静かに出来る子と出来ない子の差は”ここ”にあった!

投稿日:


「静かにしなさい!」この言葉を何度我が子に言ってきた事か。
小さい頃は言う事はきかない。特に、男の子は元気でやんちゃ。それは当然の事にように思っていました。

が、あるVTRを撮影する時に、もしかしたら、静かに出来る子と出来ない子の違いは親にあるのではないかと気づいたのです。

親から「今日は何をすべきか」を伝えてもらっていない子ども達

とある休日、幼稚園の先生へ向けての感謝VTRを撮影するために、みんなが幼稚園に集まりました。
子ども達は、「休日の誰もいない幼稚園」「私服で幼稚園に来たこと」「休日にお友達と一緒にいられる事」に大変興奮していました。

最初は、みんながテンション高かったのですが、撮影が始まるとほとんどの子どもが静かなりました。

が、中には、撮影が始まってもまだまだテンション高く騒ぎ続ける子ども達がいました。

静かな子から撮影をスタートし、元気な子たちにはおよその撮影開始時間を伝え、落ち着くのを待つ事にしました。
が、その子達の番が来て声を掛けにいくと、私から逃げてばかり。

まるで鬼ごっこやかくれんぼみたいに楽しみながら逃げ続けます。

やっとの思いでその子達と話が出来る状態になり、撮影へと向かったのですが、撮影場所でもふざけてばかりで、全く話が先に進みません。

その子の親達を見ると、おしゃべりに夢中でこちらの状況を気にしている様子もありません。

とうとう我慢の限界となり、その子達に強い口調で聞きました。

「今日は、ここに何をしに来たか知っていますか?」

その言葉に、子ども達はびっくりし、私を見つめ答えました。

「わからない。お母さんに幼稚園に行くよって言われただけ。」

騒ぎ続ける理由は「どうするべき」を教えてもらっていないから

静かに待っている子どもにも同じ質問をしてみました。

すると「お世話になった先生にメッセージを言うため」と返ってきました。

そうか!理由は“ここ”にあったんだと気づきました。

静かにできない子ども達は、
「何故、休日の幼稚園に行くのか」
「そこで何をするのか」
「それは何のためにやるのか」

という事を親に伝えてもらっていないんだと思いました。

それから、その子ども達に、今日の意味を伝えました。

すると「知らなかった!」とあっさりと、撮影に応じてくれました。

親の伝え方で子ども達は大きく変わるという事を改めて実感しました。

ただ目的を伝えるのではなく、

「何故、それをするのか。」
「そのためにはどうするべきなのか。」

を伝える。

例えば、病院では、「具合の悪い人がたくさんいるから静かにしてあげようね。」と伝える。

そうする事で、子ども達は子ども達なりに理解をし、ちゃんと協力してくれる。

まだ小さいからと言って伝えないのではなく、小さい頃から伝え続ける事が大切だなと実感しました。

-ライフスタイル, 未分類
-,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

子供の「まだ帰りたくない!」には携帯アラームを有効活用!

子供と公園に行き「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」ってなりませんか? で、「じゃ、あと少しねー(●●分ねー)」と言って時間が来て「そろそろ帰るよー」というと「嫌だ!もーちょっとー」と …

「ごめんね」「いいよ」のやりとりは子どもの心を押さえつける?

小さな子ども達の間で繰り返される「ごめんね」「いいよ」。 年少さんくらいまでは「ごめんね」「いいよ」と素直に繰り返されていくのですが、年中さんくらいになると自分の意志が芽生えてきます。 「私のせいじゃ …

バターコーヒーダイエット

毎日0.5キロずつ痩せられる!?「バターコーヒー」ダイエットとは?

アメリカ発ダイエット、シリコンバレー式ダイエットをご存知ですか? バターコーヒー、完全無欠のコーヒーなど、2015年頃からあらゆるメディアがこぞってとりあげたので耳にしたことがある!なんて人も多いと思 …

【第9回】家庭を持ってからの悩みをどう発散していくかということ

世田谷でカフェをしながら結婚相談所の仲人もしている戸村真琴です。 戸村真琴さんの過去の記事はこちら わたしは仲人であり家族を作るお手伝いをする仕事をしていますが、そこからの延長で、家族を作ってからの夫 …

ママ友悪口陰口トラブル人間関係対処法

知らないところで悪口・陰口を広めてしまうママ友の心理とその対処法とは?

子どもを産む前は「ママ友つきあい怖い!」と思っていましたが、実際に足をつっこんでみるとそれほど怖いことはなく、穏やかな幼稚園ライフを送り始めることができました。 でも、災いは忘れた頃にやってくるようで …