子育て 心のケア

子どもにサンタクロースは何歳まで信じさせる?

投稿日:2019-12-06 更新日:

サンタクロースクリスマス

朝起きると枕元にプレゼントが置いてある。

現実に起こる絵本のようなファンタジーの世界。

子どもの頃、誰もがサンタクロースを夢みたと思います。

子どもの喜ぶ顔を見たくて、クリスマスの日にはいろいろな演出をされている家庭もあるでしょう。

さて、みなさんは何歳までサンタクロースを信じさせますか?

衝撃!サンタクロースを見た!

サンタクロースプレゼント
私が子どもの頃の話です。

我が家のサンタクロースは、毎年、何か足跡を残していました。

英語のお手紙を残してくれたり、私が用意したサンタクロースへのプレゼントをベランダに落としていったり、などなど、いつもサンタクロースが来たんだという形跡がそこにはありました。

周りの友達は「サンタクロースはお父さんとお母さんだよ。」という子もいましたが、私は、本気で「信じている子の元にしか現れない」と信じていました。

そして、小学4年生のクリスマスの夜中。

部屋に誰かが入ってきた気配で目が覚めました。

そこには、プレゼントを持った父の姿が・・・。

父は枕元にプレゼントを置いて部屋からいなくなりました。

ショックでした。

本気でサンタクロースが存在すると思っていた私が、現実に引き戻されたような気分でした。

が、私は親にその事実を言う事が出来ず、小学6年まで信じたふりをしました。

理由は、「プレゼントが欲しい」という現実的なものもありましたが、やはり、いろんな演出をして私にサンタクロースを楽しませてくれている両親に申し訳ないという気持ちもあったからです。

そして、私が小学校の卒業式の日に両親から「サンタクロースは小学生にしか来ない。」という事を聞かされました。

その時に、小学4年で私が見た事を話しました。両親はニコニコと笑っていました。

ファンタジーの世界は子どもを強くする。

サンタクロースに限らずですが、ファンタジーの世界は、子どもを強くする力があると思っています。

その子が大人になって、社会で壁にぶち当たってしまった時にその力が発揮されます。

これからどうすればいいのか。どう行動すると、この先がどうなっていくのか。

先を想像する力を養ってくれるのがファンタジーの世界です。

そう考えると、サンタクロースを信じさせるのは親として当然の事のようにも思えます。

今、私は2人の子どものサンタクロースになりました。

私が子どもの頃に両親がやってくれたように、いろいろな演出で子ども達にクリスマスをプレゼントしています。

そうするのも、サンタクロースを信じて良かったと思っているからです。

子どもが「サンタクロースなんていない。」と、どこかで聞いてきたとしても、私は、「サンタクロースはいるよ」といい続けたいと思っています。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援をはじめ、高知県内外各地で子育てイベントを開催しています。
その中で、いかに、育児と家事を楽しむか、息を抜くか、手を抜くか(笑)毎日奮闘しています。
子育て応援「ZEROSAI」

-子育て, 心のケア
-

関連記事

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子供にお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …

座って食事しない我が子にイライラしない方法

うちの長男は2歳半ばまで座って落ち着いて食事することができませんでした。 何度言ってもダメ。 座ったと思ってもスグに立ってウロウロ。 注意する数だけ私のイライラが募ります。 座って上手に食べられる同年 …

睡眠不足の子どもが増えている!?夜型生活が及ぼす影響とは

みなさんは夜、眠れていますか? 寝ても昼間になると眠くなる、という場合は睡眠が足りていないのかもしれません。 睡眠不足は、医学的には「睡眠不足症候群」と言われる、れっきとした病気なのだそう。 大人でも …

発達障害心配相談

これもしかして発達障害?相談した方がいい基準とは?

私が長女の発達のことで、はじめて自治体に相談したのは3歳児健診の時でした。 その時はまだ「発達障害」とは思っていませんでしたが、専門の人に相談しなければならないほど、幼少期から周りの子と違うな…と思う …

【体験談】私が子育てに悩んだ本当の理由を打ち明けます

真っ暗なトンネルの中をずっと歩いている気がする 頭の中にこの言葉が浮かんだのは長男が生まれて3か月たった頃でした。 私は日々の疲れと、睡眠不足と、精神的ストレスで限界にきていました。 長男は本当よく泣 …