みんなのお金事情 生活費

生活レベル調査:家庭の食費は毎月いくら?<アンケート結果発表>

投稿日:2018-03-06 更新日:

生活レベル実態調査

生活レベルの差が出やすいものの一つといえば食費です。

毎日のごはん、お弁当、おやつなどなど、食費は節約したいけど、国産や外国産かといった産地のことや、無農薬・無添加の食材のことなど、こだわればこだわる程、かさむ食費……。

実際、世の中のファミリー世帯は1ヵ月の食費はいくらでやりくりしているのでしょうか?

今回は、ママニティ読者のみなさんに調査をした結果を発表します。

生活レベル調査:家庭の食費は毎月いくら?

調査1:家庭の食費は毎月いくら?

家族の人数や子どもの年齢によっても食費は大きく変わってくると思いますが、多数の方が3万~5万でやりくりしていることがわかりました。

ここで総務省のデータをみてみると、月平均の食事(外食費及び酒類代を除く)は、
● 単身世帯:平均26,425円/月
● 総世帯:平均47,135円/月
(平均2.38人の世帯人数)

● 2人以上の世帯:平均56,717円/月
(平均3.02人の世帯人数)

となっています。

やはり家族の人数が増えると食費もかさむことがわかります。

総務省統計局 家計調査報告(家計収支編)―平成27年(2015年)平均速報結果の概況―『総世帯及び単身世帯の家計収支』表Ⅲ-1-2 消費支出の費目別対前年実質増減率 より

食費アンケートに回答した方々のコメント(ピックアップ)

食費アンケートに回答した方々のコメント(ピックアップ)

ここからは、今回の調査にあたって回答をしてくださった方々から寄せられた、食費に関するコメントをピックアップしていきます。

◆リアル食費話1:やっぱり男の子は……

リアル食費話1:やっぱり男の子は食べる量が凄い

「男の子4人新生児1人旦那とあたしの7人家族。男の子の食欲ハンパなく米の消費が激しい!」

「男の子二人…下の子はまだ離乳期だけど普通に食べようになった時のお米代が今からドキドキします…」

「旦那と子ども2人(男)と4人暮らしです。子どもが大きくなってきて食費がかさみます。。 とにかく肉・肉・肉!そして米! 中学生、高校生になったらどうしよう。。笑」

◆リアル食費話2:旦那の食事代なんとかしてくれー!

リアル食費話2:旦那の食事代なんとかしてくれ

「旦那が糖質ダイエットを初めて明らかに食費が増えた。早くやめて欲しい。」

「義父と同居しており、大人3人と子ども(4歳0歳)です。 旦那の仕事の関係上、朝昼を外で食べるので食費がかなりかかります…」

◆リアル食費話3:大家族の悩み

リアル食費話3:大家族の悩み

「家族7名なので、かなり食費がかかります(T_T)」

 

いかがでしたか?

食費の節約を意識することが大事

「食費がかさむ~!」と嘆いてばかりではなく、食費の節約を意識することが大事ですよね。

最近は調理済み食品や半調理済み食品がたくさん売られていて、忙しいお母さんには大助かりですが、これもなるべく控えて、自炊で作りおきをしておけるとよさそうです。

また、無駄なものは買わない、外食を極力減らすなど、心がけ一つで工夫できることはたくさんあります。

まずは、出来ることから少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。


金運占い燕京無料

-みんなのお金事情, 生活費

関連記事

知らなきゃ損!サラリーマンでも確定申告で税金が戻る!

サラリーマンの所得税は、会社が毎月の給与から源泉徴収しておき、年末調整によって納税額が確定し払い過ぎた分があれば戻ってきます。そのため、サラリーマンは基本的に確定申告をする必要はありません。 しかし、 …

増加し続けるタンス預金に潜む大きなリスクとは?

現在、国内のタンス預金の残高はおよそ40兆円といわれています。2006年のタンス預金残高が約27兆円と試算されていたので、10年で13兆円も増えた計算になります。 これは、長引く不況と超低金利時代の到 …

子供のお小遣いっていくらあげればいい?

子供が成長し、小学生になるころにはお友だちとの付き合いも始まり、お小遣いが必要になってきます。 お小遣いは、子供にお金の使い方を学ばせる絶好の機会です。 しかし、 「いつからあげるのか?」 「どれくら …

月収18万でも毎月3万貯金! 今すぐできる賢い&簡単お金習慣

「貯金しなきゃ!」と思いつつ今月も気が付いたら赤字……。 追い打ちをかけるように突然大きな出費があると、さらに家計は圧迫されてしまいます。 子供の習い事や将来の学費のこともあるから「1円でも多く貯金し …

住宅ローンに生命保険がついているってホント?

住宅ローンを借り入れるとき、ほとんどの金融機関では「団体信用生命保険」への加入が融資の条件となっています。 ただし、住宅金融支援機構のフラット35と一部の金融機関では任意加入となります。 団体信用生命 …