最初は「家族団らん」から!天才アスリートの作り方

投稿日:2021-05-29 更新日:


2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、次世代を担う若き天才アスリートたちの活躍を目にする機会も多くなってきました。

そんな彼らの勇姿を見るとき、ついつい我が子を応援するような気持ちで見てしまいます。

実際、彼らはどのような両親のもとで、どのような環境で育ってきたのでしょうか?

トップアスリートの家庭には共通点が


元プロテニスプレーヤーの杉山愛さんの母親にして、スポーツ教育研究者の杉山芙紗子さん。

彼女はトップアスリートを育てた両親たちに、インタビューを行い、さらに自身の経験をもとにして、「アスリートの両親による教育方針」についての論文を発表しました。

その論文によると、トップアスリートたち(およびその両親)には、以下のような共通点があることがわかったそうです。

◆幼少期、アスリートたちは寝食以外の時間は外遊びをしていた。

◆一人遊びよりも、兄弟や友達と遊ぶのを好んでいた。

◆スポーツを始めた理由は「家族団らん」のため。

◆ほかの習い事や、専門競技以外のスポーツも習っていた。

◆ひとつの競技に専念するようになったのは小学校高学年。

◆競技に専念するようになってからは、親が無我夢中でサポートした。

家族でスポーツを楽しむ機会を増やす


どの家庭も、トップアスリートを育成しようなどという気持ちはなく、家族で楽しむことを目的にスポーツを始めた、と答えています。
これは、とても意外でした。

トップアスリートになるためには、小さい頃からのスパルタな英才教育を想像していましたが、決して強制ではなかったのですね。

親も楽しむことで、子供たちもスポーツを好きになり、勝つ喜びや技術の向上につながったのかもしれません。

また、一緒に取り組むことで、親と子供の絆も深まり、そのコミュニケーション能力がスポーツにも生かされると、杉山さんも述べています。

トップアスリートを生む原点は、家族の団らんなのですね。
子育て接し方心のケア
さて、我が家はというと、運動音痴一家ですが…一緒に楽しむことならできそうです。
皆さんもお子さんと楽しむ気持ちでスポーツを始めてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、世界で活躍するトップアスリートになるかもしれませんよ!?

【参考】
杉山芙紗子論文「日本の若手トップアスリートにおける両親の教育方針」、共同通信PRワイヤー、ママニティ

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
シャーミー
30代後半。夫と娘の3人家族暮らし。
金なし、コネなし、リズム感なし。あるのは、多めの脂肪と家族愛。

関連記事

「半分、青い。」の原点がここに?北川悦吏子の90年代ヒットドラマ3選

「半分、青い。」の原点がここに?北川悦吏子の90年代ヒットドラマ3選

なにかと話題の朝ドラ「半分、青い。」を手掛けるのは、脚本家・北川悦吏子。 90年代は高視聴率ドラマを連発し、特にラブストーリ―を得意としたことから、 「恋愛の神様」と呼ばれておりました。 今回はそんな …

大掃除に手作りアロマクレンザ・クリーナーを活用してお家をナチュラルクリーニング

暦はもう師走となり、1年の振り返りをしながら来年の目標や計画を立てている方も多いのではないでしょうか。特に2020年は誰も予測できなかった「コロナ禍」という出来事が起き、昨年とは違う行動や生活をせざる …

もっと普通に!血のつながり以外の選択「養子縁組」について

なかなか結果のでない不妊治療に苦しんでいる方や、血のつながりはなくても子供を育ててみたい方。 もうひとつの選択肢「養子縁組」について考えてみたことはありますか? 実子以外は絶対考えられないと思っている …

母に必要な「立ち止まる勇気」持っていますか?

仕事で忙しい母親。 心の中では、子どものことを想っているのだが、それを言葉にして伝えることはない。 その母親に不満を持つ子ども。 「今日は一緒に食事をする。」と約束をしても仕事でどうしてやらなければい …

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング対象話し合いが途中で終わってしまう夫婦

夫と話しても疲れるだけ! 夫婦の話がかみ合わない原因は○○にあった!

愛し合って一緒になったはずなのに、毎日の生活を繰り返しているうちに、夫と話すだけでイライラするという女性は多いことでしょう。 たとえば、夫婦で会話をしていて、妻がちょっとした愚痴をこぼしたとします。 …