息子と遊ばせたくないというママ友の声を聞いて、私が思ったこととは?

投稿日:2021-02-03 更新日:


うちには9歳の男の子がいます。

これが元気な元気な男の子なんです。

小さい頃は、その元気さで、周りのお友達に迷惑をかけたり、お店の中を走り回ったりと、頭を下げない日はありませんでした。

息子の子育てに関しては本当に悩みました。

今回は私が息子の子育てで経験したお話です。

息子の行動に頭を下げる日々

うちの長男は本当に元気な男の子でした。特にこちらの言っている事がまだ理解できない時期は本当に大変でした。

公園や支援センターでは、お友達のおもちゃを横から取ろうとしたり、貸してくれなければ相手を叩いてしまったり、順番抜かししてしまったりすることもありました。

絵本の読み聞かせ会では、元気過ぎてその場にいる事に苦痛を感じて、頭を下げて帰ってしまうこともありました。

本当に頭を下げない日はありませんでした。

ある日、支援センターでママ友達の会話が聞こえて来ました。

「○○君(息子の名前)の近くにいると叩かれたり、おもちゃを取られたりするから、子どもが近くに行くとヒヤヒヤするし、近くには行かせないようにしている。」という内容でした。

それはショックでした。友達だと思っていたのに、そう思っているのは私だけだったのか・・・。

もう息子を連れてこの場所には行けないと思いました。

どの場所に行っても頭を下げる事ばかり。

まだ小さい息子に注意しても、同じ事の繰り返しで、この毎日はいつまで続くのかなと思っていました。

息子を押さえつける事も出来たのですが、小さな子どもにとっては当たり前の行動、それをしてしまっては息子のためにはならない。

毎日葛藤と戦いながら過ごしていました。

子育てに無駄はない!


その長男が小学4年生になりました。

親バカかもしれませんが、息子は素直で優しい子どもに成長しました。

お手伝いもして、祖父母も大切にします。

9年経った今、あの頃頭を下げ続けた日々が無駄ではなかったと思っています。

今、同じような思いをしているママがいるとしたら、その思いと行動は無駄ではありません。

子育てに無駄はありません。子どもの事を思うママの気持ちは、きっと未来に繋がっています。

数年後のお子さんの未来を思い、自信を持って明日も楽しく子育てしましょう♪


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
子育て応援「ZEROSAI」

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

離婚へ進む前の砦夫婦カウンセリング対象話し合いが途中で終わってしまう夫婦

夫と話しても疲れるだけ! 夫婦の話がかみ合わない原因は○○にあった!

愛し合って一緒になったはずなのに、毎日の生活を繰り返しているうちに、夫と話すだけでイライラするという女性は多いことでしょう。 たとえば、夫婦で会話をしていて、妻がちょっとした愚痴をこぼしたとします。 …

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

もしかして我が子もそうなってしまう…?「アダルトチルドレン」って?

「アダルトチルドレン」とは、「子どもっぽい大人」や「大人っぽい子ども」という意味ではなく、「機能不全家族の中で育ち、成人した人」のことをさします。 アダルトチルドレンは、自己肯定感が低い、人と親しくな …

子どもの五感が磨かれる「朝ごはん」とは?

朝ごはんが脳にとっても大事ということは早寝・早起き・朝ごはんの推進を通じて皆さんもよくご存知だと思います。 その朝ごはんにひと手間かけるだけで、子ども達の五感が磨かれるということをご存じですか? ポイ …

【子どもの嘘】問題ある嘘・問題ない嘘

私は息子が小さい頃から「嘘つきは泥棒の始まり」と言い続け、育てました。 すると小学三年生となった息子は「どうしよう…警察に捕まってしまう…」とビクビクするようになってしまいました。 厳しくするのは程々 …

その食品は大丈夫? 医者や栄養士が食べないようにしている食品3種を公開

私たちの体は食事によって作られています。 だからこそ、少しでも体に良い食材・食品を採ろうと響工夫しています。 しかし、自分の体にいい影響を及ぼすだろうと考えて口にしている食品の中には、医者や栄養士とい …