「ママを取られた!弟・妹ばかりズルイ!」複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

投稿日:2018-03-09 更新日:

複雑な兄や姉の嫉妬をやわらげる方法

「いつも弟の味方ばかりする!」
「妹にばかり甘い!」

弟や妹をもつ兄・姉なら1度は抱いたことのある感情ではないでしょうか。

一方、ママにしてみると「兄弟・姉妹は平等に接しているのに」と、嫉妬の炎に燃える兄弟・姉妹を見て悩みは深くなるばかり……。

そこで今回は、兄弟・姉妹の嫉妬をやわらげるような対応法を紹介します。

嫉妬対処法1:兄・姉の言い分をよく聞く

嫉妬対処法1:兄・姉の言い分をよく聞く
毎日忙しいと「お兄ちゃんなんだから」「お姉ちゃんなんだから」と、ついつい言ってしまうこともあるでしょう。

しかし、そのひとことで、上の子は「どうしていつも自分だけ?」という気持ちから、弟や妹に憎しみを抱く可能性があります。

ママはやることがいっぱいで大変だとは思いますが、やっていることを止めて、上の子の言い分をしっかり聞きましょう。

言い分を聞くことで、子どもは「自分の話を聞いてくれた」という満足感を得られ、嫉妬心がおさまります。

嫉妬対処法2:下の子に非があるなら叱る

嫉妬対処法2:下の子に非があるなら叱る
年齢差のある兄弟・姉妹がケンカをしているケースでは、どうしても上の子を叱りがちです。

明確な理由がないまま上の子を叱り過ぎると、理不尽な思いから、下の子に対する嫉妬心は燃え上がるばかりです。

また、叱られすぎて育った子どもも、叱ってもらえずに育った子どもも、いずれも安定した大人から保護され愛されたという経験をできずに育つことになるといわれています(※)。

ケンカの理由を聞いて、明らかに下の子に非があるのなら、ママは下の子をしっかり叱りましょう。

嫉妬対処法3:多少の嫉妬は見て見ぬふりをする

嫉妬対処法3:多少の嫉妬は見て見ぬふりをする
『カイン・コンプレックス』という言葉を聞いたことがありますか?

カイン・コンプレックスは精神科医・心理学者のユングが提唱した、コンプレックスの一種です。

このコンプレックスは単に兄弟間・姉妹間で競争心と嫉妬が複雑に絡み合っているのではありません。

競争心と嫉妬心の裏側には、親の愛を独占したいという気持ちがあるのです。

親の愛を独占したいという気持ち

わずかな嫉妬心なら、それは競争心に変わって、自分自身を高める糧になります。

ママから見て「このくらいなら大丈夫かな」というような兄・姉の嫉妬なら見て見ぬふりをするということも、兄・姉の嫉妬心をやわらげる1つの方法です。

もちろん、過剰な嫉妬は子どものストレスに繋がりますので、見て見ぬふりをしてはなりません。

 

いかがでしたか?
子育てはひとりで抱え込まないことが大切
色々試してみて、ママなりの法則を見つけてみて下さい。

また、ママの手に負えない場合は、家族やママ友をはじめ専門家に相談するなど、ひとりで抱え込まないようにしてくださいね。

 

【参考】ユング心理学、日経ウーマンオンライン、ママニティなど
(※)出典:学校運営?470(2000年)特集子どもと家庭p.14~19 全国公立学校教頭会編集

-ライフスタイル
-,

関連記事

ママ友愚痴話す?どこまで

ママ友に愚痴を話す?夫・旦那の話をするときに注意すべきこと

子育てをしているなかで、心の支えになるのがママ友という存在。 仲が深まるにつれ、子どもの話だけでなく、時にはプライベートな話、夫の愚痴、夫婦の悩みまでもさらけ出してしまうこともあるのではないでしょうか …

イライラした時は要注意!子どもをダメにしてしまう親の言葉Best3

毎日の子育ては楽しいし、元気を貰えるし、癒されますよね。 でもその思いとは裏腹に、忙しい時や疲れている時にはついイライラして子どもに当たってしまうこともあります。 そんな時につい言ってしまう「ひとこと …

【第1話】ついに我が家にもやってきた!小学3〜4年生頃に起こる反抗期、ギャングエイジ。

はじめまして!今回から35styleで連載をさせて頂く事になりました。 小学生の女の子と男の子を育てる、看護師minamamaです。 嵐の様に過ぎていく毎日を漫画でお届けしたいと思います。 我が家の家 …

簡単風水運気アップおうち時間断捨離幸運

満腹なのに食べ続けてしまうのは、心のサイン?

気づかないうちにはまる「エモーショナル・イーティング」とは ときどき、「丸ごと1枚のピザ」「バケツのようなカップに入ったアイスクリーム」を、心ゆくまで食べてみたいと思うことはありませんか? 実際に食べ …

倦怠期を乗り越える方法

夫婦に訪れる倦怠期を乗り越える方法~ずっとラブラブではいられない?

恋人時代は、ドキドキが楽しくてたまらなかった。 新婚時代は、家族になれた喜びでテンションMAX! これ以上の幸せはないと思えるほどだった。 結婚生活にも慣れ、夫婦として落ち着き始めた頃、はたと思ってし …