【子どものおもちゃ】適量は●●に例えてみよう!

投稿日:2021-02-20 更新日:

子どもの成長と共に増えておく「おもちゃ」。

我が家では思い出の詰まった数々のおもちゃ捨てられずに溜まる一方です。

ママからの相談の中にも「おもちゃ捨てられない問題」が結構あります。

そんな時、私は「成長にあったおもちゃに限定しよう」と話しています。

成長にあった「おもちゃ」とは?

成長にあった「おもちゃ」とはどのように決めればよいのでしょうか?

そこで、私は「食事に例えて考えてみよう!」と言っています。

授乳期にピッタリな「おもちゃ」

授乳期は母乳かミルクのような優しいおもちゃがベストです。

例えば、やさしい音色のガラガラ。ぬいぐるみ。

でも、わざわざ購入しなくてOK。

ママやパパの手・顔・声が、子ども達のおもちゃになるのですから。

離乳期にピッタリな「おもちゃ」

離乳期は、手や足を使うおもちゃにしましょう。

例えば、想像力が広がるベビーブック。
運動を促す「たたけるおもちゃ」。

これらを少しずつ増やします。

手をバランスよく動かせるようになるための自然な育ちを促します。

幼児期にピッタリな「おもちゃ」

幼児期は、刺激が少ない幼児食のようなおもちゃが好ましいです。

例えば、積み木やブロックといった創造性が発揮できるもの。

ままごとなどのコミュニケーションが図れるおもちゃを少しずつ増やします。

月齢や年齢より早いおもちゃを用意すれば賢くなると思いがちですが、時期尚早のおもちゃは消化不良の原因になるので控えた方が良いのではないかと、私は思います。

キャラクターものばかり増える…

我が家で困ったのは、戦隊ヒーローやプリンセスのおもちゃ。

子どもが興奮して喜ぶ姿を見てしまうと、大人も嬉しくなり、増えてしまいます。

しかし、子どもは次第に遊ばなくなり、また新しいキャラクターおもちゃを欲しがります。

おもちゃを多く用意しすぎると遊びの消化不良を起こし、足りなければ遊びの栄養失調になります。

大切なのは、大人が「こんな子どもに成長して欲しい」と考えながら大人目線で良いと思うおもちゃを選ぶことなのかもしれません。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<4~6歳編>

・<0歳~1歳編> ・<2~3歳編> と書いてきましたが、今回は「4歳~6歳編」です。 どの年齢の子ども達にも言えるのですが、自分の気持ちをうまく伝えられるようになるには、大人の力が必要です。 4歳か …

妊娠中病気

9割の先輩ママが経験!? 妊娠中の病気やトラブル体験記まとめ

妊娠が発覚すると、妊娠・出産に影響がある病気や持病を持っている可能性があるかもしれないので、妊婦検診でたくさんの検査をやりますよね。 また妊娠中は病気やウィルスに対する免疫力が低下し、普段かからないよ …

夫婦喧嘩言ってはいけない

たとえ夫婦でもNG!関係悪化する絶対に言ってはいけない言葉4選

夫婦生活を続けていると、喧嘩をすることもあるでしょう。 喧嘩をしているときに感情的になって、普段なら言わない言葉を言ってしまうこともあります。 しかし、その中には今後、尾を引きずるような「絶対に言って …

季節の変わり目体調不良

体調不良が一番起こりやすい季節は○月って知ってた!?

3月が近づくと長かった寒い日々が終わり、日差しがポカポカと暖かく、新学期、引越し、新しい門出など心躍る春の季節が到来ですね。 色々な新しいイベントが控えて心もなんだかドキドキそわそわし出しますが、心身 …

夫婦共感力カサンドラ症候群

共感力がない夫に脱力! 妻が陥るカサンドラ症候群とは?

「どうしてわかってくれないの?」と、夫に叫びたくなった経験はありませんか? 例えば「今日は大変だったの!」と夫に愚痴ろうとしただけなのに、「俺も疲れているよ」などといって、会話を止めてしまう夫。 いや …