子どもにサンタクロースは何歳まで信じさせる?

投稿日:2019-12-06 更新日:

サンタクロースクリスマス

朝起きると枕元にプレゼントが置いてある。

現実に起こる絵本のようなファンタジーの世界。

子どもの頃、誰もがサンタクロースを夢みたと思います。

子どもの喜ぶ顔を見たくて、クリスマスの日にはいろいろな演出をされている家庭もあるでしょう。

さて、みなさんは何歳までサンタクロースを信じさせますか?

衝撃!サンタクロースを見た!

サンタクロースプレゼント
私が子どもの頃の話です。

我が家のサンタクロースは、毎年、何か足跡を残していました。

英語のお手紙を残してくれたり、私が用意したサンタクロースへのプレゼントをベランダに落としていったり、などなど、いつもサンタクロースが来たんだという形跡がそこにはありました。

周りの友達は「サンタクロースはお父さんとお母さんだよ。」という子もいましたが、私は、本気で「信じている子の元にしか現れない」と信じていました。

そして、小学4年生のクリスマスの夜中。

部屋に誰かが入ってきた気配で目が覚めました。

そこには、プレゼントを持った父の姿が・・・。

父は枕元にプレゼントを置いて部屋からいなくなりました。

ショックでした。

本気でサンタクロースが存在すると思っていた私が、現実に引き戻されたような気分でした。

が、私は親にその事実を言う事が出来ず、小学6年まで信じたふりをしました。

理由は、「プレゼントが欲しい」という現実的なものもありましたが、やはり、いろんな演出をして私にサンタクロースを楽しませてくれている両親に申し訳ないという気持ちもあったからです。

そして、私が小学校の卒業式の日に両親から「サンタクロースは小学生にしか来ない。」という事を聞かされました。

その時に、小学4年で私が見た事を話しました。両親はニコニコと笑っていました。

ファンタジーの世界は子どもを強くする。

サンタクロースに限らずですが、ファンタジーの世界は、子どもを強くする力があると思っています。

その子が大人になって、社会で壁にぶち当たってしまった時にその力が発揮されます。

これからどうすればいいのか。どう行動すると、この先がどうなっていくのか。

先を想像する力を養ってくれるのがファンタジーの世界です。

そう考えると、サンタクロースを信じさせるのは親として当然の事のようにも思えます。

今、私は2人の子どものサンタクロースになりました。

私が子どもの頃に両親がやってくれたように、いろいろな演出で子ども達にクリスマスをプレゼントしています。

そうするのも、サンタクロースを信じて良かったと思っているからです。

子どもが「サンタクロースなんていない。」と、どこかで聞いてきたとしても、私は、「サンタクロースはいるよ」といい続けたいと思っています。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」

関連記事

【第2話】小学生男子が大好きな「下品ワード」に悩む日々

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。 今日は小学生男子の大好物ワードについてご紹介したいと思っています。 小学生の男女を育てる看護師ママコラム! バックナンバーは …

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

【厳選!ママが選ぶ】何度も読み聞かせしたくなる♪おススメ絵本

子供と過ごす時、絵本はとても手軽に楽しめます。 たった1冊でも、ほんの数分でも、読んでいる間だけはその絵本の世界に旅をして、再び現実に戻ってくるような満足感があります。子供にとっては発見の連続。 好奇 …

保育園幼稚園,違い,選び方

【保育園・幼稚園違いは?】息子を保育園、娘を幼稚園に入れてみて、思うこと

保育園は「働くママのための福祉施設」、幼稚園は「教育施設」。 そう聞くと、保育園は子どもの面倒を見るだけで、幼稚園は勉強を教えてくれそうな感じがしますが、逆に英語やスポーツを取り入れている保育園、のび …

SNSでも絶大な人気!若者の救世主!志茂田景樹さんインタビュー

派手なファッションに身を包み、Twitterでの人生相談や名言が若者の間でも話題となっている志茂田景樹さん。 1980年『黄色い牙』で直木賞を受賞した作家が、どのように育てられ、どんな子育てをしてきた …

ADHD特徴発達障害図解サンゴスタイル35style

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の向いている仕事・就職支援

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは発達障害の一つであり、不注意・多動性・衝動性の3つの特性があります。大人になってから気づくこともありますが、多くは子供の頃から落ち着きがない、集中力がない、感情がコ …