「自分のもの・他人のもの」が理解できるようになる手遊び歌はコレ!

投稿日:2021-02-07 更新日:

「A君が遊んでる車で僕も遊びたいな」

そう思ったB君。

A君から車のおもちゃを取ってしまう。

もちろん、A君は大泣き。

B君は返さない。

これは子どもが友達と遊んでいる時の「あるある話」。

誰もが経験しているシーンではないでしょうか。

小さい子どもは自分のもの」「他人のもの」という認識があまりないようです。

「この世の中のものは全て自分のもの!」と言わんばかりに自分中心的に動きます。

しかし、世の中はそう上手くはいかないもの。

子ども達なりにぶつかり合い、交渉しながら、「自分のもの」「他人のもの」を理解していきます。

人間の基礎は乳幼児期に築かれる

乳幼児期は、人間発達の基礎として非常に大切な時期です。

1歳児:自立の芽生え
2歳児:色々な矛盾に遭遇
3歳児:何でも楽しくチャレンジ
4歳児:発見
5歳児:自信をもつ

1歳5か月くらいになると、自立心が芽生え始め、自己主張が強くなってきます。

この時期から2歳頃のイヤイヤ期まで、お母さんにとっても大変な時期ではありますが、子ども達のやりたい気持ちを大切にしたい時期でもあります。

自分と他者を理解するヒントはあの歌!

「大きな栗の木の下で」

小さい頃から馴染みのある童謡ですよね。

誰もが手遊びした事あるのではないでしょうか。

実は、この童謡には<「自分と他者」をわかりやすくしてくれる要素が隠れているのです。 ヒントは歌詞の中にある「あなたとわたし」です。 この歌詞では<「あなた」の時には「あなた」を指さし、「わたし」の時には「わたし」を指さします。 小さな頃から「大きな栗の木の下で」を何度も繰り返していると、子ども達の中で「あなた」という存在と「わたし」という存在があるんだとボヤっと認識し始めます。 そして、いつの間にか「自分と他者」を理解していくようです。 昔からある童謡「大きな栗の木の下で」。 実は、子育てをしていく上で奥深いことを言っているのです。 お子様と向かい合って「大きな栗の木の下で」をぜひやってみて下さいね。


まゆみ

-ライフスタイル

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

本当?ダメ親のほうが子どもを成長させる?

可愛い我が子が生まれ「良い母になろう!」と努力をしてきました。 子どもにとって良い母でありたい。 その思いから子ども達のために日々愛情を注いできました。 私が思う「良い母」像とは 片付け上手 料理上手 …

義母(姑)がくれた、”クセ強め”ないらないものシリーズ!

義母(姑)がくれた、”クセ強め”な要らないものシリーズ!

ものが捨てられない義母。プレゼントするのが大好きな義母。 うちの義母は、上記が当てはまる、はた迷惑な義母です。 彼女がくれたものは数知れず。 ただし、「ありがたいな~、嬉しいなあ~」と思ったものは、皆 …

【第4話】コロナで緊急事態宣言が出されても…

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 当たり前ですが365日を淡々と過ごすって簡単なようでとても大変なことだと思います。 特に今はコロナウイルスの影響で普通の生活 …

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング対象話し合いが途中で終わってしまう夫婦

夫と話しても疲れるだけ! 夫婦の話がかみ合わない原因は○○にあった!

愛し合って一緒になったはずなのに、毎日の生活を繰り返しているうちに、夫と話すだけでイライラするという女性は多いことでしょう。 たとえば、夫婦で会話をしていて、妻がちょっとした愚痴をこぼしたとします。 …

子育てのヒントは子どもがよく言う「●●」という言葉にある!

子どもが最もよく言う言葉って何だと思いますか? 子どもが幼ければ、幼いほど、この言葉を発していると思います。 答えは… ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 「見て」です。 言葉にすることの …