新茶の季節に始めたい!ペットボトルでもOK♪お茶ダイエット

投稿日:2019-03-13 更新日:

お茶ダイエット水
お茶は、ほとんどがノンカロリーもしくは低カロリー。普段飲んでいる飲料が砂糖入りの場合、お茶に変えるだけでもダイエットにカロリーカットになります。

また、お茶に含まれる成分ではカテキンポリフェノールが良く知られていますよね。

カテキンには、抗酸化作用があり老化防止の効果も期待できるそう。
ポリフェノールは、脂肪の吸収を抑える働きがあります。

お茶は、食事の時に一緒に飲むか、食後に飲むだけでも効果があるそう。身近なお茶でも、毎日飲んでいくことでダイエットに繋がるようです。
お茶の種類だけ効果もさまざまあるようですが、主な健康効果をまとめてみました。

お悩み別オススメのお茶

ダイエットお茶選び

ダイエットに!

烏龍茶

食事の時に一緒に飲むと、太りにくくなる効果があるそう。
脂肪の吸収を抑制するほか、脂肪の分解もしてくれるのだとか。

プーアール茶

脂肪の燃焼を促す成分がタップリ!
脂肪の吸収も抑えてくれるほか、利尿作用があるのでむくみの解消にも。

緑茶

脂肪の燃焼や分解を促しエネルギーに変換する働きがあるそう。
コレステロールや血糖値を下げるといった効果も!

杜仲茶

コレステロールの吸収を抑えてくれる効果があります。
ノンカフェインなのでカフェインが気になる人にもオススメ。

便秘悩みに!

黒豆茶

腸内環境を潤してくれるため、硬い便が柔らかくなって便秘解消に。
血行や保湿効果もあるそう!黒豆には、むくみを解消するだけでなく、アーリーアンチエンジングに効果的なアントシアニン(ポリフェノール)や、女性に嬉しい大豆イソフラボンも含まれています。

ごぼう茶

食物繊維が腸の働きを活性化し、オリゴ糖が腸内の環境を整えてくれる働きがあるそう。
冷え性の人にもオススメ。

むくみを解消したい!

ハトムギ茶

腎臓の働きを活性化させる効果があり、身体に溜まった水分の排出を促してくれるそう。
肌トラブルを抱えている人にもオススメ。

どくだみ茶

身体にこもった余分な熱を取り去る効果があります。身体がほてってむくむ方におススメのお茶です。
デトックス効果(体内に生じた老廃物や毒素を排泄する働き)があり、湿疹やあせもにも有効であるといわれています。

桑の葉茶

中国では太古の昔から漢方薬にも用いられている桑の葉茶。水分代謝を調節して、身体から余分な水分を取り去りむくみを解消する効果のあるお茶です。
むくみだけでなく、湿度の多い季節におこる関節の痛みにも効果があります。クセのない飲みやすいお茶です。

とうもろこしのヒゲ茶

利尿作用によりむくみを解消する効果のあるお茶です。ノンカフェインで鉄分も含まれる女性に優しいお茶です。トウモロコシ茶、コーン茶にも同様の効果があります。

ペットボトルのお茶でもOK!

ダイエットのために飲むお茶はペットボトルのお茶でも良いそう。

ペットボトル茶はちょっと薄めだし…という人は、水出しティーバックをマイボトルやペットボトルに入れて飲むという手も!

最近は、特定保健用食品のお茶も増えてきており、体脂肪を減らすといった商品も多いので上手に飲んでみたいところ。

常温もしくは温かい状態で、少しずつ飲むと良いそう。

ただし、効果を期待して飲み過ぎには注意!

いちいちお湯を沸かして煮出すのはちょっと手間という人は、ペットボトル茶から始めてみてはいかがでしょうか。

※こちらの記事はインターネット、SNSのクチコミやテレビ番組で取り上げられたやり方をまとめたものを紹介したものです。結果を保証するものではございません。

編集:35style
出典:ダダダダイエット


一億人の絶対婚期

-グルメ, ビューティー, ライフスタイル
-

関連記事

嫁姑バトルに終止符!?お互いが幸せに暮らせるコツ

『姑の仇を嫁が討つ』という、ことわざがあります。 姑の悔しい思いを嫁が晴らしてくれるといった、いい話のようなイメージですが、実はこれ、“姑にいびられた仇を、嫁をいびることで晴らす”という意味。 なんと …

運動神経は遺伝しない!?子どもを運動音痴にさせない方法

「運動神経の良い子に育ってほしいな」 そう願うママも多いはずです。私自身、運動に関して良い思い出がないので、尚更そう思います。 その反面、「私に似て運動音痴になってしまうのではないか」と不安にもなりま …

小学生実態変化調査

スマホ・携帯電話、脱毛は当たり前?今の小学生の驚きの実態

時代とともに子どもたちへの取り巻く環境は変わっていきますよね。 近年ではスマートフォン・携帯電話の普及により、子どもたちの生活スタイルにも影響を及ぼしていますよね。 筆者も小学生の子どもを持つ母ですが …

育休を取りたい!でも周りの目が気になる…悩める父親たち

「育休を取りたいけど、周りは良く思わないのだろうな…」 そう考えている男性は多いのでしょうか。 私の夫が働く職場には、男性の育児休暇取得制度があるにもかかわらず、これまでに取得したという人は、一人もい …

最初は「家族団らん」から!天才アスリートの作り方

2020年の東京オリンピックが近づくにつれて、次世代を担う若き天才アスリートたちの活躍を目にする機会も多くなってきました。 そんな彼らの勇姿を見るとき、ついつい我が子を応援するような気持ちで見てしまい …