【子どものおもちゃ】適量は●●に例えてみよう!

投稿日:2021-02-20 更新日:

子どもの成長と共に増えておく「おもちゃ」。

我が家では思い出の詰まった数々のおもちゃ捨てられずに溜まる一方です。

ママからの相談の中にも「おもちゃ捨てられない問題」が結構あります。

そんな時、私は「成長にあったおもちゃに限定しよう」と話しています。

成長にあった「おもちゃ」とは?

成長にあった「おもちゃ」とはどのように決めればよいのでしょうか?

そこで、私は「食事に例えて考えてみよう!」と言っています。

授乳期にピッタリな「おもちゃ」

授乳期は母乳かミルクのような優しいおもちゃがベストです。

例えば、やさしい音色のガラガラ。ぬいぐるみ。

でも、わざわざ購入しなくてOK。

ママやパパの手・顔・声が、子ども達のおもちゃになるのですから。

離乳期にピッタリな「おもちゃ」

離乳期は、手や足を使うおもちゃにしましょう。

例えば、想像力が広がるベビーブック。
運動を促す「たたけるおもちゃ」。

これらを少しずつ増やします。

手をバランスよく動かせるようになるための自然な育ちを促します。

幼児期にピッタリな「おもちゃ」

幼児期は、刺激が少ない幼児食のようなおもちゃが好ましいです。

例えば、積み木やブロックといった創造性が発揮できるもの。

ままごとなどのコミュニケーションが図れるおもちゃを少しずつ増やします。

月齢や年齢より早いおもちゃを用意すれば賢くなると思いがちですが、時期尚早のおもちゃは消化不良の原因になるので控えた方が良いのではないかと、私は思います。

キャラクターものばかり増える…

我が家で困ったのは、戦隊ヒーローやプリンセスのおもちゃ。

子どもが興奮して喜ぶ姿を見てしまうと、大人も嬉しくなり、増えてしまいます。

しかし、子どもは次第に遊ばなくなり、また新しいキャラクターおもちゃを欲しがります。

おもちゃを多く用意しすぎると遊びの消化不良を起こし、足りなければ遊びの栄養失調になります。

大切なのは、大人が「こんな子どもに成長して欲しい」と考えながら大人目線で良いと思うおもちゃを選ぶことなのかもしれません。


まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

親で決まる!自分の気持ちが伝えられる子ども<2~3歳編>

前回0~1歳編として書きましたが、今回は2~3歳です。 この時期の子どもたちは、おしゃべりも出来るようになってきますが、まだまだ、言葉で伝える事がうまく出来ません。 思わず、お友だちのおもちゃを横取り …

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

子どもにお手伝いでなく仕事として◎◎を任せたら、驚きの相乗効果が!

お手伝いは、親子が触れ合いながら生活スキルが身につき、自信もつく等、たくさんメリットがありますよね。 母学アカデミー学長・河村京子さんの著書には、「お手伝いには、段取り力や自分の能力の使い方についてな …

子どもを「赤ちゃん返り」から救う魔法の言葉とは?

2人目の妊娠~出産で心配すること。それは1人目の「赤ちゃん返り」。 「もしかしたら凄いワガママになってしまうのではないか」と不安になる方も多いと思います。 でも、大丈夫です。 赤ちゃん返りは親からの言 …

ママ友生活レベルの違い

生活レベルの違い?ママ友が出来ず悩んでいます。

ママ友……。子育て中の女性にとって「悩みの種」の1つになりやすいテーマですよね。いくら知り合ったママ友でも相性が悪かったら長続きしないもの。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から …

親もハマる!想像力が刺激される「落ち葉アート」

私たちの周りには、子どもの想像力を刺激するおもちゃがたくさんあります。 最近のおもちゃも多様な工夫がされていて素晴らしいですよね。 ですが、無料で、しかも想像次第でいろんな遊びが出来るものを見つけまし …