くらしの豆知識 子育て 心のケア

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

投稿日:2019-07-26 更新日:

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。

知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。

え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子どもと一緒に昼寝しているだけでしょ?まだ半年の赤ちゃんは、そんなに動く事もないし、それで疲れが溜まるってどういう事?私なんて、毎日仕事に行って、遅くまで残業をしている。あなたの「疲れる」は、たいした事ないよ~。

この場所、時間、言葉にならなかった感情
今でも凄くよく覚えています。

「確かに、まだ赤ちゃんかもしれないけど、でもね…」の後が続きませんでした。

私の、心情や置かれている環境や、感じているこのモヤモヤな気持ちを、どう言葉にしたら良いのか分からなかったのです。

Today(今日)という本に出会い、救われた

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
それから8年経ち、わたしはある詩に出会いました。

『今日』 (伊藤比呂美 訳)
今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら、なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか
わたしは、この子が眠るまで、
おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、
ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、
それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、
していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、
たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?
今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、
この子のために
すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ

大切なことは見えない所に隠れている

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
この詩を読んだ時、涙が止まりませんでした。

そして、8年前に言われた、知人からの言葉に対する「でもね…」の後に続かなかったモヤモヤな感情を、この詩がすべて解決してくれたように感じました。

育児は楽しいけど、そればかりじゃない。

子育てには正解がない分、ママ達には悩みがつきもの。

大切なことは目に見える事実ではなく、目に見えないものだ。

そう思えたのです。
うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
ちなみに、うちの旦那にこの詩を読ませたらナイスな返事が!

「部屋が汚いといつも文句言っていることが申し訳なくなった。ママ達は、自分達の見えない時間の中で、こんなにも子どものためにしてくれているんだね。」

部屋が汚いのは揺るぎない事実ですが…。

内心、いつも部屋が汚くて申し訳ないと思っているのですよ。ごめんなさい。

子育ての正解は子どもの満面な笑み!
私は、それで良いと思います。

四柱推命

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-くらしの豆知識, 子育て, 心のケア
-

関連記事

とっても簡単!子どもの心が安定する5つのコツ

新年度が始まって、学年が上がったりクラス替えがあったり、身の回りの環境の変化がある季節。 もしかすると、お子様の心は少し不安定になっているかもしれません。 親としては子どもにはいつも笑顔て居て欲しいと …

【感動】バス車内で泣きやまない赤ちゃん。運転手の心温まるアナウンスが話題に

バスや電車の中で突然赤ちゃんが泣きだす光景は誰でも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。 あの手この手で何とか赤ちゃんをなだめようとしてもまったく泣きやまずに、気まずくなって結局途中下車してし …

子どもの習い事は親の自己満足?娘のピアノレッスン拒否からの学び

今の子どもは、小さい頃から多くの習い事をしています。 友達と遊ぶ時間もないほど毎日何か習い事をしている子どもも、少なくありません。 「子どもには色々なことを早くから経験させて、可能性を見出してあげたい …

6年間の不妊治療を経て里親となった漫画家、古泉智浩さんインタビュー

これまでずっと何年も真っ暗な夜道を裸足で歩いているような気持ちだったー そう語るのは、6年間にも及ぶ不妊治療で600万円を費やしたのち、「里親」という選択をした漫画家・古泉智浩(こいずみともひろ)さん …

発達障害料理苦手

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第4話:料理ができナイ!

私、家事が苦手な女なんです。 ありとあらゆる家事がほぼ壊滅状態ですがw、その中でも第一回では「片付けができない」についてご紹介いたしました。今回は料理について。 私は2017年7月に児童精神科にてAD …