【私がされた浮気の体験談】体or心、どちらの浮気が許せる?

投稿日:2021-03-21 更新日:

【私がされた浮気の体験談】体or心、どちらの浮気が許せる?
よく「体の浮気と心の浮気は違う」と言いますが、みなさんだったらどちらの方がましだと思いますか?

私の経験した夫の浮気の話を聞いてください。

私と夫の話

最初に夫の紹介を少々。

アラフォーの夫は、かなり穏やかな性格です。
結婚した時から、家事にも協力的で、私の実家、親戚にもよくしてくれます。
ドラマやお笑いが好きなので、一緒にテレビを見るだけでも話題が尽きません。
ほとんどケンカもしない夫婦でした。
結婚5年目で妊娠。
娘が生まれてからも、育児と家事に本当にかいがいしく協力してくれました。
夫の子煩悩ぶりには脱帽ものでした。

むしろ、私の方が産後からイライラが止まらなくなったように思います。
夫も私も運転ができないので買い物にも行けない。レジャーにも行けない。
夫は機械音痴のため、家電の接続などは全部私がやる。
夫は手先が不器用なため、家具の組み立ては全部私がやる。
子供の面倒は見てくれるけど、料理はまったくできない。

イライライライラ。

そのイライラを夫にガミガミぶつけては、不機嫌になっていました。
さすがの夫も不愉快そうな顔を隠しもしませんでした。

でも、どうにもならない。そんな毎日が続いていたのですが、ある時、夫の表情が穏やかになったことに気づきました。

私がイライラをぶつけても、それほど堪えていない。

なんだろう?これはなにかあるな?と思ったとき、女の勘がビビビっと働いたんです。

夫のスマホをこっそりのぞくと…

その夜、夫のスマホをのぞいてみることにしました。

夫は機械音痴のため、ロックなどはかけていません。

むしろやましいことなど、何もないのかもしれない。いや、どっちだ?

スマホの内容はいとも簡単に見ることができました。

そこで浮上したのが、頻繁にやりとりしている「M」という女性。

内容から、すぐに同僚だということがわかりました。

白か黒か…?

LINEの内容は……

M:ひざに水がたまっちゃった!
夫:え~!触りたい!
M:触りたいの?変態だね!
夫:変態だよ~!

という、変態モード丸出しのものから

夫:二人で飲みに行けて天国のような幸福を感じました(ハート)

と、二人で食事に行ったことまでわかる内容が。

カレンダーをチェックしたら、職場の飲み会だといって帰りが遅くなった夜でした。
どうやら私に嘘をついて、二人で飲みに行ったようです。

それから夫が送った「大好き」というスタンプ。

絵柄はふざけたものだったのですが、私は夫から「大好き」というスタンプをもらったことがあっただろうか……としばし考え込んでしまいました。

そういや一度も無い。

この頃のLINEのやりとりといえば、「スーパーで○○買ってきて」など、事務的な内容しかありませんでした。

心の浮気発覚

このLINEを読んだ後、夫をたたき起こして、涙ながらに話し合いになりました。

そこで分かったのがMさんは、もうすぐ還暦の先輩だったこと。

(だから膝に水が…?)

若くないからよかったとも言い切れませんが、どうやら体の関係は本当になさそうです。

でも、夫は素直にMさんが心の拠り所になっていたことを認めました。

夫の心はMさんに浮気していたのです。

心の浮気と体の浮気どっちがつらい?


この話を私の友人にすると、二つの反応がありました。

一つは「体の関係がなかったんだから、大したことないじゃん」というもの。

そしてもう一つは「心の浮気の方が堪えるね~」というもの。

はて、私の気持ちはどうなんだろうか? と思うと、「悲しかったけど、体の関係があったらもっと許せなかった! だからよかったのか…?けどやっぱりとっても悲しい!」でした。

とあるマリッジカウンセラーによると「夫の心の浮気が始まるきっかけは、妻が夫の感情面のケアを怠ったとき」だそうです。

私たち夫婦の場合、まさにそれが当てはまっているように思いました。

あれから夫のスマホは一度も見ていません。

もう疑われるようなことはしないといった夫を信じているのと、私も反省したからです。

でももしまた同じようなことがあったら……と考えてしまうときがります。

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

1歳でも出来る!最初のお手伝いはこれで決まり!

我が家では、1歳後半からお手伝いをさせています。 小さい頃は、親のやっている事をなんでも真似したがるので、お手伝いでも喜んでやってくれます。 子どものお手伝いは、手間も時間もかかるので、まずは、ちょっ …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …

【厄年だった人必見!】今さら人に聞けない「厄払いに行く日・服装・料金」は?

【厄年だった人必見!】今さら人に聞けない「厄払いへ行く日・服装・料金」は?

初詣などで神社に行くと、つい境内に掲示されている「厄年の一覧表」を見てしまう方も多いでしょう。身の回りでもとくに年の初めには「今年は厄年だから、厄払いに行かないと……」といった会話を耳にします。 厄年 …

日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

日曜夕方からブルー。子どもが「サザエさん症候群」になってしまったら

休日の終わりが刻々と近づく日曜夕方。 「やったあ!月曜日ワクワクするなー!」という方はいますか? 大抵は「あーまた月曜日が始まる…仕事かぁ」と憂鬱になる人が多く、筆者の元同僚は日曜の昼から気持ちが沈ん …

子どもを傷つけず上手に「叱る」コツとは?

「ママは怒ることが仕事」と言うくらい、毎日毎日、子ども達を怒ったり、叱ったり…。 ママも、好きで言っているわけじゃない。 出来る事なら言いたくない。 というのが本音だと思います。 さて、ここで質問です …