ママが言われて傷つく…夫の何気ない一言!5選

投稿日:2021-03-14 更新日:


私が主宰する子育てイベントで、ママ達と話をしていると「パパに○○と言われ、とても腹が立った!」という事が聞こえてきました。

周辺のママとも話をしてみると、それぞれパパに言われて忘れられない言葉があるようです。

私もあります(笑)

その中から、いくつかご紹介します。

ママだけでなく、是非、パパにも見て欲しい!

ご自分は大丈夫だって思っていても、もしかしたら、似たような発言していませんか?

ママ達の反響が多かった言葉5選

「もう少し痩せたら?」

これに似たような言葉で「太いと言われた。」など、体形に関する言葉が一番多かったです。

女性は、いくつになっても綺麗でいたいって意識があると思います。

芸能人は、子どもを産んでも綺麗な体形に戻ります。でも一般人はそうはいかないのが現実なのです。

「痩せたら?」と言うのであれば、ママにその時間をプレゼントしてあげて下さい。

「お前がそんな弱い人間だと思わなかった。」

完璧な人間なんていませんよ。

出産は、初めての事ばかりで、家事する時間も心の余裕もないものなのです。
時間があるように見えて、自由な時間がないのが子育てだと思います。

「安らげないから、ひとりで寝ていい?」

子育てママに聞いて意外に多かったのが、「夜泣き」が理由で、ママとパパの寝室が別々って事実です。

パパは仕事があります。

でも、夜泣きの苦労を一緒にしませんか?

苦労があるのが子育てです。それも子どもとの大切な思い出ですよね。

「おかずこれだけ?」

慣れない子育ての中で、なんとか工夫をして晩御飯を作ろうと、昼間から少しずつ野菜を切ったり、煮詰めたりしているママ達って多いんですよね。

そんな苦労も知らずしてのこの言葉。

子どもが生まれてから「ババア」と呼ばれだした。

これ、ブーイングの嵐でした。

ですよね…
どんな顔をして呼んでいるんだろう。

ババアって、思春期の子しか言っちゃダメ!(思春期も出来る事なら言わないで)

産後のママの状態


みなさん良くご存知だと思うのですが、産前産後で女性のホルモンバランスが大きく変わります。

産後のママの体はボロボロです。

見た目は前と変わりなく元気に過ごしているかもしれませんが、あの赤ちゃんが体の中から出てきたんです。

出産は男性が思っている以上に体にダメージを負います。

パパの不満も増えるかもしれませんが、ママの体調や精神状態を知っておくと、なんで今こんな状態なのか理解でき、少しでも優しく出来るかもしれません。

何より子育てを共有する事が一番の効果なのかもしれませんね♪

参考ママニティ大百科
産後百科より

執筆:まゆみ
二児のママ。子育て応援http://zerosai.com/代表。

-ライフスタイル
-, , ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

賞味期限を守らないと危険な食べ物

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

遠足、行楽シーズン、運動会… 「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。 子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。 親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情な …

発達障害親子

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第2話:物がみつからナイ!

私、しょっちゅう物をなくす女なんです。 ADHD(注意欠如・多動性障害)※1の症状の一つ、 「多動性」(落ち着きがない、じっとしていられないなどの症状) というのは、年齢とともにおさまりやすいものなの …

倦怠期を乗り越える方法

夫婦に訪れる倦怠期を乗り越える方法~ずっとラブラブではいられない?

恋人時代は、ドキドキが楽しくてたまらなかった。 新婚時代は、家族になれた喜びでテンションMAX! これ以上の幸せはないと思えるほどだった。 結婚生活にも慣れ、夫婦として落ち着き始めた頃、はたと思ってし …

浮気をする男としない男の4つの見極めポイント

【私がされた浮気の体験談】体or心、どちらの浮気が許せる?

よく「体の浮気と心の浮気は違う」と言いますが、みなさんだったらどちらの方がましだと思いますか? 私の経験した夫の浮気の話を聞いてください。 私と夫の話 最初に夫の紹介を少々。 アラフォーの夫は、かなり …

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …