しつけ 子育て

【体験談】男の子を成長させる母親の叱り方とは?

投稿日:2018-11-23 更新日:


子どもは母親が理解できない行動をします。

特に男の子

我が家には息子と娘が1人ずついますが、息子は「なんでこんなことをするんだろう?」と思わず笑ってしまう行動が多いです。

まず、息子は枝や棒が大好き!

公園に行くと、必ずどこから枝のような棒を見つけて手に持っています。

持つだけならいいけど、それを振り回したりするんですよね。

「お友達にあたると危ないからやめて!」と注意をするのですが、また、どこかから棒を見つけて手に持っています。

「その棒はどこから見つけてくるんだろう…」と思うくらい棒や枝を見つけてくる天才です。

「何故、棒が必要なの?」と聞いてみると「何か宝物が落ちているかもしれないから、これで草を分けて歩くんだ」と真顔でいいます。

「そうか!いつかお金持ちになるかもしれないね」と答えたのですが、未だに夢のままです。

男の子の行動には理由がある

男の子を成長させる母親の叱り方とは?
「男の子を伸ばす母親は、ここが違う!」の著者である松永暢史先生は「男の子と女の子とでは感覚が違う」と言っています。

女の子は男の子よりも、決められたことをしっかりこなすことが得意だそうです。

一方、男の子は面白いことをする天才です。

ある日のファミリーレストランはこんなことが。

息子はフリードリンクで色々なジュースを少しずつグラスに入れてきました。

「もう!何やってるの!」と聞くと息子は「これは実験。もしかしたら、凄い美味しい味が完成するかもしれない!」と言ってテーブルの上にある塩やコショーも入れて味見を続けています。

ここで気づいたのです。

棒の話。ジュース実験の話。

ともに、理解不能な行動には理由がありました。

そして、理解不能な行動は思いがけなく素晴らしい結果を招く可能性もあったのです。

男の子は無視が一番こたえる

男の子を成長させる母親の叱り方とは?

松永先生の著書によると、母親にとって理解できない行動を男の子がした際には怒るよりも理屈で説明したほうが効果的とのこと。
  • 何故いけないのか
  • どうしてお母さんが困るのか

具体的に説明するのです。

そして、感情的になるよりも、冷静に説明するほうが効果があります。

ただし、冷静に理屈で説明をしても効果がない場合は、子どものやったことに対してリアクションを薄くするほうがいいそうです。

男の子は大声で怒鳴るよりも無視が効果的。

でも、完全に無視してしまうのは酷なので、薄いリアクションをとるくらいがベストとのことでした。

毎度のように驚かされる男の子の行動。
「これは長所だ」と考え方を変えてみましょう。

そして、叱らなければならない場合は、これらの叱り方を参考にしてみてはいかがでしょうか。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


林緋沙子無料占い死に際まで見える生涯あなたと一緒にいる人

-しつけ, 子育て
-

関連記事

男女の発達の違い男の子叱り方

子どもの遊びに潜む危険…安全に体験させる方法とは?

最近は、自由に遊びたいだけ遊ぶ子どもが減ったような気がします。 公園を出ればスグ道路。昔のように自由に遊べる田んぼや空き地は減少。 子ども達を見守る地域の人との繋がりも減少。 そして遊び方も変化してい …

家族問題カウンセラーが見た【時代とともに変わりゆく小学生のトラブル】

子供達のトラブルは、時代と共に変化しています。 昔は、トラブル内容も複雑ではなく、お友達同士のちょっとした喧嘩や、子供同士がぶつかってどちらかが怪我をしてしまった、など単純なものが多く、いじめや仲間外 …

子育て上手な親になるための、たった1つの方法。

「素敵な子どもに成長させてあげたい」 親なら誰もが願うことではないでしょうか。 どんな子育てをすれば良いのか、子育て上手な親になるにはどうすれば良いのか。 そう考える日々が続いた頃、子どもが小学校に上 …

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

小学生女の子反抗期

発達障害の小5の娘の反抗期が凄すぎる!対処法はたったコレだけ!?

「この子に反抗期が来る日はあるのかな?」 長女が小さい頃、ふと考えたことがありました。当時から言葉の発達は遅めでしたが、天真爛漫な自由人だったので、「反抗期」がこないまま大人になるのではないかと本気で …