うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

投稿日:2021-04-27 更新日:

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。

知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。

え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子どもと一緒に昼寝しているだけでしょ?まだ半年の赤ちゃんは、そんなに動く事もないし、それで疲れが溜まるってどういう事?私なんて、毎日仕事に行って、遅くまで残業をしている。あなたの「疲れる」は、たいした事ないよ~。

この場所、時間、言葉にならなかった感情
今でも凄くよく覚えています。

「確かに、まだ赤ちゃんかもしれないけど、でもね…」の後が続きませんでした。

私の、心情や置かれている環境や、感じているこのモヤモヤな気持ちを、どう言葉にしたら良いのか分からなかったのです。

Today(今日)という本に出会い、救われた

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
それから8年経ち、わたしはある詩に出会いました。

『今日』 (伊藤比呂美 訳)
今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら、なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか
わたしは、この子が眠るまで、
おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、
ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、
それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、
していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、
たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?
今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、
この子のために
すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ
引用書籍:今日 / 伊藤 比呂美 (翻訳) 福音館書店 ¥1,540

大切なことは見えない所に隠れている

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
この詩を読んだ時、涙が止まりませんでした。

そして、8年前に言われた、知人からの言葉に対する「でもね…」の後に続かなかったモヤモヤな感情を、この詩がすべて解決してくれたように感じました。

育児は楽しいけど、そればかりじゃない。

子育てには正解がない分、ママ達には悩みがつきもの。

大切なことは目に見える事実ではなく、目に見えないものだ。

そう思えたのです。
うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
ちなみに、うちの旦那にこの詩を読ませたらナイスな返事が!

「部屋が汚いといつも文句言っていることが申し訳なくなった。ママ達は、自分達の見えない時間の中で、こんなにも子どものためにしてくれているんだね。」

部屋が汚いのは揺るぎない事実ですが…。

内心、いつも部屋が汚くて申し訳ないと思っているのですよ。ごめんなさい。

子育ての正解は子どもの満面な笑み!
私は、それで良いと思います。


執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

発達障害がある子どもとの接し方

発達障害は“障害”ではない!?「発達障害がある子どもとの接し方」【Part2】

前回の発達障害は“障害”ではない!?「有名人・偉人たちにみる発達障害」【Part1】では、発達障害を持つ人たちがどうしてその「障害」を感じさせず、成功をできたのか?という点について説明しましたね。 そ …

働くママは、お惣菜や外食をどれくらいの頻度で利用している?

今は共働きが当たり前と言われている時代ですよね。 仕事が終わって、疲れていても子どもの「お腹すいたー!」の言葉に、大急ぎで晩ご飯の支度をする毎日! 子どもの食育に気を使いたいけれど、外食やスーパーのお …

自信喪失ヤル気ゼロ改善風水カーテン朝日

8割のママが悩んでいる!?美容クライシスとは

みなさんは、美容クライシスという言葉をご存知ですか? 妊娠・出産を機に直面する美容面でのリスクの事で、妊娠中のホルモンバランスの影響や産後の肌質の変化で美容面の悩みが増えるようです。 特に産後は赤ちゃ …

無意識に人を遠ざけているかも……実はイラッとさせる行動と口癖

職場の人やご近所さん、ママ友など周囲の人とは良い関係を築いていきたいものです。本当に気が合う人がいれば、そのまま友達のように親しくなれたら楽しいな……と感じることもあるでしょう。 そういった人に出会っ …

夫婦生活マンネリ化で仮面夫婦に……仲良し夫婦の秘訣とは?

「好き」「いつも一緒にいたい」 そんな気持ちがあったらか結婚したはずなのに、今の夫婦生活は……。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から、マンネリ化した夫婦生活に関するお悩み&先輩 …