女の子の8歳からのプチ反抗期は育て方を変えてみよう!

投稿日:2021-07-20 更新日:

8歳女の子ギャングエイジ反抗期
8歳といえば、プチ反抗期。今まで、ママの話をよく聞いてくれていたけど、ある日突然の意志発動に、驚き戸惑うママの多いはず。

でも大丈夫。少し関わり方を変えれば、そのプチ反抗期も、これからの未来に良い成長に繋がるのです。

女の子の8歳反抗期は社会性を育てるため

「女の子は育てやすい」と良く言われます。

確かに、男の子の予想外の行動より、自分の想像範囲内での行動で、また、女の子は言われたことを素直に受け入れ、集中して物事に取り組む傾向があるとも言われています。

男の子より気持ちの切り替えや立ち直りが早いのも特徴だと言われています。

8歳頃になると「ギャングエイジ」と呼ばれる反抗期に突入します。

これは社会性を大きく身に付けるための反抗期です。子ども達は、学校などで、お友達との関係を良くしようと一生懸命努力します。

ですが、まだまだ子どもです。一生懸命に頑張った心は、どこかで発散を求め、甘えられる関係である家族、特に母親に反抗をし、自分の心のバランスを保とうとするようです。

女の子の生き方のお手本はママ

女の子のママ生き方お手本
男の子は、わからなくて当然だと思っているので、自然に親子のちょうどいい距離ができていたのですが、女の子の場合は、「娘の気持ちは、同性である母親の私が一番よくわかっている」と思ってしまいます。

ですが、それは思い込みです。

もしかしたら、同じような経験された方もいるのではないでしょうか。

「お母さんは、〇〇になりたかったのよね。きっとあなたに向いていると思う。」と、母の叶えなかった夢を聞き、勝手に、それを実現しようとした事もありました。

母親に「自分を受け入れてもらいたい。」いう気持ちを持ち、期待に応えるように頑張ってしまっていたように思えます。

それを改めて見つめなおす時が、8歳頃の反抗時期です。

女の子は、同性である母親をモデルとして成長していきます。

母親が毎日楽しく過ごしている姿を見て育った娘は、日々の楽しみ方を見つけるのが上手に成長します。

逆に、退屈そうで愚痴が多い母親のもとでは、物事をネガティブに捉えがちになっていきます。

子どもがプチ反抗期になったら、まずは、ママがイキイキと毎日を過ごしてみて下さい。

趣味や仕事など楽しんで打ち込めるものを探してみるのも良いと思います。自分の生き方を通して、子どもに社会性を育むメッセージを送ってみましょう。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

焦らないで!今日は学校へ行きたくない…と子どもが言ってきたとき、親はどうする?

長期の休み(夏休み、冬休み)明けは登校を渋るお子さんも多くいそうですよね。 「今日は学校へ行きたいくない」 子どもにそう言われたとき、無理やり行かせるべきか、休ませてあげるべきか、 親としてどう判断す …

静かに出来る子と出来ない子の差は”ここ”にあった!

「静かにしなさい!」この言葉を何度我が子に言ってきた事か。 小さい頃は言う事はきかない。特に、男の子は元気でやんちゃ。それは当然の事にように思っていました。 が、あるVTRを撮影する時に、もしかしたら …

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。 知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。 え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子ども …

「日本は妻の家事負担率が世界一!」夫に家事をやってもらう魔法の言葉

「イクメン」という言葉が流行り、男性も積極的に家事や育児に協力的になってきた日本。 しかし、世界で見てみると、日本の男性の家事分担率18.3%ワースト1位なのです。 (ちなみに2位のチリは24.5%で …

小さい子どもを飽きさせない!外食時の待ち時間は「おしぼりアート」♪

子どもと外食した時、間が持たないという経験をほとんどの家族が感じていることだと思います。 特に小さい子は『何故そうするか』が、まだまだ理解出来ないので、 歩きたい。 椅子に立ちたい。 外に出たい。 な …