思があるのですから。ママの思い通りになんていきません。

お出かけの時にタイミング悪く「う●ち」が出るなんてことも幼い時の「あるある話」です。

2:育児書や他の子と比べてしまう

子育てには正解はありません。

10人赤ちゃんがいれば10人の性格があり、成長があります。

我が子を育児書や他の子と比べてしまっては、「あれ?なんで違うのだろう。私の育て方が原因かな?」と自分の育児に自信を失いかねません。

3:固定観念にとらわれる

「●●でなければならない」という思いにとらわれたりしていませんか?

例えば「専業主婦だから全て家事をこなさなければいけない」「完全母乳で育てなければならない」「赤ちゃんの育ちが悪くなるのは親が原因」など。

あまり「●●が絶対」と思い過ぎてしまうと、ストレスはもちろん、健康にも悪影響を及ぼしてします。

4:夜泣き

うちの娘は5歳まで夜泣きをしました。
1時間~2時間おきに泣く毎日。

こんな状態が5年も続くと、私は寝不足と疲れでイライラしてしまいました。

5:余裕がない

今まで挙げてきたようなことが続くと、やはりママ自身に余裕がなくなってしまい、ストレスを抱え込みやすくなります。

頑張り過ぎです!

イライラ爆発寸前!育児ストレス5つの原因とは
育児ストレスを抱えてるママほど、真面目で、責任感が強く、赤ちゃん好きな人が多いです。

その思いがあるからこそ、ひとりで悩みを抱え込み、ストレス過多に繋がります。

しかし、ひとつでも考え方を変えると、今までストレスだと思っていたことが「子育ての大きなやりがい」に変わることがあります。

これからも、色々と試行錯誤してみましょう。

うまくいけば一つの知恵になります。
うまくいかなった時は諦めてしまいましょう。

そのくらいの潔さがあると、案外うまくいくかもしれません。

自分も赤ちゃんも成長できるチャンスです。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

子どもに頼るママと完璧なママ。子どもにとって、どっちが良いママ?

子どもに頼るママ。 何事も完璧なママ。 私はそんな2人に出会ったことがあります。みなさんは、どちらのママですか? ママが子どもの先回りをして完璧にこなした結果 数年前、なんでも完璧にやってくれるママに …

子育てのヒントは子どもがよく言う「●●」という言葉にある!

子どもが最もよく言う言葉って何だと思いますか? 子どもが幼ければ、幼いほど、この言葉を発していると思います。 答えは… ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 「見て」です。 言葉にすることの …

Q,シミやシワを隠そうと厚化粧に…なんだか顔がゴワついている。

アラサー、アラフォー、アラフィフと年齢を重ねるにつれ、 「顔のシミやくすみ、目の下のクマが気になる!」 「顔がゴワついていて、ツヤ感がない!」 という方も多いのではないでしょうか。 今回はダレノガレ明 …

「褒めて育てる」で育った子は嘘つきになる?

褒めて育てる。 何年も前から耳にする機会の多い育児法です。 褒めて育てると自尊心が育ち、自信に満ち溢れ、意欲的な子どもに成長していく。 …と思うかもしれませんが、なんでもかんでも褒めて育てる育児は叱り …

SNSでも絶大な人気!若者の救世主!志茂田景樹さんインタビュー

派手なファッションに身を包み、Twitterでの人生相談や名言が若者の間でも話題となっている志茂田景樹さん。 1980年『黄色い牙』で直木賞を受賞した作家が、どのように育てられ、どんな子育てをしてきた …