子どもにサンタクロースは何歳まで信じさせる?

投稿日:

サンタクロースクリスマス

朝起きると枕元にプレゼントが置いてある。

現実に起こる絵本のようなファンタジーの世界。

子どもの頃、誰もがサンタクロースを夢みたと思います。

子どもの喜ぶ顔を見たくて、クリスマスの日にはいろいろな演出をされている家庭もあるでしょう。

さて、みなさんは何歳までサンタクロースを信じさせますか?

衝撃!サンタクロースを見た!

サンタクロースプレゼント
私が子どもの頃の話です。

我が家のサンタクロースは、毎年、何か足跡を残していました。

英語のお手紙を残してくれたり、私が用意したサンタクロースへのプレゼントをベランダに落としていったり、などなど、いつもサンタクロースが来たんだという形跡がそこにはありました。

周りの友達は「サンタクロースはお父さんとお母さんだよ。」という子もいましたが、私は、本気で「信じている子の元にしか現れない」と信じていました。

そして、小学4年生のクリスマスの夜中。

部屋に誰かが入ってきた気配で目が覚めました。

そこには、プレゼントを持った父の姿が・・・。

父は枕元にプレゼントを置いて部屋からいなくなりました。

ショックでした。

本気でサンタクロースが存在すると思っていた私が、現実に引き戻されたような気分でした。

が、私は親にその事実を言う事が出来ず、小学6年まで信じたふりをしました。

理由は、「プレゼントが欲しい」という現実的なものもありましたが、やはり、いろんな演出をして私にサンタクロースを楽しませてくれている両親に申し訳ないという気持ちもあったからです。

そして、私が小学校の卒業式の日に両親から「サンタクロースは小学生にしか来ない。」という事を聞かされました。

その時に、小学4年で私が見た事を話しました。両親はニコニコと笑っていました。

ファンタジーの世界は子どもを強くする。

サンタクロースに限らずですが、ファンタジーの世界は、子どもを強くする力があると思っています。

その子が大人になって、社会で壁にぶち当たってしまった時にその力が発揮されます。

これからどうすればいいのか。どう行動すると、この先がどうなっていくのか。

先を想像する力を養ってくれるのがファンタジーの世界です。

そう考えると、サンタクロースを信じさせるのは親として当然の事のようにも思えます。

今、私は2人の子どものサンタクロースになりました。

私が子どもの頃に両親がやってくれたように、いろいろな演出で子ども達にクリスマスをプレゼントしています。

そうするのも、サンタクロースを信じて良かったと思っているからです。

子どもが「サンタクロースなんていない。」と、どこかで聞いてきたとしても、私は、「サンタクロースはいるよ」といい続けたいと思っています。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

本当?ダメ親のほうが子どもを成長させる?

可愛い我が子が生まれ「良い母になろう!」と努力をしてきました。 子どもにとって良い母でありたい。 その思いから子ども達のために日々愛情を注いできました。 私が思う「良い母」像とは 片付け上手 料理上手 …

「愛されるハッピーな子供」に育てる3つのコツ

ママなら誰もが、子供が幸せな人生を歩んで欲しいと思うもの。 どうすれば、心が穏やかで優しく、みんなに愛されるいつもハッピーな子供に育つのでしょうか? 多くのママが頭を悩ませる今問題。 実は、子供への接 …

子ども偏食発達障害

発達障害がある子どもは偏食?その実態と向き合い方のヒント

「うちの子は食べられるものが少なくて困っている」「好き嫌いばかりをしていて、なかなか食事が進まない」といった悩みを抱えているパパ・ママも多いでしょう。その中には、ただの気まぐれや好き嫌いといった範疇に …

賞味期限を守らないと危険な食べ物

賞味期限を守らないと危険な食べ物

買ったはいいけど冷蔵庫に入れっぱなしだった食材。 賞味期限をみてみたら3日過ぎている…! そんなときアナタならどうしますか? 「ちょっとぐらいなら大丈夫~♪」 と安易に食べちゃっている方は要注意! 賞 …

【厄年だった人必見!】今さら人に聞けない「厄払いに行く日・服装・料金」は?

【2021年厄年だった人必見!】今さら人に聞けない「厄払いへ行く日・服装・料金」は?

初詣などで神社に行くと、つい境内に掲示されている「厄年の一覧表」を見てしまう方も多いでしょう。身の回りでもとくに年の初めには「今年は厄年だから、厄払いに行かないと……」といった会話を耳にします。 厄年 …