子育てのヒントは子どもがよく言う「●●」という言葉にある!

投稿日:2021-05-08 更新日:


子どもが最もよく言う言葉って何だと思いますか?

子どもが幼ければ、幼いほど、この言葉を発していると思います。

答えは…












「見て」です。

言葉にすることの出来ない赤ちゃんも、自分の気持ちがうまく表現出来ない子どもも、みんな「見て」と思っているでしょう。

私も、娘に何度この言葉を言われたことか。

子ども達って、とにかく自分に関心<を向けて欲しいし、何よ笑顔で見ていて欲しいと思っているものです。

SOSサインを見逃さないで!

大好きなママが、忙しかったり携帯を見ていたりすることで自分に関心が向けられていない「叱られてもいいから構って欲しい」のです。

この行動が現れたら、子ども達からのSOSサインだと受け取って下さい。

このSOSサインが深刻であればあるほど「悪いこと」のレベル<が上がっていきます。

安心してチャレンジできる環境を!


そんなことを言ったってママだって忙しい。
そうなんです。
ママは忙しいんです。
そんな時は
「今は忙しいからちょっと待ってね」
「ごはん作って終わってからね」

など、必ず声を掛けてあげて下さい。

そして、時間が出来たら子ども達としっかりと向き合ってあげて下さい。

大好きなママが笑顔で見てくれている。

それだけで子ども達の心はプラスになり、成功体験として認識できるようになります。

そして、「もっとママは喜ばせたい」という思いから色々なことにチャレンジできるようになっていきます。

あなたのお子さんは、どんな言葉をよく発しますか?

そこに子育てのヒントがあるはずです。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

厄年の本当の意味とカン違いしがちな迷信迎える前に知っておきたい対処法

厄年の本当の意味とカン違いしがちな迷信・迎える前に知っておきたい対処法

新しい年を迎える前になると、「来年、私は厄年だから良いことないかも……」といった話を耳にする機会も増えていきます。 厄年と言うとネガティブな印象があり、悪い出来事が起きる年と認識している人も多いでしょ …

最初は「家族団らん」から!天才アスリートの作り方

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、次世代を担う若き天才アスリートたちの活躍を目にする機会も多くなってきました。 そんな彼らの勇姿を見るとき、ついつい我が子を応援するような気持ちで見てしまい …

お金 貯め方

冷え性対策・予防に役立つアロマ・ハーブティー

暦では11月7日に「立冬」となり、これから寒さが本格的に始まる季節となり、冬の足音が聞こえてきます。 ですが、近年では気温変動の激しさの影響で体温調節機能が弱り、「冷え」で悩む人が多くなっています。 …

静かに出来る子と出来ない子の差は”ここ”にあった!

「静かにしなさい!」この言葉を何度我が子に言ってきた事か。 小さい頃は言う事はきかない。特に、男の子は元気でやんちゃ。それは当然の事にように思っていました。 が、あるVTRを撮影する時に、もしかしたら …

子どもに無理して理由を聞かない育児

子どもが泣いて、その場から動かなくなりフリーズ・・・。 こういった光景は子育て家族ではあるあるですよね。 子どもに理由を聞いても話してくれない。 そんな時、どうしていますか? 無理やり理由を聞きますか …