ワンオペ・夕飯づくりの戦場を解消したのはあのサービス!

投稿日:2021-05-11 更新日:


子どもが小さい頃は「早く大きくならないかな。きっと楽になる。」そんな風に思っていました。
ですが、実際子どもたちが大きくなってみれば楽になる事はなく、子どもの成長と共に、別の悩みが増えます。
結局ママは日々の生活と育児に追われて、バタバタを忙しく過ごすしていくのです。

ある日、パパが帰宅した時、家が片付いてない事があり「なんだか安らげない」と言われた事があります。ショックでした。

だって、子どもは片づけた側からドンドン出していくし、夕食の準備あるし、パパの帰宅時間が迫ってくるし、夕方は、主婦にとっては戦場です。

そんな努力を知る事もなく「安らげない」ってどういう事?怒り爆発の私です。(夕方の家が綺麗である事を期待するな!と声を大にして言いたい!)

一番大切なものを守るために出来る事


ある日、共働きのママ友とバッタリ会いました。私なら買い物袋に、子ども二人なんて、かなり必死だと思うのですが、彼女はなんだか綺麗だったのです。心に余裕があるというか、「あれ?何が違うのだろう?」単純に疑問が湧きました。

聞いてみると、パパは平日23時頃子どもが就寝した後に帰宅。朝は7時に出勤。ほぼワンオペ状態だったそうです。男の子二人の育児は、想像以上に元気で過激で、体力もくたくただったと言います。ですが、ある事をきっかけに、彼女の生活は一変したそうです。

シルバー人材センターを活用!

それは、シルバー人材センター。高齢者が就業と社会奉仕等を通じて、生きがいの充実と社会参加を促進し、活力ある地域社会づくりに貢献することを目的とする組織。要するに、経験豊富なお年寄りが、自分達の技術や力を貸してくれるのです。


(※実際の写真ではありません。イメージです。)
彼女は、週に2日の夕食づくりと掃除をお願いしたそうです。

夕食は、家庭的なものを中心に作ってくれ、更に、翌日のおかずの作り置き。

それと、家の掃除をお願いしているようです。これが、本当に心も体も楽になったそうで、何より、イライラせずに子ども達と向き合い、充実した時間が増えた事にとても満足しているそうです。

落ち着いて遊べる時間が出来た事で、子ども達の心も落ち着てきたのか、兄弟喧嘩も少なくなったと話してくれました。

最初は、他人に家の事をお願いする事への罪悪感があったようですが、パパとも話をし「一番大切なのは子ども達」であるという事を再認識し、思い切ってお願いしたそうです。

「お金はかかるけど、お金では買えない大切なものを失わずに済んだ。本当にお願いして良かった。」とニコニコ笑顔の彼女をみて、何もひとりで抱え込む必要もないし、その手伝いを忙しいパパにお願いする必要もなく、力のある人に助けて貰えば良いのだなと思いました。

そして、お年寄りは、自分達の技術や力が、また誰かのために貢献できる喜びを持つ。それを考えると、外部にお願いするのも良い事なのだなと思います。

子育てのツライは一人で抱え込まない。これ鉄則ですね。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

スマホゲーム子ども影響時間

ゲーム・スマホの使い過ぎは勉強効果を打ち消す!?成績が上がる使用時間とは?

今はゲームや動画配信サイト、スマホやタブレットなど、子ども達の楽しみが多様化してきています。 特に小学生でも高学年になると、ゲームを持っていないとお友達とのコミュニケーションがスムーズにいかないという …

ママ友悪口陰口トラブル人間関係対処法

知らないところで悪口・陰口を広めてしまうママ友の心理とその対処法とは?

子どもを産む前は「ママ友つきあい怖い!」と思っていましたが、実際に足をつっこんでみるとそれほど怖いことはなく、穏やかな幼稚園ライフを送り始めることができました。 でも、災いは忘れた頃にやってくるようで …

年末年始NG行動やってはいけないこと開運風水

意外と多い!年末年始にやってはいけないこと12選

年の瀬が近づいてきましたね。 年末年始は掃除や買い出しなどやることが多く、さらには子供が冬休みで、気が休まる暇もありません。 そんな年末年始、運気を上げるために、お正月(三が日)や大晦日などにやらなき …

離婚カウントダウン崩壊寸前の夫婦の兆候

離婚までのカウントダウン【崩壊寸前の夫婦】離婚の兆候とは?

離婚をしたカップルに対して「やっぱり」と感じることってありませんか? 自分ではない、ほかの夫婦の離婚はそうやって予測ができるのに、なぜか自分のこととなると、その兆候を見落としがち……なんてことは珍しく …

本に興味を持つ子どもにするには?

実は私は、本を読む子どもではありませんでした。 今でも本はあまり読みません。 ただ、ネットの活字を読むのは好きです。 理由を考えてみたら、「ネットは面白い」「いろんな情報がある。」という事を、自分自身 …