2歳になっても抱っこ紐が中心の子の生活はこうなっている

投稿日:2021-04-04 更新日:

最近、いろいろ使いやすい抱っこ紐が増えてきましたよね。

子育て中のママの生活に欠かせないものとなってきています。

私も、子どもが小さい頃は抱っこ紐が大活躍!

ベビーカーは嫌がっても、抱っこ紐は嫌がらなかったし、何より、荷物も軽量で済む。(肩こりなどはありましたが…)

ついつい抱っこ紐を使ってしまいますよね。

これは、その抱っこ紐を中心に生活をしているAちゃん(2歳)のお話です。

(写真はイメージです。※実際の人物とは異なります。)

抱っこ紐が中心の毎日

Aちゃんのママは自営業でした。Aちゃんが小さな頃から抱っこ紐で一緒にお店に立っていたようです。

お客さんとの会話もAちゃんのおかげで盛り上がり、いつしかAちゃんはお店の人気者となりました。

しかし、自分で歩ける年齢になっても、Aちゃんはお店の中では抱っこ紐でした。

Aちゃんは大人しく、抱っこ紐から降りたいという事もなく、ママはとっても仕事がしやすかったようです。

あまりにも抱っこ紐が楽で、家の中でも、ママが仕事以外の時でもAちゃんは抱っこ紐で過ごす事が増えていきました。

2歳6か月となった現在、Aちゃんは、まだ抱っこ紐で過ごす時間が多いそうです。

気になるのはAちゃんの様子です。

2歳6カ月といえば、しっかり自分で歩く事が出来、走る事も出来、ジャンプなど簡単な運動が出来るようになってきます。

しかし、Aちゃんの歩く姿は、1歳半くらいの子どものようなヨチヨチした弱々しい歩きです。

しかも、長時間歩く事を嫌い、スグに立ち止まったり、座ったり、ママを求めたりします。

一番の驚きは、ママが抱っこ紐から降ろそうとすると、足を丸めて、地に足を付けようとしないのです。この姿は、立つ、歩くという事を嫌がってるように思えてなりませんでした。

そして、もうひとつ気になったのは、Aちゃんは笑顔が少ないという事。「楽しい」という感覚を、あまり体験していないのかもしれません。

「子どもに関心を持つ」事の大切さ

抱っこ紐は本当に便利です。私も子どもが小さい頃は、抱っこ紐で打ち合わせに行くこともありました。

ですが、Aちゃんの場合は、それが2歳6カ月になっても、生活の一部のように継続され、歩行力が弱くなり、同年齢の子に比べると体力がない様に感じました。

Aちゃんのママはひとりで経営されているので、お客さんと対話している間にAちゃんに何かあったら大変ですし、抱っこ紐が便利だという気持ちもわかります。

以前、「親のエゴでベビーカー中心の生活をした子どもが5歳になるとこうなった」の記事にも書きましたが、ママにAちゃんの未来の姿を想像する力があったら、また違っていたかもしれません。

仕事をするのは楽しいです。やりがいもあります!

でも、そのしわ寄せが子どもにいってしまうのは幸せな事ではないように思えます。

人それぞれに価値観はあります。

以前の記事と同じ事を繰り返しますが、子育てには正解はないです。

10人いれば10通りの子育ての仕方があります。

これは私の意見ですが、「子どもに関心を持つ」という事は、誰にでも出来る子育てなのかもしれないですね。

執筆/まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。

-ライフスタイル
-, ,

この記事を書いたライター
まゆみ
二児のママ。子育て応援ZEROSAI代表。
長男の出産をきっかけに、子育て支援スタート。
女性、主婦の立場への風当たりの強さを感じながら「価値のある主婦」でありたい!と奮起。
現在は、主婦である強みを生かし、自治体や企業等とコラボ。キャリア講演、子育て講演、子育てコラムなど東京プチ田舎生活中。

関連記事

夫婦生活マンネリ化で仮面夫婦に……仲良し夫婦の秘訣とは?

「好き」「いつも一緒にいたい」 そんな気持ちがあったらか結婚したはずなのに、今の夫婦生活は……。 今回はママニティの人気コーナー「おしえて!ママニティ」から、マンネリ化した夫婦生活に関するお悩み&先輩 …

人間力を育てる! 子供の成長に必要な父親の子育てとは?

積極的に子育てを楽しみ、自らも成長する男性を指す「イクメン」という言葉は、すっかり浸透しました。厚労省は、男性の育児休暇取得率を2017年度には10%、2020年度には13%に引き上げることを目標とし …

健康運気を上げる・下げる年末年始の過ごし方<良い2022年一年間にする方法>

健康運気を上げる・下げる年末年始の過ごし方<良い2022年一年間にする方法>

年末年始の過ごし方、もう決めていますか? 「ひたすら寝たい」 「帰省したい」 「せっかくの休みだから遊びたい!」 などなど、様々な希望があると思います。 でもよかったら、その中の候補のひとつに「健康運 …

夫婦マンネリの時期はいつから

愚痴を言うなら、〇〇をつけると愚痴を言う方も聞く方もスッキリできる!

コロナ禍により生活様式がずいぶん変わった昨今。 先の見えない不安、在宅ワークの夫への不満などがどんどん膨らんで、誰かに愚痴をこぼさずにはいられない人、多いと思います。 それなのに、ママ友や友人と、ちょ …

旦那が家にいるのがストレス! 意外と多い「夫源病」と向き合うには?

2020年はコロナウィルス感染拡大防止のため、企業ではテレワーク(在宅勤務)の導入が一気に進みました。 そのため、自宅で作業をする夫も増えているでしょう。 それと比例するかのように、インターネットを中 …