「自分のもの・他人のもの」が理解できるようになる手遊び歌はコレ!

投稿日:2021-02-07 更新日:

「A君が遊んでる車で僕も遊びたいな」

そう思ったB君。

A君から車のおもちゃを取ってしまう。

もちろん、A君は大泣き。

B君は返さない。

これは子どもが友達と遊んでいる時の「あるある話」。

誰もが経験しているシーンではないでしょうか。

小さい子どもは自分のもの」「他人のもの」という認識があまりないようです。

「この世の中のものは全て自分のもの!」と言わんばかりに自分中心的に動きます。

しかし、世の中はそう上手くはいかないもの。

子ども達なりにぶつかり合い、交渉しながら、「自分のもの」「他人のもの」を理解していきます。

人間の基礎は乳幼児期に築かれる

乳幼児期は、人間発達の基礎として非常に大切な時期です。

1歳児:自立の芽生え
2歳児:色々な矛盾に遭遇
3歳児:何でも楽しくチャレンジ
4歳児:発見
5歳児:自信をもつ

1歳5か月くらいになると、自立心が芽生え始め、自己主張が強くなってきます。

この時期から2歳頃のイヤイヤ期まで、お母さんにとっても大変な時期ではありますが、子ども達のやりたい気持ちを大切にしたい時期でもあります。

自分と他者を理解するヒントはあの歌!

「大きな栗の木の下で」

小さい頃から馴染みのある童謡ですよね。

誰もが手遊びした事あるのではないでしょうか。

実は、この童謡には<「自分と他者」をわかりやすくしてくれる要素が隠れているのです。 ヒントは歌詞の中にある「あなたとわたし」です。 この歌詞では<「あなた」の時には「あなた」を指さし、「わたし」の時には「わたし」を指さします。 小さな頃から「大きな栗の木の下で」を何度も繰り返していると、子ども達の中で「あなた」という存在と「わたし」という存在があるんだとボヤっと認識し始めます。 そして、いつの間にか「自分と他者」を理解していくようです。 昔からある童謡「大きな栗の木の下で」。 実は、子育てをしていく上で奥深いことを言っているのです。 お子様と向かい合って「大きな栗の木の下で」をぜひやってみて下さいね。


まゆみ

-ライフスタイル

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

たったの10秒で!?親子で数字のセンスを身につける方法

数字は、学校の勉強だけではなく一生付き合っていくものです。 あるサイトで数字に強いと数学に強いは違う。数字に強いと出世すると書かれているものを見ました。 数字に強いと数字の背景が読み取れるので、会社経 …

恋愛テクニック下男性をメロメロにさせてプロポーズを引き出す方法

【恋愛テクニック】年下男性をメロメロにさせてプロポーズを引き出す方法

若い頃は、「年上の彼にリードされる恋がしたい」という理想を持っていたとしても、の年齢を重ねるごとに魅力的に見えてくる年下男性。 そんな年下男性の心をつかみ、「結婚したい」と思わせるには、テクニックを駆 …

【嫁姑問題】姑の自分勝手さ、理不尽さに我慢の限界!!

いつの時代も嫁を悩ます『嫁・姑問題』。 あなたは姑さんとの関係は良好ですか?何か不満があった時、旦那様はあなたの味方をしてフォローしてくれますか? 姉妹サイト「ママニティ」の人気コーナー”おしえて!マ …

大切なものを愛おしく使う。一生使える 「バーミキュラ」オーブンポットラウンドの魅力

水なしで料理を作れて、食材のうまみを最大級に引き出す鍋――といえば無水調理鍋。 今や種類・価格帯ともに様々な無水調理鍋がありますが「我が人生にひとつは欲しい!」と思える無水調理鍋ブランドのひとつといえ …

よくある無料体験レッスンで気をつけること!

小さな頃からいろいろ経験をさせて、才能や可能性を早くみつけてあげたいと思っている親御さんは多いと思います。 昔に比べ、習い事の種類も増え、スタートさせる年齢も早くなっているように思えます。 私は、3歳 …