「そんなことを思っていたの?」夫と妻がそれぞれ相手に抱く“不満”とは?

投稿日:2021-05-09 更新日:

「そんなことを思っていたの?」夫と妻がそれぞれ相手に抱く“不満”とは?

結婚して夫婦となると、幸せや心強さを感じる瞬間もたくさんあるでしょう。

ですが、一方で、相手への不満が生まれてしまうこともありますよね。

いつまでも仲が良い夫婦でいるためにも、それぞれが抱く不満を知っておくことは大切です。

夫婦がそれぞれに抱いている不満は?

夫と妻それぞれが抱いている不満には、違いがあるのでしょうか?

夫婦の間に生じる不満を、それぞれの視点から見てみましょう。

夫が抱く妻への不満1:もっとしっかり家事をしてほしい

夫が抱く不満の中で、最も大きなものは、「妻の家事」に対するもの。

・食事がおいしくない(あるいは苦手)
・掃除が下手で、家が散らかっている

共働きが当たり前となった現代とはいえ、多くの夫たちは、妻に家のことをやってほしいと思っているのかもしれません。

夫が抱く妻への不満2:もっと気づかってほしい

・仕事で疲れているときは、あまり話しかけないでほしい
・ねぎらいの言葉がほしい

自分の気持ちを言葉にするのが苦手だという男性は多いものです。

「言葉にならない思いを察してほしい」という願望が満たされないことで、不満を感じてしまうようです。

夫が抱く妻への不満3:結婚前はきれいだったのに……

・妻がおしゃれやメイクをしなくなった
・太った

妻には、いつまでもきれいな女性でいてほしいと思う男性は多いようです。

女性側からしてみれば、心許せるパートナーの前では、リラックスした姿でいたいのかもしれません。

ですが、そんな妻の姿に夫はがっかりしてしまうのです。

夫が抱く妻への不満4:ネガティブな話は聞きたくない

・会話のほとんどが愚痴
・親の悪口はやめてほしい

妻にしてみれば、自分の心の中にあるつらい気持ちやモヤモヤした気持ちを「聞いてほしい」と思うのかもしれません。

ですが、夫は、「それを聞いたところで、どうすればいいんだろう?」と返答に困るようです。

夫が抱く妻への不満5:お金の使い方が不平等

お金への不満を抱く夫も多いです。

・お小遣いが少ない
・妻は高いランチを食べに行くのに、自分はいつもワンコインランチ

妻との間に大きな不平等を感じてしまうほどに不満は大きくなり、離婚へと発展してしまうことも。

ここまでは夫が抱く妻への不満を見てきました。

逆に、妻は夫のどんなところに不満を抱いているのでしょう?

妻が抱く夫への不満1:家事を手伝ってくれない

妻も、夫の家事への不満を抱いているようです。

・家事は妻がするものと思っているのがイヤ!
・少しは努力して、できる家事を増やしてほしい

などなど、次々に不満があふれ出します。

妻が抱く夫への不満2:家族の時間や育児時間が足りない

・子どもが夜泣きをしていても、全然起きない。
・夫婦で出かける時間を作ってくれない。

休日に、家でゴロゴロしたり、趣味に夢中になっていたりする夫に、イライラが募ってしまうようです。

妻が抱く夫への不満3:察しが悪い

・頼んだことしかやってくれない。
・体調が悪いことや、髪型の変化などにまったく気づかない

夫側が、自分の気持ちを伝えるのが苦手という理由の一方、女性の場合は、「いわないとわからないの?」と思ってしまうようです。

妻が抱く夫への不満4:適当な相づちはやめてほしい

・夫婦の会話を大切にしてくれない
・話したことをすぐに忘れる

話をしているとき、「うん、うん」と相づちはしてくれる。けれど、すごく適当……。

こんな夫に、妻は怒っています。

妻が抱く夫への不満5:ニオイとイビキをどうにかしてほしい

・体臭が気になる
・イビキがうるさくて寝不足

夫が妻にきれいさを求めるのと同じ感覚でしょう。

交際時はそこまで気にならないことでも、結婚し、生活をともにしていくようになると、不満のひとつとなってしまうのです。

親しき仲だからこそ感謝を忘れずに

「●●してもらって当然」という気持ちが強いと、不満はなくなりません。

大事なのは、感謝すること。

「ありがとう」の一言で、不満がすっと消えることもあります。

パートナーの存在のありがたみを感じられる心を持てるといいですね。

-ライフスタイル
-,

この記事を書いたライター
35style編集部
35style(サンゴスタイル)はちょっとした工夫で運気アップ、暮らしの質のアップを目指す女性に向けて、ライフスタイル情報を提供するサイトです。

関連記事

SNSでも絶大な人気!若者の救世主!志茂田景樹さんインタビュー

派手なファッションに身を包み、Twitterでの人生相談や名言が若者の間でも話題となっている志茂田景樹さん。 1980年『黄色い牙』で直木賞を受賞した作家が、どのように育てられ、どんな子育てをしてきた …

ヘルプマーク発達障害自閉症

自閉症、発達障害、知的障害…見た目では分からない障害に周囲の理解や配慮を願うマークとは?

見た目は健康に見えても、外見では分かりづらい疾患や障害を抱えている人は多くいます。 私の子どもたちも慢性疾患があり、状態が悪い時は周囲の理解や助けが必要ですが、見た目からでは全くわかりません。 大声で …

上の子の特別養子縁組を経て、2人目の里親に!漫画家、古泉智浩さんインタビュー

ーいま二人目の子は生後4カ月目。最近すごく表情がはっきりしてきました。 むちむちしているし、なんだか食いしん坊になりそうで(笑) にこやかな表情で話してくださるのは、里親として養育していたお子さんを特 …

「朝活」してる? 早起きのコツを知りたい!

さむ~い朝! おふとんから出るのがつら~い!! 朝くらいしか自分の時間を持てないから早起きをして、時間を有効に使いたいけれど…。 そこで今回は、できたら習慣にしたい「朝活」についての質問をピックアップ …

デリケートゾーンケアおすすめ

臭い、黒ずみ、かゆみ、大丈夫? アラフォー女子におすすめしたいデリケートゾーンケアアイテム

夏が近づいてくると、汗や生理ナプキンのムレなどでデリケートゾーンの臭いや痒み、黒ずみが気になってきますよね。 女性の身体の大事な部分だからこそ、丁寧にケアしたいところです! デリケートゾーン(陰部)用 …