親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<4~6歳編>

投稿日:2021-02-27 更新日:


<0歳~1歳編>
<2~3歳編>

と書いてきましたが、今回は「4歳~6歳編」です。

どの年齢の子ども達にも言えるのですが、自分の気持ちをうまく伝えられるようになるには、大人の力が必要です。

4歳から6歳の子ども達は、お喋りも得意になり、自我もあるので言葉で伝えようとします。

ですが、まだまだ言葉数が少ないので、うまく表現できない時期でもあるのです。

子どもが話そうとしている事を先回りしない

大人がやってはいけない事。

それは、“子どもの話そうとしている事を先に言ってしまう“という事です。

この時期の子ども達は、お喋りが上手でも、なかなか自分の気持ちをうまく言葉にする事が出来ません。

一生懸命、何かを話そうとしているのであれば、そこは待ってあげて下さい。

必死になって言葉を探しているのです。

急いでいる事などは、ついつい先回りして「○○だったんでしょ?」と言ってしまいそうになるのですが、そんな時は、「急いでいるからご飯作るけど、お話出来るようになったら教えてね。」と、「あなたの言葉を待っているんだよ。」という事を伝えてあげて下さいね。< 子どもは、どんなに時間がかかっても話してくれます。

子どもの言葉を膨らませてあげる


子どもが自分の気持ちが言えたら、そこからが大人の本領発揮です!

子どもたちの言葉を膨らませてあげて下さい。

例えば、お友達をいきなり叩いてしまった場合

「○○ちゃんが一緒に遊んでくれなかったから」と言ったとします。

その時は「一緒に遊びたかったんだね。でも、いきなり叩かれたら○○ちゃんはびっくりしたんじゃない?あなたもいきなり叩かれたら嫌な気持ちになるよね?だったらどうしたら良かったと思う?」と、言葉を足していってあげて下さい。

そのようなやり取りを繰り返すうちに、どんな順番で、どんな言葉を使って言えば相手にしっかりと自分の気持ちが伝わるのかを学んでいきます。

親は子どもの鏡です。

言葉を尽くせば尽くすだけ、子どもの中で層となり積み重なっていきます。

悪い言葉を使えば、悪い言葉が層となります。

子どもにとってプラスの言葉でありたいですね。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

ムーンパワー新月グラデーション開運願い事自分主体

超簡単な「1分間瞑想法」で心もからだも軽くなる!

人生を整える「瞑想」の習慣 瞑想には、頭と心を休ませて集中力を高める効能があるとされ、一流のアスリートやグーグルなどの世界的企業がパフォーマンス向上のために取り入れています。 一方で、興味はあっても「 …

絵心がなくても大丈夫! 「なぞり描き」がスケッチ上達のコツだ

スケッチも漢字も「なぞり描き」で上達する! 身近にあるちょっとした食べものや小物、旅先で出会った素敵な風景……、その場でサッとスケッチできたら素敵ですよね。写真とは違った、手描きならではの温かい雰囲気 …

夫亡き後、「寄生状態で家に居座る義父母」を追い出せるのか?

(photo by Photographee.eu/fotolia) 均寿命が伸びて「人生100年時代」と呼ばれるようになった昨今、病気などによって親より子が先立つこともさほど珍しくはありません。先立 …

子どもを「ダメな大人」にしない! やめさせるべき悪い習慣4つ

親が子にしてあげられることは…(photo by acworks/photoAC) 子どもの「悪い習慣」を放置していませんか? 『家政婦のミタ』の人気脚本家が手掛ける最新ドラマ『過保護のカホコ』が※放 …

物を大切にする子どもの育て方とは?

我が家には、おもちゃが溢れています。 私が買うわけでもないのに、おもちゃが増えていきます。 理由は、両親と義両親。双方の親からのプレゼントなのです。 いつでも買って貰えるこの環境。 物を大切にしない。 …