消費税アップ目前の駆け込み消費「増税前に買っておくべきものは何?」

投稿日:2019-09-07 更新日:

消費増税前駆け込み需要

2019年10月1日から、消費税が8%から10%に上がります。

中には増税前に買ったほうがお得なものは買っておきたいという人もいるかもしれませんね。

実際、消費増税前に購入したほうがいいものって、あるのでしょうか?

今回は、私たちのお財布に直結するこの問題を見ていきます。

増税後も値上がりしないものがある!

消費増税前駆け込み需要値上がりしないもの

消費税が上がるからと、なんでも増税前に買ってしまおうと考えている人、ちょっと待って!

増税しても値上がりしないものがあるんです。

・非課税のもの

消費増税前駆け込み需要非課税
消費税がそもそもかからないもののことです。

以下のようなもの・サービスが、非課税です。

土地代、家賃、有価証券、商品券・プリペイドカード、行政手数料(住民票等)、保険料、出産費用、保険診療費、介護保険サービス、学校の授業料・入学金 など

これらのものは、じっくり吟味してから増税後に購入しても問題ないでしょう。

・軽減税率が適用されるもの

消費増税前駆け込み需要軽減税率

軽減税率とは必要最低限の生活必需品は消費税が8%のままという制度。

食料品や飲料品などは、お酒や外食でなければ8%のままです。

増税前に買っておくといいもの

増税前に買っておくといいもの

では、増税前に買っておいたほうがいいものには何があるのかというと、

  1. 高額商品
  2. テーマパークや美術館などの前売り券
  3. 交通運賃(定期券の料金も含む)
  4. 塾や社会人向けスクールの入塾料

といったものがあります。

1.高額商品

消費増税前駆け込み需要高額商品

住宅、車、家具などの高額商品には、高額な分だけ多くの消費税がかかります。

ですから、消費税が上がる前に購入を検討するといいでしょう。

結婚式も、増税前に挙げるのが賢いでしょう。

※住宅購入の場合、一定条件を満たせば「すまい給付金」をもらえ、「住宅ローン控除」も増税後であれば期間延長がされることになりました。

条件を満たすかどうか、調べてみてはいかがでしょうか。

テーマパークや美術館などの前売り券

消費増税前駆け込み需要テーマパーク美術館前売り券

これら施設の利用日が増税後だったとしても、増税前に前売り券で購入しておけばば、消費税8%の価格ですみます。

とはいえ、わざわざ増税前に予定を無理に空ける必要はありませんが……。

交通運賃(定期券の料金も含む)

消費増税前駆け込み需要交通運賃定期券

この記事が公開される現時点では、JR・私鉄各社が国土交通省に対して運賃改定を申請したというニュースが出ています。

例えば、定期券を利用しているようであれば、増税前に買っておけば、増税後の乗車でも8%のまま利用することができます。

塾や社会人向けスクールの入塾料

消費増税前駆け込み需要社会人向けスクール塾

非課税対象として学校の授業料・入学金がありますが、それは学校教育法において「学校」となっている場に限ります。

ですから、塾や社会人向けのスクールは課税対象です。

もし入塾を考えているのであれば、増税前に契約をしたほうがお得です。

消費増税前駆け込み需要家計

消費税のアップは、家計に直結する問題です。

賢く消費活動をして、無駄をなくしましょう。

黒木 美郷(くろきみさと)
ファイナンシャルプランナー。
30代女性を中心に、相談者に寄り添うライフプランニングをしています。
2つ年上の旦那と東京で2人暮らしをしており、お酒&お肉LOVEの妊活中ライターでもあります。毎日の食生活や運動を意識しながら、自分の子どもを妄想しつつ世界各国の育児ノウハウも収集しています。


一億人の絶対婚期

-マネー
-,

関連記事

no image

増加し続けるタンス預金に潜む大きなリスクとは?

現在、国内のタンス預金の残高はおよそ40兆円といわれています。2006年のタンス預金残高が約27兆円と試算されていたので、10年で13兆円も増えた計算になります。 これは、長引く不況と超低金利時代の到 …

クリスマスプレゼント子ども2018

子どもに贈りたい♪おすすめのクリスマスプレゼント2018<赤ちゃん・幼児・小学生>

もうすぐクリスマス♪ クリスマスといえば、プレゼントですよね。みなさんプレゼントは決まりましたか? 子どもへのクリスマスプレゼントは何しようかとお悩みのみなさん! 姉妹サイトママニティで、「子どもへの …

早めの対策で安心したい!「育児貧乏」の脱出方法

あなたは、通帳の残高を見て、溜め息をついてしまう事はありませんか? 厚生労働省の平成27年度「国民生活基礎調査」によると、児童のいる世帯の63.5%が「生活が苦しい」と回答しています。 姉妹サイト「マ …

いくら稼ぐのがベスト?パート主婦が知るべき「収入の壁」

パートで働く主婦が「税金が取られる」「夫の控除から外れる」といった理由で、働く時間を減らして収入を調整することがあります。 これが「収入の壁」とよばれるもので、ある金額を境に、所得税や住民税、社会保険 …

定期預金は絶対に安全なのか? 安全第一に潜むリスクとは

定期預金は本当にノーリスク? 「お金は安全確実な定期預金で貯めている」 そんな方も多いのではないでしょうか。確かに株は、定期預金のように元本保証されてはいません。新聞で「日経平均急落」などの文字が躍る …