親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<0歳~1歳編>

投稿日:2021-02-26 更新日:


自分の気持ちを言葉にして伝えるのは大人でもなかなか難しい。

今のこの気持ちをどう言葉にしたら良いのかわからずモヤモヤする事があります。

自分の気持ちを言葉にして、相手にきちんと伝えられるようになるには、積み重ねが一番大切だと実感しています。

では、子どもの頃からどんな事をしていけば、自分の気持ちが伝えられる子どもに成長する事が出来るのでしょうか?

自分に置き換えて考えてみよう!


私の息子は、自分の気持ちを言葉にのせて相手に伝えるのがとても上手です。 親の私もびっくりするくらい。

私よりも上手なんじゃないかと思う事もあります。

小さな頃から、ある事を継続してやってきた事が良かったのではないかと思っています。

「赤ちゃんはこっちの言っている事もわからないし、まだ何もしなくていいだろう。」と、勝手にお子さんの可能性を決めつけている方をたまに見かけます。

何を言っているかわからないかもしれないけど、赤ちゃんでもこちらの気持ちを感じる事が出来ます。

「心地いいな。」
「安心できるな。」
きっと赤ちゃんはそう感じるはずです。

例えば、赤ちゃんが泣き始めた時どうされますか?

無言で、おむつを見て、体温を確認しますか?

是非、是非、赤ちゃんに話しかけてあげて下さい。

「どうしたの?何が嫌なの?オムツは濡れてないね。お熱もないね。眠たいのかな?お腹がすいたのかな?」そう言われる事で、赤ちゃんは安心します。

たとえ、晩御飯の支度をしていて手が離せない状態でも、まずは、言葉だけはかけてあげて欲しいなと思います。

自分に置き換えて考えてみて下さい。

もし老後に寝たきりになってしまった時に、無言でオムツを確認され、機械的に作業をされるのと、声をかけられながら介護してくれると考えたら、後者の方が断然に嬉しいですよね。

言葉がまだわからない赤ちゃんだって、そこは伝わるんです。

どんな時も言葉をかけよう!

どんな状況だって、赤ちゃんの気持ちを代弁した言葉をかけてみて下さい。

声(どうしたの?)ではなく、言葉(お腹がすいたかな?眠いのかな?)をかけてみて下さい。

そうする事で、自分の中の気持ちも変わってきます。

「なんで泣いているのよ!手が離せないのに!」というイライラも、赤ちゃんの言葉を代弁する事によって、「そうか。理由がちゃんとあって泣いているのね。」と気持ちの整理>にもなります。

ママにも赤ちゃんにもプラスの言葉がけです。

何歳からでも遅くないと思います。

我が家のおすすめです。
<2~3歳編>はコチラ
<4~6歳編>はコチラ


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

不倫トラップ想定外

こんなママには気をつけろ! 地雷ママの見分け術

春になり、もうすぐ新学期。 子供の入学やクラス替えなど、私たち母親にとっても、新しいママ友との出会いの季節でもあります。 同時期に子育てに奮闘する者同士、みんなと仲良くしたいのはやまやまなのですが、中 …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

賞味期限を守らないと危険な食べ物

買ったはいいけど冷蔵庫に入れっぱなしだった食材。 賞味期限をみてみたら3日過ぎている…! そんなときアナタならどうしますか? 「ちょっとぐらいなら大丈夫~♪」 と安易に食べちゃっている方は要注意! 賞 …

Q.満たされずにドカ食い。性欲と食欲は関係している?【専門家に聞いてみた】

「最近食欲が止められない。」それは満たされていないから!? 姉妹サイト「ママニティ」の読者からの体や心、お金やくらしのことなど日頃の「気がかり」を解決するコーナーからお悩みをピックアップしました。 専 …

選択的シングルマザーとしての生き方

子育てに余裕のない母親には共通点があると思う

ママは毎日忙しい。 子育てに家事、お仕事されている方は仕事も入ってきます。 朝起きた時から、やらなければいけない事がいっぱい。 朝ご飯を作り子どもの世話をしていると、あっという間に時間は過ぎ、自分の準 …

裁判員専業主婦子持ち女性ママ選ばれた話

【実録】裁判員に主婦(ママ)の私が選任された話

裁判員制度が始まってから10年以上が経とうとしています。 始まった当初は、ニュース番組などで取り上げられていましたが、どこか遠い世界の事のように感じていました。 そう、裁判所から通知が届くあの日までは …