【第5話】自分や子どもの長所と短所。子どもを褒めて育てるって難しい…

投稿日:2020-05-13 更新日:

こんにちは!小学生の女の子と男の子を育てる、看護師のminamamaです。

新型コロナウイルスが世界的に広がりオンライン授業やリモートワークが主流になりつつある世の中ですね。

学校も職場も人とのコミュニケーションが今までのようにとれない現状ですが、本来なら今の時期は黄色い帽子の一年生や慣れないスーツ姿の若者をよく見かけるる時期です。

そして、私の苦手な自己紹介が繰り広げられるのもこの季節なのです。
自分や子どもの長所と短所。子どもを褒めて育てるって難し
自己紹介でよく言われる長所と短所そんなのはっきり言って自分では良くわかりません。

分かっていたら今までこんなに失敗してこなかった…とつくずく思います。

長所と短所は表裏一体。自分の長所には気が付きにくい

そもそも長所も短所もあってないようなものだと思います。

自分では気がつかなかったけど、「あなたのここが良い!」と誰かに言われて初めて気がついたり、コンプレックスだったことが実は長所だったりする事もあります。

誰かに背中を押してもらって初めて、「私の良い所ってここだよね」って胸を張って言えるようになる。

逆に誰かにダメだしされてやっぱりダメな人間だってレッテル貼られると、自分の心にピッタリと貼り付いて剥がれないシールみたいに短所だらけになってしまいますよね。
自分や子どもの長所と短所。子どもを褒めて育てるって難し

子どもを”褒めて育てる”ことの難しさ

最近は子どもも夫も褒めて育てる、なんて言われています。

そもそもあまり褒められた事がない私は、人を褒めることが苦手です。

自分も褒められたい、と思うけれど子供や旦那をどうやって褒めたらいいか分からない。

現に息子は、ちょっと褒めるとすぐに有頂天になるし、ダメ出しすると劣等感だらけのイジケ虫になるのでそのサジ加減はとても難しいです。(特に自宅学習中の今は苦労しています。笑)
自分や子どもの長所と短所。子どもを褒めて育てるって難し
褒められてそれが自信になって「自分はこれでいいんだ」って肯定感を積み重ねていく。

それが大事だって頭ではわかっています。

でも実際は、子どもや旦那の発言にイラついたり、「なんでこんな事もできないの!?」という事の方が目立ってしまい、褒めることって、なかなかできない。

そんな自分が嫌になることもあります。

でも、家族それぞれ、でこぼこだから支えあったり、認めあったり、憧れたりするのかも知れません。良いところも悪いところも全部まとめて個性なんですよね。

息子の集中力がないのも言い換えれば好奇心旺盛という事でそれも長所なのか…!

前向き捉えてこの緊急事態も楽しく乗り越えたいと願う日々です。
自分や子どもの長所と短所。子どもを褒めて育てるって難し
そんな広い心を常に持ち続けてられるか…そんな自信はないですが、今日も頑張った自分や家族を目一杯褒めてあげたいと思います。

-ライフスタイル, 仕事
-, , , , ,

この記事を書いたライター
minamama
都内で働く看護師ママ。
影の薄い夫とやんちゃな小学生2人の4人家族。
家事と育児の合間に絵を描くのが唯一の楽しみ。夢は世界に羽ばたく絵本作家。座右の銘は「何とかなるさ」。

関連記事

風邪のひき始め喉鼻熱

【薬剤師監修】風邪の喉からくる人、鼻からくる人、熱からくる人この違いとおすすめの市販薬

季節の変わり目になると風邪をひきやすくなりますよね。 風邪をひかないように、今のうちからしっかり予防しておきましょう。 風邪のひき始めは人によって、喉からだったり、鼻からだったり、熱からだったりと人に …

【子育て】子供を叩かない3つの極意とは?

しつけのため? 言うことを聞かないから? 頭をポンと軽く叩くものから、お尻をピシャっと叩くものまで、子供を叩くことが子育ての一部になっているというママが少なくありません。 一方で、育児支援の世界的なモ …

忙しいママでもOK!話題の「3分間育児」って何?

「仕事と家事に時間を取られて子どもに関わる時間が少ない。」 「子どもに寂しい思いをさせてしまっている。」 子育てしながら働くママであれば、誰もが一度は思うことではないでしょうか。 家族が一番。 子ども …

ADHD話が聞けない

マンガで読む!大人の発達障害ADHDうっかり女子 第5話:話が聞けナイ!

私、話が聞けない女なんです。 子どもの頃、授業中はだいたい教科書やノートに落書きをしていました。 先生の話を聞けない子どもだったんですね。 いえ、まったく聞いてないわけじゃないんです。 興味のあるとこ …

おすすめ育児漫画子育て  

くすっと笑えて時にほっこり♪おすすめ育児漫画たち

最近では育児のリアルな声をSNSに投稿したり、四コマ漫画やイラストにしてブログに投稿する人が増えてきていますよね。 もはやマンガの1ジャンルとなった「育児漫画」。 私は漫画家さんの描く、結婚・育児漫画 …