ママが言われて傷つく…夫の何気ない一言!5選

投稿日:2021-03-14 更新日:


私が主宰する子育てイベントで、ママ達と話をしていると「パパに○○と言われ、とても腹が立った!」という事が聞こえてきました。

周辺のママとも話をしてみると、それぞれパパに言われて忘れられない言葉があるようです。

私もあります(笑)

その中から、いくつかご紹介します。

ママだけでなく、是非、パパにも見て欲しい!

ご自分は大丈夫だって思っていても、もしかしたら、似たような発言していませんか?

ママ達の反響が多かった言葉5選

「もう少し痩せたら?」

これに似たような言葉で「太いと言われた。」など、体形に関する言葉が一番多かったです。

女性は、いくつになっても綺麗でいたいって意識があると思います。

芸能人は、子どもを産んでも綺麗な体形に戻ります。でも一般人はそうはいかないのが現実なのです。

「痩せたら?」と言うのであれば、ママにその時間をプレゼントしてあげて下さい。

「お前がそんな弱い人間だと思わなかった。」

完璧な人間なんていませんよ。

出産は、初めての事ばかりで、家事する時間も心の余裕もないものなのです。
時間があるように見えて、自由な時間がないのが子育てだと思います。

「安らげないから、ひとりで寝ていい?」

子育てママに聞いて意外に多かったのが、「夜泣き」が理由で、ママとパパの寝室が別々って事実です。

パパは仕事があります。

でも、夜泣きの苦労を一緒にしませんか?

苦労があるのが子育てです。それも子どもとの大切な思い出ですよね。

「おかずこれだけ?」

慣れない子育ての中で、なんとか工夫をして晩御飯を作ろうと、昼間から少しずつ野菜を切ったり、煮詰めたりしているママ達って多いんですよね。

そんな苦労も知らずしてのこの言葉。

子どもが生まれてから「ババア」と呼ばれだした。

これ、ブーイングの嵐でした。

ですよね…
どんな顔をして呼んでいるんだろう。

ババアって、思春期の子しか言っちゃダメ!(思春期も出来る事なら言わないで)

産後のママの状態


みなさん良くご存知だと思うのですが、産前産後で女性のホルモンバランスが大きく変わります。

産後のママの体はボロボロです。

見た目は前と変わりなく元気に過ごしているかもしれませんが、あの赤ちゃんが体の中から出てきたんです。

出産は男性が思っている以上に体にダメージを負います。

パパの不満も増えるかもしれませんが、ママの体調や精神状態を知っておくと、なんで今こんな状態なのか理解でき、少しでも優しく出来るかもしれません。

何より子育てを共有する事が一番の効果なのかもしれませんね♪

参考ママニティ大百科
産後百科より

執筆:まゆみ
二児のママ。子育て応援http://zerosai.com/代表。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

ママにとって男の子は未知との遭遇?「男の子は宇宙人!?」

男の子の子育ては女の子の3倍大変だ!という話を聞いた事があります。 一般的に女の子はおとなしく、男の子は元気!というイメージがありますよね。 さあ、実際のところどうなのでしょうか? 我が家の娘と息子の …

“5歳まで”が鍵! 英語が得意な脳の育て方とは?

(photo by myumyu/photoAC) 「英語教育はできるだけ早いうちから始めたほうがいいってホント?」「早すぎる英語の勉強はよくないって聞いたけど……」 子どもの英語教育に対して、お父さ …

妊活夫婦の気持ち

日本人は世界一夫婦仲が良い!?背景にはいったいなにが?

昨今は、離婚や夫婦の仲について騒がれているようなイメージがありますが、世界から見ると日本人の夫婦は仲が良い、というような調査結果が出ているそうなのです。 いったい何故そのような結果が出ているのでしょう …

0歳から5歳は脳がいちばん育つとき! 親がしてあげられることは?

お母さんのひざの上は子どもの「安全基地」 photo by milatas/Fotolia 人間の脳は5歳までにほとんどできてしまう 「子どもには将来苦労させたくない!」と、多くのお父さんお母さんは、 …

「孤独に耐えられない人」に共通する3つの特徴

常にSNSを気にしていて、誰かとつながっていないと不安になったりしていませんか? 友達や同僚からの視線を意識しすぎて、本音をいうのを我慢していませんか? 自分の判断に責任を持つことを放棄して、いつも他 …