親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<2~3歳編>

投稿日:2021-02-27 更新日:


前回0~1歳編として書きましたが、今回は2~3歳です。

この時期の子どもたちは、おしゃべりも出来るようになってきますが、まだまだ、言葉で伝える事がうまく出来ません。

思わず、お友だちのおもちゃを横取りしてしまった、叩いてしまった…なんてことも良く見られる年齢ですね。
これを解決する、誰もが知っている手遊び歌があるんです。

自分の気持ちを知る事が大切

小さな子どもはルールがまだ分かりません。

例えば「お友だちのおもちゃを取ってはいけない。」「お友だちを叩いてはいけない。」

きっと、誰かが教えてあげないといけないことだと思うのです。

それが出来るのが親です。

ただ「ダメ」「やってはいけない」という言葉を掛けるだけでは子どもだって理由はわかりません。
では、どうすれば良いのでしょうか?

それは簡単です。「自分が遊んでいるおもちゃを横取りされたら、どんな気分になる?」
「今、いきなり叩かれてびっくりしたね。きっと○○くんもこのおもちゃで遊びたかったんだね。」など、親が子どもの変わりとなって、気持ちを代弁してあげる事が大切だと思います。

ごくまれに、子どもは親の想定外な事を言葉にすることがあります。

親が思ってない言葉「お腹が痛かったから」など言ってきた場合、そこは、子どもの気持ちを大切にしてあげて下さい。
意味がわからずに言っている場合と、いけないと分かっていてごまかそうとしている場合があります。

後者の場合は、うしろめたさを感じているのかもしれません。

どんな場合も、子どもの言葉を一度受け止めて、更に、代弁してあげることが大切だなと感じます。

手遊び歌で「相手」と「自分」について教えてみる!


やはりこの時期に多いのが遊びの中でのトラブル。

おもちゃを取ったり、取られたり、公園で順番を抜かしたり、抜かされたりと…

自分と相手という立場が確立していない時¥に良く起こります。

こんな時、誰もが知っている手遊び歌を一緒に歌ってみることをおススメします。

(※この手遊び歌についてはこの記事でもお話ししています)
「自分のもの・他人のもの」が理解できるようになる手遊び歌はコレ!

それは「大きな栗の木の下で」です。

♪大きな栗の木の下で あなたとわたし 仲良く遊びましょ 大きな栗の木の下で♪

この中に「あなた」「わたし」という言葉が出てきます。

手遊びの中で、「あなた」で相手を指さし、「わたし」で自分を指します。

これを継続的にやっていく事で、「あなた」と「わたし」という存在、つまり<自分以外の存在がいるんだということが理解出来やすくなるんです! 一緒に遊びながら、相手という存在がわかっていくのは嬉しいですね。 是非、親子で実践してみて下さい。 つづきはコチラ 親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<4~6歳編>
親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<0歳~1歳編>


まゆみ

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

一人っ子はかわいそう? 一人っ子のメリットと育て方

みなさんのまわりで、一人っ子が増えてきたと感じることはありませんか? 2015年に国立社会保障・人口問題研究所が行った「結婚と出産に関する全国調査」によると、子供が一人の、いわゆる一人っ子家庭の割合は …

自信喪失ヤル気ゼロ改善風水カーテン朝日

8割のママが悩んでいる!?美容クライシスとは

みなさんは、美容クライシスという言葉をご存知ですか? 妊娠・出産を機に直面する美容面でのリスクの事で、妊娠中のホルモンバランスの影響や産後の肌質の変化で美容面の悩みが増えるようです。 特に産後は赤ちゃ …

小学生女の子反抗期

発達障害の小5の娘の反抗期が凄すぎる!対処法はたったコレだけ!?

「この子に反抗期が来る日はあるのかな?」 長女が小さい頃、ふと考えたことがありました。当時から言葉の発達は遅めでしたが、天真爛漫な自由人だったので、「反抗期」がこないまま大人になるのではないかと本気で …

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする。 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく …

絵心がなくても大丈夫! 「なぞり描き」がスケッチ上達のコツだ

スケッチも漢字も「なぞり描き」で上達する! 身近にあるちょっとした食べものや小物、旅先で出会った素敵な風景……、その場でサッとスケッチできたら素敵ですよね。写真とは違った、手描きならではの温かい雰囲気 …