私はモンスターペアレント…? 保育園の対応にどこまで言う?

投稿日:2021-04-10 更新日:

保育園や幼稚園に不満があっても、モンスターペアレントだと思われることを恐れて、言いたいことを言えないママも多いよう。
そこで今回はママから寄せられたモンスターペアレントについての質問をピックアップ!

今回の質問はコチラ!

保育園の対応が気になります。でも……

二歳1ヶ月の娘が、保育園でおむつを一回も変えてもらえず、おむつがパンパンになって帰ってきました。

うちに帰ってきてからすぐ取り替えましたが、こういう事がこれが初めてではないんです。以前にもあり、その都度伝えてはいませんが、1ヶ月に1~2回は必ずあります。昨日久しぶりに伝えたところ、先生は「見てはいるんですが、タイミングが合わないだけ」と言われました。

確かに娘はお茶を飲みたがらず、おしっこの間隔が長いと思いますが、一日一回は保育園で取り替えて、汚れた紙パンツを持ち帰っていました。たぶん午後のおむつを変えるタイミングを忘れ去られたのかなと思います。

また、昨日は見覚えのないズボンを履いて帰ってきました。どうやら他の子と間違えて、履かせられたみたいなんです。さすがに先生に伝えて、娘のズボンを捜索中です。

ズボンの事は仕方がないとしても、おむつの事は、みなさんなら都度先生に伝えますか?あまり言うとモンスターペアレントみたいに思われるかな?とか、娘が先生に意地悪されないかな?とかいろいろ考えてしまい、もやもやします。

みなさんは保育園にどこまで伝えてますか?私はモンスターでしょうか?

みんなの回答

ちょっと、保育がずさんな気が…

2才過ぎると、排尿間隔が開いてくる子もいるでしょうが、お昼寝明けや、お迎え時のオムツチェックは、していただきたいですね。

帰る時に、すでにオムツが汚れているなら、引き取る前に先生に替えてもらうようにしたら、いかがですか?

保育園に言っても全然大丈夫!

モンスターなんかじゃないと思いますよ(*^^*)

モンスターかどうかは…

話し方や態度によって受け止められ方が変わると思います。

日中は保育園で過ごす訳ですから、子供が嫌な思いやとばっちりを受けないようにしてあげたいですね…

娘を育てつつ保育士をしている者です。

普通の園では決まった時間に代えるはずなので、パンパンになるほどなのは見てないからか…とも思ってしまいました。

あまりに続くようなら園長に直接話してもよいかと。第三者委員というものも園によってはありますよ。

以上、寄せられている回答の中から、いくつかピックアップしてみました。

今回の質問について、みなさんはどのように思いますか?
回答の多くは「保育園に話してみては?」「モンスターではない」といったものでした。

ママと保育園との間で、預けている大切なお子さんにとって少しでもプラスになるような解決方法が見つかるといいですね。

出典:ママニティ おしえてママニティより

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

Q,マスターベーションする8歳の娘。異常ですか?

隠れてオマタを触る娘…。親としては少し受け入れがたいものですよね。 オマタへの興味は成長の証ですが、ばい菌が入ったりなどトラブルがあっては困ります。 親としてはどのように対応すれば良いので …

夫婦同寝で制約増加

新婚初夜のすれ違いトラブル。妻が家出。夫は・・・。

私は、二週間という超スピード婚でした。そんな新婚初日のお話です。 入籍した日は嬉しくて、ウキウキの止まらない私は、昼間から手の込んだ料理を作り始めた所からスタートします。 自分の気持ちを押し付け過ぎた …

【第10回】結局、結婚とは良いものなのか

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 仲人という仕事をしてる中でよく相談に来てくださる方に聞かれるのが「結婚っていいものですか?」という質問。 わたしはいつもこう答えていま …

あなたは旦那との相性に”しっくり”きていますか?

みなさんは、結婚相手との相性は良いと感じていますか? 中には新婚当初から、ずっと仲良しの夫婦もいれば、夫婦仲が悪化して、結婚を後悔する夫婦もいることでしょう。 でも離婚をしたり、険悪な雰囲気で結婚生活 …

ママ友悪口陰口トラブル人間関係対処法

知らないところで悪口・陰口を広めてしまうママ友の心理とその対処法とは?

子どもを産む前は「ママ友つきあい怖い!」と思っていましたが、実際に足をつっこんでみるとそれほど怖いことはなく、穏やかな幼稚園ライフを送り始めることができました。 でも、災いは忘れた頃にやってくるようで …