ママが言われて傷つく…夫の何気ない一言!5選

投稿日:2021-03-14 更新日:


私が主宰する子育てイベントで、ママ達と話をしていると「パパに○○と言われ、とても腹が立った!」という事が聞こえてきました。

周辺のママとも話をしてみると、それぞれパパに言われて忘れられない言葉があるようです。

私もあります(笑)

その中から、いくつかご紹介します。

ママだけでなく、是非、パパにも見て欲しい!

ご自分は大丈夫だって思っていても、もしかしたら、似たような発言していませんか?

ママ達の反響が多かった言葉5選

「もう少し痩せたら?」

これに似たような言葉で「太いと言われた。」など、体形に関する言葉が一番多かったです。

女性は、いくつになっても綺麗でいたいって意識があると思います。

芸能人は、子どもを産んでも綺麗な体形に戻ります。でも一般人はそうはいかないのが現実なのです。

「痩せたら?」と言うのであれば、ママにその時間をプレゼントしてあげて下さい。

「お前がそんな弱い人間だと思わなかった。」

完璧な人間なんていませんよ。

出産は、初めての事ばかりで、家事する時間も心の余裕もないものなのです。
時間があるように見えて、自由な時間がないのが子育てだと思います。

「安らげないから、ひとりで寝ていい?」

子育てママに聞いて意外に多かったのが、「夜泣き」が理由で、ママとパパの寝室が別々って事実です。

パパは仕事があります。

でも、夜泣きの苦労を一緒にしませんか?

苦労があるのが子育てです。それも子どもとの大切な思い出ですよね。

「おかずこれだけ?」

慣れない子育ての中で、なんとか工夫をして晩御飯を作ろうと、昼間から少しずつ野菜を切ったり、煮詰めたりしているママ達って多いんですよね。

そんな苦労も知らずしてのこの言葉。

子どもが生まれてから「ババア」と呼ばれだした。

これ、ブーイングの嵐でした。

ですよね…
どんな顔をして呼んでいるんだろう。

ババアって、思春期の子しか言っちゃダメ!(思春期も出来る事なら言わないで)

産後のママの状態


みなさん良くご存知だと思うのですが、産前産後で女性のホルモンバランスが大きく変わります。

産後のママの体はボロボロです。

見た目は前と変わりなく元気に過ごしているかもしれませんが、あの赤ちゃんが体の中から出てきたんです。

出産は男性が思っている以上に体にダメージを負います。

パパの不満も増えるかもしれませんが、ママの体調や精神状態を知っておくと、なんで今こんな状態なのか理解でき、少しでも優しく出来るかもしれません。

何より子育てを共有する事が一番の効果なのかもしれませんね♪

参考ママニティ大百科
産後百科より

執筆:まゆみ
二児のママ。子育て応援http://zerosai.com/代表。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

夫が帰ってこない!「帰宅拒否症」「帰宅恐怖症」とは?

家が近づくと気が重くなり、不要な残業や寄り道をして家族が寝た後に帰ったり、カプセルホテルに泊まったり…。近年、「家に帰りたくない、帰るのが怖い」と思う働き盛りの男性が増えているといいます。 悪化すると …

子どもを「ダメな大人」にしない! やめさせるべき悪い習慣4つ

親が子にしてあげられることは…(photo by acworks/photoAC) 子どもの「悪い習慣」を放置していませんか? 『家政婦のミタ』の人気脚本家が手掛ける最新ドラマ『過保護のカホコ』が※放 …

離婚カウントダウン崩壊寸前の夫婦の兆候

離婚までのカウントダウン【崩壊寸前の夫婦】離婚の兆候とは?

離婚をしたカップルに対して「やっぱり」と感じることってありませんか? 自分ではない、ほかの夫婦の離婚はそうやって予測ができるのに、なぜか自分のこととなると、その兆候を見落としがち……なんてことは珍しく …

生後10ヶ月頃から出てくる赤ちゃんの反抗期。対処法とは?

「赤ちゃんの反抗期」と言うと皆さんは何歳くらいを思い浮かべますか? 多くの人は「魔の二歳」と呼ばれる「イヤイヤ期」が思い浮かぶかもしれませんね。 しかし、実は赤ちゃんって10か月~11か月に訪れる反抗 …

ADHD話が聞けない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第5話:話が聞けナイ!

私、話が聞けない女なんです。 子どもの頃、授業中はだいたい教科書やノートに落書きをしていました。 先生の話を聞けない子どもだったんですね。 いえ、まったく聞いてないわけじゃないんです。 興味のあるとこ …