子育て 心のケア

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

投稿日:

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

「子どもを誉めて育てよう」という言葉があります。
私はこの言葉を鵜呑みにして長男をただ異常に誉めました。

一緒に歩いていて、急に走り出したら「凄い!早く走れるね!」
高いところに登ったら「凄い!高くまで登れるね!」

急に走り始めたら危なくヒヤっとするけど”誉めないといけない”という気持ちが先行して誉めていました。。
今思い返してみると、ほんとバカみたい…と思ってしまいます。
なぜなら大好きなママが誉めるから、我が子の危険行動はエスカレートするばかり。

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

そこで気づきました。
誉めて育てるって意味を間違えてるかも!息子をいい子にしたいって一心で本当の意味を考えずに、ただ誉めるだけの育児をしていたのです。

『褒める』ではなく『認める』

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

みなさんはどんな時に子どもを誉めますか?
  • かけっこで1位
  • 挨拶がしっかり出来た
  • ママがお友達とお喋りしてる時、静かにしていた

全然誉めて良いと思います。
ただ、最後はママの都合ですよね。
誉めるというより「ありがとう」ですね♪

例えばダンス。「凄いね!上手に踊れているね」ではなく、

  • 腕が誰よりも綺麗に伸びている!
  • 出来なっかったスキップが出来るようになったね!
  • たくさん練習したんだね!

子どもと向き合い、しっかりと認めてあげてることが大切なんです。
親から見ると、つい他の子を比べてしまうのですが、自分の子ども時代を思い出して下さい。
他の子と比べられた時、どんな気持ちでしたか?
私は、いつも他の子と比べる親が嫌でした。

『認め』が蓄積されると『自身』に繋がる

褒めて育てるは間違い?本当に大事なのは「認める」こと

人は成長も個性もそれぞれ。
時には失敗することだってあると思います。
それでも大好きなお母さんやお父さんが「すごく頑張っていたね」「応援しているよ」と声をかけてあげることで、子供はまた頑張ろうと思うのです。

子どもは親に愛されていると感じることで安心し、自分を大切に出来るようになります。
まずはしっかりと子どもに寄り添い認めてあげる。
その『認め』が蓄積されて『自信』となり、大きな成長に繋がると感じています。
そして、その蓄積あるからこそ目の前に壁が立ちはだかった時も乗り越えられるのです。

認めて、愛して、育てていく!
これが私の持論です。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」


愛の伝道師JUNOユノ無料占い師1時間成就

鑑定歴30年の本格占い師に学ぶ
大人気の易占い講座
占い師になるには?
資格不要で主婦に人気!

-子育て, 心のケア

関連記事

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

大好き、可愛いと言われたことがなかった…記憶の中の母はいつも「のっぺらぼう」

子育てしていると、自分が子どもの頃のことをよく思い出します。 筆者は、母から「大好きだよ」「可愛いね」などと言われたことがなく、母に褒められた記憶はほとんどありません。 優しくて一生懸命家事をする真面 …

たったの10秒で!?親子で数字のセンスを身につける方法

数字は、学校の勉強だけではなく一生付き合っていくものです。 あるサイトで数字に強いと数学に強いは違う。数字に強いと出世すると書かれているものを見ました。 数字に強いと数字の背景が読み取れるので、会社経 …

子どもを追い詰めない叱り方のコツは「逃げ場」をつくること

みなさんは子どもを叱らない日ってありますか? 私は子ども達のためにも「叱らない日」を作ろうと思うのですが、なかなか実行できません。 なぜ「叱らない日」を作ろうとしたかというと、伝え方によっては子どもを …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

【号泣】両手が不自由な母が息子の為に毎日作り続けたお弁当。その背景には…

遠足、行楽シーズン、運動会… 「お弁当」が必要なイベント行事が多いですよね。 子どもにとって母の手作り弁当はいつまでも記憶に残るもの。 親としてもできるだけの愛情をこめて作ってあげたいというのが心情な …

SNSでも絶大な人気!若者の救世主!志茂田景樹さんインタビュー

派手なファッションに身を包み、Twitterでの人生相談や名言が若者の間でも話題となっている志茂田景樹さん。 1980年『黄色い牙』で直木賞を受賞した作家が、どのように育てられ、どんな子育てをしてきた …