うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本

投稿日:2019-07-26 更新日:

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
子どもが生まれて半年くらい経った時の話です。

知人と会話中「産後、体力も落ちるし、なんだか疲れが溜まっている」と、私が話をした時、その場にいた知人が言いました。

え?なんで疲れるの?毎日、昼間は子どもと一緒に昼寝しているだけでしょ?まだ半年の赤ちゃんは、そんなに動く事もないし、それで疲れが溜まるってどういう事?私なんて、毎日仕事に行って、遅くまで残業をしている。あなたの「疲れる」は、たいした事ないよ~。

この場所、時間、言葉にならなかった感情
今でも凄くよく覚えています。

「確かに、まだ赤ちゃんかもしれないけど、でもね…」の後が続きませんでした。

私の、心情や置かれている環境や、感じているこのモヤモヤな気持ちを、どう言葉にしたら良いのか分からなかったのです。

Today(今日)という本に出会い、救われた

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
それから8年経ち、わたしはある詩に出会いました。

『今日』 (伊藤比呂美 訳)
今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた
きのうこぼした食べかすが
床の上からわたしを見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだとおもう

人に見られたら、なんていわれるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしてたの? とか
わたしは、この子が眠るまで、
おっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、
ずっとだっこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした。
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、
それはきゅうっと鳴った
わたしは、ぶらんこをゆすり、歌をうたった
わたしは、この子に、
していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな
たいしたことはしなかったね、
たぶん、それはほんと
でもこう考えれば、いいんじゃない?
今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、
この子のために
すごく大切なことをしていたんだって

そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ

大切なことは見えない所に隠れている

うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
この詩を読んだ時、涙が止まりませんでした。

そして、8年前に言われた、知人からの言葉に対する「でもね…」の後に続かなかったモヤモヤな感情を、この詩がすべて解決してくれたように感じました。

育児は楽しいけど、そればかりじゃない。

子育てには正解がない分、ママ達には悩みがつきもの。

大切なことは目に見える事実ではなく、目に見えないものだ。

そう思えたのです。
うまく説明できない、子育てのモヤモヤを解決してくれた本
ちなみに、うちの旦那にこの詩を読ませたらナイスな返事が!

「部屋が汚いといつも文句言っていることが申し訳なくなった。ママ達は、自分達の見えない時間の中で、こんなにも子どものためにしてくれているんだね。」

部屋が汚いのは揺るぎない事実ですが…。

内心、いつも部屋が汚くて申し訳ないと思っているのですよ。ごめんなさい。

子育ての正解は子どもの満面な笑み!
私は、それで良いと思います。

四柱推命

まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノゆの無料占い師

-ライフスタイル
-, ,

関連記事

断捨離挫折者も必見2割捨てミニマリスト

断捨離挫折者も必見!【2割捨て】で片付いた暮らしを手に入れよう

物にあふれた中で生活するのではなく、スッキリした空間でシンプルに生きることが人気を集めています。 ミニマリストと呼ばれる人も登場し、最小限の物だけで生活するための断捨離もブームです。 ですが、「断捨離 …

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく泣 …

一人暮らしの女性でもできるローリングストック

一人暮らしの女性でもできる!防災対策「ローリングストック」のすすめ

2020年に入ってすぐに見舞われたコロナ禍によって、ドラッグストアからはトイレットパーパーやティッシュといった消耗品が一時的に棚から消え、食品の供給も不安定な状況に陥りました。「日本は台風、地震など自 …

熟年離婚回避夫に長く愛される妻になる方法感謝

【第5回】コロナ離婚も多いけど、もしパートナーがいなかったら…

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 新型コロナのニュースで一色になり、テレビを付けると不安になる、ひとりで家にいることが不安になるという状況になっている今。 こんな時、ぐ …

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

しつけのため? 言うことを聞かないから? 頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。 一方で、育児支援の世界的なモ …