これもしかして発達障害?相談した方がいい基準とは?

投稿日:2019-01-28 更新日:

発達障害特徴子ども
私が長女の発達のことで、はじめて自治体に相談したのは3歳児健診の時でした。
その時はまだ「発達障害」とは思っていませんでしたが、専門の人に相談しなければならないほど、幼少期から周りの子と違うな…と思うことが度々あったのです。

これから書くことは、全ての子どもに当てはまるとは限りませんが、我が家のケースをご紹介します。

産まれたときから他の赤ちゃんと違った?

発達障害赤ちゃん乳児特徴
何かと慌ただしい年末に、第一子となる長女が元気な産声をあげて誕生しましたが、喜ぶのもつかの間、授乳やおむつ替えなど、はじめての育児がスタートしました。

しかし、とにかく泣き止まない!

なぜ、こんなに泣くのかというぐらい四六時中泣いていました。

長女がニコニコしていたのは、大好きな沐浴の時間のみでした。退院してからも、昼夜関係なく泣き続け、泣き止むのは抱っこをしている時だけでした。
「この子はどうしてこんなに泣くのだろう?」「何か病気でもあるんじゃないか」小児科の先生や、訪問に来た助産師さんにも聞きましたが、「赤ちゃんはこんなものだよ〜」という答えのみでした。

育てていくうちに、徐々に気になることが増えていきました

発達障害心配相談
生後半年になると、夜も少しずつ眠るようになってきました。
それでも連続1〜2時間でしたが、その間にわたしは家事や在宅での仕事ができたので有り難かったです。

しかし、1歳の誕生日が間近になると、以前より気になることが増えてきました。

人見知り、場所見知りが極端に激しい

発達障害人見知り赤ちゃん泣き止まない
なぜだか、家族以外の人に抱っこされると常に大泣きしていました。

じいじ、ばあばですら極端に触られるのを嫌がるため、短時間でも預けることができず、なかなかリフレッシュができませんでした。

お友達の家に遊びに行っても、自分の家じゃないとわかると終始大泣きで、泣く泣く帰ることもしばしばありました。

母乳以外受け付けない、哺乳瓶もNG

赤ちゃん哺乳瓶ダメ
長女は完全母乳育児で、ミルクを一切受け付けませんでした。それだけでなく、哺乳瓶のゴムの感触も嫌だったみたいで、母乳を哺乳瓶であげることもできず、人に預けることが一切できない状況でした。

親がいなくても何処へでも行ってしまう

発達障害赤ちゃん迷子
一方で、運動面の発達は周りより早く、9ヶ月で歩き始めて、10ヶ月では靴を履いて外を歩いていました。

しかし、中身はまだまだ赤ちゃん。好奇心旺盛すぎて、一瞬でも目を離すと何処へでも行ってしまい、何度も迷子になりました。

目を合わせようとしない、合わせられない?

目が合わない発達障害
小学生になった今もですが、長女は人と目を合わせるのが苦手です。顔はこちらを向いているのに、目は別のところを見ることが多いです。

そのため、こちらがいくら話しかけても反応があまりなく、聞いているのかいないのかもよくわからないことが多かったです。

中でも1番気になったのは「言葉」でした


上述のように、多少気になることもありましたが、1歳、2歳と成長するにつれ、様々なことができるようになりました。
しかし、それに伴い、徐々に意思の疎通が難しくなっていくことに気づきます。

なぜかというと1歳をすぎても、長女から意味のある言葉がほとんどでなかったからです。

パパ、ママと言えるようになったのは、おそらく2歳近くになってからだと思います。

それでも単語中心だったので、2〜3歳の頃の動画を見ても、しゃべってはいるけど何を言っているのかはわからず、またこちらの言っていることも理解していないように感じました。

よって、我が家の場合は「意思の疎通がとれない」ことが3歳児健診で相談する決定打になりました。

大人の発達障害ADHD漫画雨野千晴

迷ったら自分の直感を信じてみて

発達障害幼児相談
子育てや子どもの個性は十人十色。

だからこそ、子どもの発達で気になるところがあって、相談するかしないかで悩んだら、ぜひ行動に移してみて欲しいのです。

相談はとても勇気のいることですが、有益な情報を得られるチャンスでもあります。小さい一歩からでも踏み出してみましょう!


牧ひとみ
牧ひとみ

てんかんと発達特性を持つ小学生姉妹の母。
フリーでWEBやDTPデザインのお仕事と、障がいのある子もない子も共に学べる「なっつの木」を主宰。
好きなものはフクロウとくびれのないぬいぐるみ。
http://nattunoki.com/


飛鳥未明無料占い結婚未来子供の顔

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

頭痛・発熱・頭痛・倦怠感…その体の不調、仮面うつ病かも!?

厚生労働省が実施している患者調査によると、平成23年の鬱病患者数は約70万人、患者数は年々増加傾向にあります。 また、鬱病の一歩手前の状態のことを「仮面うつ病」と呼ぶことがあり、心が不安定になり、頭痛 …

0歳から5歳は脳がいちばん育つとき! 親がしてあげられることは?

お母さんのひざの上は子どもの「安全基地」 photo by milatas/Fotolia 人間の脳は5歳までにほとんどできてしまう 「子どもには将来苦労させたくない!」と、多くのお父さんお母さんは、 …

夫婦生活マンネリ化で仮面夫婦に……仲良し夫婦の秘訣とは?

「好き」「いつも一緒にいたい」 そんな気持ちがあったらか結婚したはずなのに、今の夫婦生活は……。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から、マンネリ化した夫婦生活に関するお悩み&先輩 …

ヤバい!住むだけでストレスが倍増する家の特徴3つとは?

毎日頑張る女性にとって、ホッと一息つくことができる場所といえば自宅です。 しかし…… 自宅にいても何だか落ち着かない そう思うなら要注意! 実はその家、自然とストレスが倍増する状況になっているのかもし …

たったの10秒で!?親子で数字のセンスを身につける方法

数字は、学校の勉強だけではなく一生付き合っていくものです。 あるサイトで数字に強いと数学に強いは違う。数字に強いと出世すると書かれているものを見ました。 数字に強いと数字の背景が読み取れるので、会社経 …